Citrix Application Delivery Management

イベントルールの作成

2018年5月24日

特定のイベントを監視するように規則を構成できます。ルールを使用すると、Citrix Application Delivery Controller(ADC)インフラストラクチャ全体で生成された多数のイベントを容易に監視できます。

特定の条件で規則を構成し、規則にアクションを割り当てることで、一連のイベントにフィルターを適用できます。生成されたイベントが規則のフィルター条件を満たす場合、規則に割り当てられたアクションが実行されます。フィルタを作成できる条件は、重大度、Citrix ADC インスタンス、カテゴリ、障害オブジェクト、構成コマンド、メッセージです。

次のアクションをイベントに割り当てられます。

  • 電子メール送信アクション:フィルタ条件に一致するイベントについて電子メールを送信します。

  • トラップ送信アクション:外部トラップ宛先に SNMP トラップを送信または転送します。

  • SMS 送信アクション: フィルター条件に一致するイベントごとに、ショートメッセージサービス (SMS) メッセージを送信します。

  • Run Command Action: 受信イベントが設定されたルールを満たしたときにコマンドを実行します。

  • ジョブの実行アクション: 指定したフィルタ条件に一致するイベントに対してジョブを実行します。

  • 抑制処理: 特定の期間のイベントのドロップを抑制します。

イベントが解決されるまで指定した間隔で通知が再送信されるように設定することもできます。また、件名、ユーザーメッセージ、添付ファイルを指定してメールをカスタマイズすることも可能です。

ローカライズされた画像

たとえば、管理者は、特定のCitrix ADC インスタンスの「高いCPU使用率」イベントを監視して、Citrix ADCインスタンスの停止につながる可能性があるとします。インスタンスをモニターする規則を作成して、「高CPU使用率」カテゴリのイベントが発生した場合にメール通知を送信するアクションを指定できます。イベントが生成されるたびに通知が行われないように、午前11時から午後11時までなどの特定の時間にこの規則を実行するようスケジュール設定します。

イベント規則の構成では以下の作業を行います。

  1. 規則を定義する

  2. 規則の検出対象イベントの重要度を選択する

  3. イベントのカテゴリを指定する

  4. ルールを適用するCitrix ADC インスタンスの指定

  5. エラーオブジェクトを指定する

  6. 追加のフィルターを指定する

  7. 規則でイベントが検出された場合に実行するアクションを指定する

ステップ 1-イベントルールを定義する

[ ネットワーク ] > [ イベント ] > [ ルール] に移動し、[ 追加] をクリックします。ルールを有効にする場合は、[ ルールを有効にする ] チェックボックスをオンにします。

イベント経過時間 ]オプションを設定して、Citrix Application Delivery Management(ADM)がイベントルールを更新するまでの間隔(秒単位)を指定できます。

注:

イベント経過時間の最小値は 60 秒です。[ Event Age ] フィールドを空白のままにすると、イベントが発生した直後にイベントルールが適用されます。

上記の例に基づいて、Citrix ADCインスタンスで60秒以上の「高いCPU使用率」イベントが発生するたびに、メールで通知を受け取ることができます。イベントの経過時間を60秒に設定できます。これにより、Citrix ADCインスタンスで60秒以上の「高いCPU使用率」イベントが発生するたびに、イベントの詳細が記載された電子メール通知が送信されます。

ローカライズされた画像

デバイスファミリ別にイベントルールをフィルタリングして 、Citrix ADMがイベントを受信するCitrix ADCインスタンスを追跡することもできます。

ステップ2-イベントの重要度を選択する

デフォルトの重要度設定を使用したイベント規則を作成できます。重要度により、イベント規則に追加するイベントの現在の重要度を指定します。

重要度レベルは、Critical、Major、Minor、Warning、Clear、Informationで定義できます。

ローカライズされた画像

汎用イベントとエンタープライズ固有のイベント双方に対して、重要度を構成できます。Citrix ADMで管理されているCitrix ADC インスタンスのイベントの重要度を変更するには、[ ネットワーク ]>[ イベント ]>[ イベント設定]に移動します。イベントの重大度を設定する カテゴリ を選択し、[Configure Sever ity] をクリックします。新しい重大度レベルを割り当てて、[ OK] をクリックします。

手順3 - イベントカテゴリを指定する

Citrix ADC インスタンスによって生成されるイベントのカテゴリを指定できます。すべてのカテゴリは、Citrix ADC インスタンスに作成されます。これらのカテゴリは、イベントルールの定義に使用できるCitrix ADM でマッピングされます。考慮するカテゴリを選択し、「 使用可能 」(Available) テーブルから「構成済み」( 構成済み ) テーブルに移動します。

先ほどの例では、表示されるテーブルで[cpuUsageHigh]をイベントカテゴリとして選択します。

ローカライズされた画像

ステップ4-Citrix ADC インスタンスの指定

イベントルールを定義するCitrix ADC インスタンスのIPアドレスを選択します。[ インスタンス ] セクションで、[ インスタンスを選択] をクリックします。[ Select Instances] ページで、インスタンスを選択し、[ Select] をクリックします。

ローカライズされた画像

ステップ5-障害オブジェクトの選択

エラーオブジェクトを表示されるボックスの一覧から選択するか、イベントが生成されるエラーオブジェクトを追加することができます。エラーオブジェクトは、イベント生成の対象となるエンティティのインスタンスまたはカウンターです。

エラーオブジェクトはイベントの処理方法に影響を与え、通知されたとおりの問題がエラーオブジェクトに反映されるようにします。このオブジェクトを使用すると、単にイベントをありのままレポートするのではなく、問題を素早く突き止めてエラーの原因を特定することができます。たとえば、ユーザーのログインに問題が生じた場合、エラーオブジェクトはユーザー名またはパスワード(「nsroot」など)になります。

このリストには、すべてのしきい値関連のイベントではカウンター名、すべてのエンティティ関連のイベントではエンティティ名、証明書関連のイベントでは証明書名などが含まれます。

ローカライズされた画像

ステップ 6-追加のフィルタを指定する

イベント規則は以下の基準によりフィルタリングできます。

  • コンフィギュレーションコマンド :完全なコンフィギュレーションコマンドを指定するか、または説明パターンをアスタリスク(*)内に指定して、イベントをフィルタリングできます。コマンドに加えて、コマンドの認証状態や実行状態によりイベントをさらに絞り込むこともできます。たとえば、NetScalerConfigChangeイベントの場合は、「*バインドシステムグローバルポリシー名*」と入力します。

    ローカライズされた画像

  • メッセージ-メッセージの完全な説明を指定することも 、説明パターンをアスタリスク(*)内に指定してイベントをフィルタリングすることもできます。
    たとえば、NetscalerConfigChangeイベントの場合は、「*ns_クライアント_ipaddress: 10.102.126.250*」と入力します。

    ローカライズされた画像

ステップ 7-イベントルールアクションを追加する

イベント規則アクションを追加して、イベントに対する通知アクションを割り当てることができます。指定した通知は、上の手順で設定したフィルター条件イベントをイベントが満たした場合に送信または実行されます。追加できるイベントアクションは以下のとおりです。

  • Send e-mail Action

  • Send Trap Action

  • Send SMS Action

  • Run Command Action

  • Execute Job Action

  • Suppress Action

メールイベント規則アクションを設定するには:

[Send e-mail Action]イベントアクションタイプを選択した場合、定義したフィルター条件をイベントが満たしたときにメールが送信されます。メールサーバーまたはメールプロファイルの詳細を指定してメール配信リストを作成するか、過去に作成したメール配信リストを選択できます。

カスタマイズした件名とユーザーメッセージを追加し、構成した規則に受信イベントが適合したときに添付ファイルをメールにアップロードすることもできます。

このオプションを使用すると、[ イベントがクリアされるまで電子メール通知を繰り返す] チェックボックスをオンにして、選択した条件を満たすイベントルールに対して E メール通知を繰り返し送信することで、重要なイベントがすべて処理され 、重要な電子メール通知が失われないようにすることもできます。たとえば、ディスクエラーを伴うインスタンスに対するイベント規則を作成し、問題が解決するまで通知するようにする場合、それらのイベントに関して連続メール送信を指定できます。

ローカライズされた画像

トラップイベント規則アクションを設定するには:

[ Send Trap Action ] イベントアクションタイプを選択すると、SNMP トラップは外部トラップ宛先に送信または転送されます。トラップ配信リスト(またはトラップ送信先とトラッププロファイルの詳細)を定義した場合、定義したフィルター条件をイベントが満たしたときに特定のトラップリスナーにトラップメッセージが送信されます。

SMSイベント規則アクションを設定するには:

[ SMS アクションの送信 ] イベントアクションの種類を選択すると、 フィルタ条件に一致する各イベントのショートメッセージサービス (SMS) メッセージが送信されます。SMSサーバーまたはSMSプロファイルの詳細を指定してSMS配信リストを作成するか、過去に作成したSMS配信リストを選択できます。

Run Command Actionを設定するには:

コマンドアクションの実行 ]イベントアクションを選択すると、特定のフィルター条件に一致するイベントに対してCitrix ADM で実行できるコマンドまたはスクリプトを作成できます。たとえば、管理対象ライセンスの構成変更が行われたときに重要度が「Critical」のイベントが発生した場合、コマンドスクリプトを実行できます。

また、[ コマンドアクションの実行 ] スクリプトに次のパラメータを設定することもできます。

   
パラメーター 説明
$source このパラメーターは、受信したイベントのソースIPアドレスに相当します。
$category このパラメーターは、フィルターのカテゴリで定義したトラップのタイプに相当します。
$entity このパラメーターは、イベント生成の対象となるエンティティのインスタンスまたはカウンターに相当します。このパラメーターには、しきい値関連のイベントではカウンター名、エンティティ関連のイベントではエンティティ名、すべての証明書関連のイベントでは証明書名が含まれます。
$severity このパラメーターは、イベントの重要度に相当します。
$failureobj エラーオブジェクトはイベントの処理方法に影響を与え、通知されたとおりの問題がエラーオブジェクトに反映されるようにします。このオブジェクトを使用すると、単にイベントをありのままレポートするのではなく、問題を素早く突き止めてエラーの原因を特定することができます。

コマンドの実行の際には、これらのパラメーターは実際の値に置き換えられます。

Citrix ADMで「コマンドアクションの実行」イベントアクションを構成するには:

  1. [ イベントルールのアクション] で、[ アクションの追加 ] をクリックし、[ **アクションの種類] ドロップダウンから [コマンドアクションの実行** ] を選択します。

  2. [ コマンド同報リストの作成 ] ページで、プロファイル名と実行するコマンドを指定します。指定したコマンドは、定義したフィルター条件をイベントが満たしたときに実行されます。

    ローカライズされた画像

    コマンドスクリプトの実行時に生成された 出力エラー(存在する場合)をCitrix ADM サーバーのログファイルに保存する場合は、[Append Output]オプションと[Append Errors]オプションを有効にできます。これらのオプションを有効にしない場合、Citrix ADMはコマンドスクリプトの実行中に生成されたすべての出力とエラーを破棄します。

[Execute Job Action]を設定するには:

構成ジョブを使用してプロファイルを作成すると、指定したフィルター条件に一致するイベントやアラームについて、Citrix ADC、Citrix SDX、および Citrix SD-WAN WO インスタンス用の組み込みジョブ、またはカスタムジョブとしてジョブが実行されます。

  1. [ イベントルールアクション] で、[ アクションの追加 ] をクリックし、[ **アクションの種類] メニューから [ジョブアクションの実行** ] を選択します。

  2. 定義したフィルター条件をイベントが満たした場合に実行するジョブを指定して、プロファイルを作成します。

  3. ジョブの作成では、プロファイル名、インスタンスタイプ、構成テンプレート、ジョブのコマンドが失敗した場合に実行するアクションを指定します。

  4. 選択したインスタンスタイプと選択した設定テンプレートに基づいて、変数の値を指定し、[ Finish ] をクリックしてジョブを作成します。

    ローカライズされた画像

[Suppress Action]を設定するには:

[ Suppress Action] イベントアクション を選択すると、イベントを抑制またはドロップする期間を分単位で設定できます。最短で1分間イベントを非表示にできます。

ローカライズされた画像

これで、適切なフィルターが設定され、適切なイベント規則アクションが定義されたイベント規則が作成されました。