Citrix Application Delivery Management

syslog メッセージのエクスポート

サーバー上で受信されたすべてのsyslogメッセージのエクスポートをスケジュールすることで、Citrix Application Delivery Management(ADM)にログインせずにsyslogメッセージを表示できるようになりました。Citrix Application Delivery Controller(ADC)インスタンスで生成されたsyslogメッセージは、PDF、CSV、PNG、およびJPEG形式でエクスポートできます。また、指定した電子メールアドレスにさまざまな間隔でこれらのレポートをエクスポートするようにスケジュールすることもできます。

Syslog サーバーの構成、Syslog データと時刻の形式、Citrix ADM での Syslog メッセージの表示方法について詳しくは、監査情報の表示を参照してください。

syslog メッセージを表示するには、[ネットワーク] > [イベント] > [syslog メッセージ] に移動します。右ペインの [Syslog Viewer] で、表示する syslog メッセージをモジュール、イベントタイプ、重大度、送信元 IP アドレス別にフィルタリングできます。[Apply] をクリックして、syslog メッセージを生成します。

Citrix ADM を使用してsyslogメッセージレポートをエクスポートするには:

  1. [ネットワーク] > [ イベント ] > [ Syslog メッセージ] に移動します。

  2. [Syslog Messages]ページの右側のペインで、右上隅にある[Export]をクリックします。

  3. [ 今すぐエクスポート ] タブで、必要な形式を選択し、[ エクスポート] をクリックします。

    ローカライズされた画像

Citrix ADM を使用してsyslogメッセージレポートのエクスポートをスケジュールするには:

  1. [ ネットワーク ] > [ イベント ] > [ Syslog メッセージ] に移動します。

  2. [ Syslog メッセージ ] ページの右ペインで、[ エクスポート] をクリックします。

  3. [ レポートのスケジュール ] タブで、次のパラメータを設定します。

    • 説明:レポートをエクスポートする理由を説明するメッセージ。

    • [形式]: レポートをエクスポートする形式。

    • 繰り返し: レポートをエクスポートする間隔。

    • エクスポート時間:レポートをエクスポートする時間。現地時間帯の時間を24時間形式で入力します。

    • 電子メール配布リスト: 電子メールでレポートを受信する受信者のリスト。表示されるボックスの一覧からメール配布リストを選択します。電子メールは、レポートが生成されスケジュールの時間基準が満たされると送信されます。新しい電子メール配布リストを作成する場合は、[ + ] をクリックし、メールサーバーとメールプロファイルの詳細を指定します。

    ローカライズされた画像

Citrix ADM を使用してイベントプルーニング設定を構成する方法

Citrix ADMサーバーのデータベースに保存されるイベントメッセージデータの量を制限するには、Citrix ADMでネットワークレポートデータ、イベント、監査ログ、タスクログを保持する間隔を指定します。デフォルトでは、これらのデータは24時間ごとに(00:00の時刻に)削除されます。

[システム] > [システム管理] に移動します。[インスタンス設定] で、[イベント] [設定の削除] をクリックします。Citrix ADMサーバー上のデータを保持する時間間隔を日単位で入力し、[ OK]をクリックします。

syslog メッセージのエクスポート