Citrix Application Delivery Management 13.0

HDX Insight のしきい値を作成してアラートを構成する

Citrix Application Delivery Management(ADM)のHDX Insight を使用すると、Citrix ADC インスタンスを通過するHDXトラフィックを監視できます。Citrix ADM では、Insightトラフィックの監視に使用するさまざまなカウンターのしきい値を設定できます。また、Citrix ADM でルールを構成し、アラートを作成することもできます。

HDXトラフィックの種類は、アプリケーション、デスクトップ、ゲートウェイ、ライセンス、ユーザーなどのさまざまなエンティティに関連付けられます。すべてのエンティティには、それらに関連付けられた異なるメトリックを含めることができます。たとえば、アプリケーションエンティティは、多数のヒット、アプリケーションによって消費される帯域幅、およびサーバの応答時間に関連付けられます。ユーザーエンティティは、WAN遅延、DC遅延、ICA RTT、およびユーザーが消費する帯域幅に関連付けることができます。

Citrix ADM HDX Insight のしきい値管理により、事前にルールを作成し、しきい値を超えたときにアラートを構成することができました。今回のリリースでは、このしきい値管理が拡張され、しきい値規則のグループを設定できます。個々のルールではなく、グループを監視できるようになりました。しきい値ルールグループは、ユーザー、アプリケーション、デスクトップなどのエンティティから選択したメトリックに対して、1 つ以上のユーザー定義しきい値ルールで構成されます。各ルールは、ルールの作成時に入力した期待値に対して監視されます。ユーザーエンティティの場合、しきい値グループは、同様にジオロケーションに関連付けることができます。

Citrix ADM でアラートが生成されるのは、構成されたしきい値グループ内のすべてのルールに違反した場合のみです。たとえば、アプリケーションの合計セッション起動回数と、アプリケーションの起動回数を 1 つのしきい値グループとして監視できます。両方のルールに違反した場合にのみ、アラートが生成されます。これにより、エンティティに対してより現実的なしきい値を設定できます。

以下に、いくつかの例を挙げる。

  • しきい値ルール1:ユーザー(エンティティ)のICA RTT(メトリック)は100ミリ秒未満にする必要があります

  • しきい値ルール 2: ユーザー (エンティティ) の WAN レイテンシー (メトリック) は 100 ミリ秒未満である必要があります。

しきい値グループの例は次のようになります。{しきい値ルール1 + しきい値ルール2}

ルールを作成するには、まず監視するエンティティを選択する必要があります。次に、ルールの作成時にメトリックスを選択します。たとえば、アプリケーションエンティティを選択し、[合計セッション起動回数] または [アプリケーションの起動回数] を選択できます。エンティティとメトリックの組み合わせごとに 1 つのルールを作成できます。提供されたコンパレータ(>、<、>=、<=)を使用して、各メトリックのしきい値を入力します。

1 つのグループ内の複数のエンティティを監視しない場合は、エンティティごとに個別のしきい値ルールグループを作成する必要があります。

カウンターの値がしきい値を超えると、Citrix ADM はしきい値違反を示すイベントを生成し、イベントごとにアラートを作成します。

アラートの受信方法を構成する必要があります。アラートをCitrix ADM に表示できるようにしたり、モバイルデバイス上で電子メールまたはSMSとしてアラートを受信したりできます。最後の2つの操作では、Citrix ADM で電子メールサーバーまたはSMSサーバーを構成する必要があります。

閾値グループは、ユーザーエンティティの地理固有の監視のためにジオロケーションにバインドすることもできます。

ユースケースの例

ABC Inc. はグローバル企業で、50カ国以上にオフィスを構えています。同社は、シンガポールとカリフォルニア州にCitrix Virtual Apps and Desktopsをホストする2つのデータセンターを持っています。同社の従業員は、Citrix Gateway およびCitrix GSLBベースのリダイレクトを使用して、世界中のCitrix Virtual Apps and Desktopsにアクセスします。ABC Inc.のCitrix Virtual Apps and Desktops管理者であるエリックは、すべてのオフィスのユーザーエクスペリエンスを追跡し、いつでもどこでもアクセスできるようにアプリとデスクトップ配信を最適化したいと考えています。また、ICAのRTTやレイテンシーなどのユーザーエクスペリエンス指標をチェックし、偏差を積極的に引き上げたいと考えています。

ABC Inc. のユーザーは、分散した存在感を持っています。一部のユーザーはデータセンターの近くに配置され、一部のユーザーはデータセンターから離れた場所に配置されます。ユーザーベースが広く分散されているため、メトリックと対応するしきい値もこれらの場所によって異なります。たとえば、データセンターに近いロケーションのICA RTTは5~10ミリ秒ですが、リモートロケーションのICA RTTは約100ミリ秒です。

HDX Insight のしきい値ルールグループ管理機能を使用すると、地域ごとに地域固有のしきい値ルールグループを設定し、エリアごとの違反について電子メールまたはSMSでアラートを受け取ることができます。また、Eric は、しきい値ルールグループ内で複数のメトリックの追跡を組み合わせて、根本原因をキャパシティの問題に絞り込むこともできます。Ericは、すべてのCitrix Virtual Apps and Desktopsポートフォリオの指標を手動で調べる複雑さを心配することなく、あらゆる偏差をプロアクティブに追跡できるようになりました。

Citrix ADM を使用してしきい値ルールグループを作成し、HDX Insight のアラートを構成するには:

  1. Citrix ADM で、[Analytics ]>[ 設定 ]>[ しきい値]に移動します。[ しきい値 ] ページが表示されたら、[ 追加] をクリックします。

  2. [Create Thresholds and Alerts]ページで次の詳細を指定します。

    1. 名前。Citrix ADM がアラートを生成するイベントを作成するための名前を入力します。

    2. トラフィックタイプ。リスト・ボックスから「HDX」を選択します。

    3. エンティティ。リスト・ボックスから、カテゴリまたはリソース・タイプを選択します。エンティティは、以前に選択したトラフィックタイプごとに異なります。

    4. 参照キー。参照キーは、選択したトラフィックタイプとエンティティに基づいて自動的に生成されます。

    5. 期間。リスト・ボックスから、エンティティを監視する時間間隔を選択します。エンティティは、1 時間、1 日、または 1 週間の期間を監視できます。

      ローカライズされた画像

  3. すべてのエンティティのしきい値ルールグループを作成しています。

    HDXトラフィックの場合は、[ルールの追加]をクリックしてルールを作成する必要があります。表示される [ルールの追加 ] ポップアップウィンドウの値を入力します。

    ローカライズされた画像

    複数のルールを作成して、各エンティティを監視できます。1 つのグループに複数のルールを作成すると、個々のルールではなくしきい値ルールのグループとしてエンティティを監視できます。[ OK ] をクリックしてウィンドウを閉じます。

    ローカライズされた画像

  4. Users エンティティの位置情報タグの構成

    必要に応じて、[ 地理詳細の構成 ] セクションで、ユーザーエンティティの場所ベースのアラートを作成できます。次の図は、米国西海岸のユーザーの WAN レイテンシーのパフォーマンスを監視するジオロケーションベースのタグ付けを作成する例を示しています。

    ローカライズされた画像

  5. しきい値を有効にする ]をクリックして、Citrix ADM でエンティティの監視を開始できるようにします。

  6. オプションで、電子メール通知や SMS 通知などのアクションを構成します。

    ローカライズされた画像

  7. [ Create ] をクリックして、しきい値ルールグループを作成します。

HDX Insight のしきい値を作成してアラートを構成する