Citrix Application Delivery Management 13.0

しきい値およびアラートの作成

しきい値とアラートを設定して、Citrix ADC インスタンスの状態を監視できます。カウンターにしきい値を設定して、インスタンスや管理対象インスタンスのエンティティを監視できます。

カウンターの値がしきい値を超えると、Citrix Application Delivery Management(ADM)はパフォーマンス関連の問題を示すイベントを生成します。カウンターの値がしきい値で指定されているクリア値に一致するとイベントは消去されます。これは、そのしきい値が通常の状態に戻ったことを意味します。

しきい値にアクションを割り当てることもできます。アクションには、アラート、メール、SMS通知の送信があります。しきい値を超えると、Citrix ADM は、アラートを有効にして電子メールやSMS通知を送信するなど、ユーザーが定義したアクションを自動的に実行します。

Citrix ADM を使用してしきい値およびアラートを作成するには

  1. Citrix ADM で、[ Analytics ]>[ 設定 ]>[ しきい値]に移動します。[Thresholds][Add]をクリックします。

  2. [ しきい値の作成 ] ページで、次の詳細を指定します。

    • Name - しきい値の構成の名前

    • [ Tra ffic Type]:しきい値を設定するトラフィックのタイプ。

    • Entity - しきい値構成時のカテゴリまたはリソースの種類

    • Reference Key - トラフィックの種類とエンティティの選択に基づいて自動的に生成される値

    • Duration - しきい値構成時の間隔

    • [ Configure Rule]:しきい値を構成するメトリックのルール。

    • 通知設定 -しきい値を有効にし、しきい値を超えたときに電子メール、Slack、SMSなどのさまざまなチャネルを介して通知を受信します。

  3. [作成] をクリックします。

HDX insightでは、構成されたしきい値にすべてのエンティティが違反した場合にのみアラートが生成される、複数のしきい値を設定することもできます。

しきい値およびアラートの作成