Citrix Application Delivery Management 13.0

Web Insightに関する問題のトラブルシューティング

Citrix ADM Web Insightダッシュボードでは、アプリケーションの使用状況を視覚化し、Citrix ADC インスタンスが提供するすべてのWebアプリケーションを監視できます。Web Insight を使用して、ADC インスタンスは、AppFlow コレクタとして構成された ADM に HTTP および SSL トランザクションデータを送信します。AppFlow は、ネットワークインフラストラクチャ内のアプリケーションデータとトランザクションデータを識別して収集するために使用されるフローエクスポート標準です。

このドキュメントは、Web Insight のデプロイに関する一般的な問題のトラブルシューティングに役立ちます。

Citrix ADM Web Insightダッシュボードレポートに関連する問題

ADM Web Insight ダッシュボード (ADM GUI > Analytics > Web Insight) でレポートが表示されない場合は、次のいずれかの問題が考えられます。

  • Web Insight設定の問題
  • Citrix ADCとCitrix ADMの間の接続に関する問題
  • カウンターの問題
  • ライセンスの問題
  • 観測ポイント ID の問題
  • AppFlow パラメータの不足に関する問題

構成の問題:Citrix ADM Web Insightでレポートが表示されない

この問題のトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。

  1. Citrix ADC インスタンスでAppFlow 機能が有効になっていることを確認します。詳しくは、「AppFlow の有効化」を参照してください。

  2. ADC インスタンスで Web Insightの設定を確認します。

    1. show running | grep -i <appflow_policy> コマンドを実行して、ポリシーの Web Insight 設定を確認します。バインドタイプがであることを確認します REQUEST。たとえば、次のようになります:bind lb vserver afsanity -policy afp -priority 100 -type REQUEST
    2. show appflow action コマンドを実行して、アクションの Web Insight構成を確認します。-webinsight オプションが有効になっていることを確認します。
    3. LB/CS/CR仮想サーバの appflowlog パラメータを適切に確認してください。このパラメータが有効になっていることを確認します。

Citrix ADCとCitrix ADMの間の接続の問題:Citrix ADM Web Insightでレポートが表示されない

この問題のトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。

  1. Citrix ADC でAppFlow コレクタのステータスを確認します。詳しくは、「Citrix ADC とAppFlow コレクタ間の接続状態を確認する方法」を参照してください。
  2. ADCのGUIで、AppFlow ポリシーがヒットしているかどうかを確認します。コマンド show appflow policy <policy_name> を実行して、AppFlow ポリシーのヒットを確認します。GUI で [ システム] > [AppFlow] > [ポリシー] に移動して、AppFlow ポリシーのヒットを確認することもできます。
  3. AppFlow ポート4739または5557をブロックしているファイアウォールを検証します。

カウンターの問題:Citrix ADM Web Insightでレポートが表示されない

この問題のトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。

  1. AppFlow の構成および接続の問題がないことを確認します。詳しくは、Citrix ADCとCitrix ADMの間の構成の問題および接続の問題については、このトピックの解決策のセクションを参照してください。

  2. ADC インスタンスで、シェルプロンプトで nsconmsg -g appflow_tmpl -d current コマンドを実行し、次のカウンタを確認します。

    • appflow_tmpl_v4_l7_clt2ns_complete
    • appflow_tmpl_v4_l7_srvr2ns_complete
    • appflow_tmpl_v46_ulfd_client_eot
    • appflow_tmpl_v46_ulfd_server_eot

    カウンタが欠落している場合は、ADC インスタンスをトレースします。次に、トランザクションが完了し、応答がオリジンサーバーから提供されていることを確認します。トランザクションが適切で、いくつかのカウンタが見つからない場合は、バグを提出してください。

ライセンスの問題:Citrix ADM Web Insightにレポートが表示されない

この問題では、Web Insight レポートを表示する特定の仮想サーバーのライセンスが、[ システム] > [ライセンスとAnalytics] > [ライセンスの設定] に「いいえ」と表示されます。

webinsight-troubleshoot-1

この問題のトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。

  1. ADC インスタンスで、AppFlow ポリシーのヒットが増加し、インスタンスが AppFlow レコードを ADM に送信していることを確認します。
  2. 対応する仮想サーバーがライセンスされているかどうかを確認します。仮想サーバーがライセンスされていない場合、ADM は AppFlow レコードをドロップします。その結果、Web Insightレポートは表示されません。

観測ポイントIDの問題:Citrix ADM Web Insightでレポートが表示されない

この問題は、観測ポイント ID が一意ではないために表示されます。

注: 観測ポイントIDは、AppFlow レコードのエクスポート元となるCitrix ADC 識別子です。デフォルトでは、Citrix ADC IPは観測ポイントIDです。

この問題のトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。

  1. ADC インスタンスで、AppFlow ポリシーのヒットが増加し、インスタンスが ADM へのAppFlow レコードを終了していることを確認します。
  2. 対応する仮想サーバーのライセンスがあるかどうかを確認します。
  3. 設定が 1 つの ADC インスタンスから別のインスタンスにコピーされないようにします。設定がコピーされると、エクスポータ ID の問題が発生し、ADM が AppFlow レコードを削除する可能性があります。
  4. ADC インスタンスにログインし、 unset appflow param -observationpointId コマンドを実行します。

AppFlow パラメータが見つからない問題:Citrix ADM Web Insightでレポートが表示されない

この問題は、ADM がデータ不足が原因で AppFlow レコードを破棄するために表示されます。

この問題のトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。

  1. ADC インスタンスで、AppFlow ポリシーのヒットが増加し、インスタンスが ADM へのAppFlow レコードを終了していることを確認します。
  2. 対応する仮想サーバーのライセンスがあるかどうかを確認します。
  3. 設定が 1 つの ADC インスタンスから別のインスタンスにコピーされないようにします。設定がコピーされると、エクスポータ ID の問題が発生し、ADM が AppFlow レコードを削除する可能性があります。
  4. ADC インスタンスで次の AppFlow パラメータが有効になっていることを確認します。
    1. HTTP method logging
    2. HTTP domain name logging
    3. HTTP URL logging
    4. HTTP host logging
    5. HTTP Content-Type header logging

Citrix ADM Web Insightに関するその他の問題

  • 問題: HTTP クライアントで、AppFlow が有効になっていると、ページが読み込まれません。
  • 解決方法: この問題のトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。

    1. AppFlow アクションコマンドで、「ページトラッキング」機能set appflow action <name> -pageTracing disableを無効にします。この操作は、機能には影響しません。

    問題が解決しない場合は、次の手順を実行します。

    1. 同じアクションで、clientsidemeasurement機能set appflow action <name> -clientsidemeasurements disableの設定を解除します。この手順で問題が解決した場合は、ADC インスタンス のトレースをキャプチャし、バグを報告します。
  • 問題: AppFlow を有効にすると、ADC アプライアンスがクラッシュします。
  • 解決方法: この問題のトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。

バックトレース (BT) に AppFlow 機能がある場合は、AppFlow 機能に問題がある可能性があります。BTが機能固有のコードにある場合、AppFlow を使用してコレクタにデータを送信する機能に問題がある可能性があります。 後者の場合は、機能固有の AppFlow 構成を無効にして確認します。AppFlow 機能をグローバルに無効にしないでください。この手順では問題に関する多くの洞察が得られないためです。

カウンタを使用したトラブルシューティング

AppFlow または Web Insight に関連する問題については、次の AppFlow カウンターを確認してください。

Counter 説明
appflow_tot_record_drop 無効なコレクタのために AppFlow レコードが削除されました。通常、コレクタの設定が変更され、既存の接続で古いコレクタの設定が使用されている場合に発生します。
lstream_tot_trans_written このカウンタは、ログに記録されるすべてのトランザクションに対して増分する必要があります。
lstream_sent このカウンタは、送信されるすべてのトランザクションログに対して増分します。
Web Insightに関する問題のトラブルシューティング