Citrix Application Delivery Management 13.0

アプリケーション定義の作成

Citrix ADM で検出されたアプリケーションのコレクションに基づいて、カスタムアプリケーションを定義できます。

Citrix ADM で、 アプリケーションダッシュボードに移動すると、[ アプリケーションの概要 ]ページにデフォルトのアプリケーションが表示されます。これらのデフォルト・アプリケーションまたは「個別のアプリケーション」は、デフォルト・ライセンスを持つ30のアプリケーションです。これらのアプリケーションは、ビジネス環境にCitrix ADM をインストールするときに検出されます。

「カスタムアプリケーション」を作成すると、カスタムアプリケーションが個別のアプリケーションに置き換わります。カスタムアプリケーションは、作成時に選択されたカテゴリに従って、ダッシュボードに配置されます。

検出された、およびカスタムの両方のアプリケーションはツリーマップと並べての2とおりの方法で表示できます。

ローカライズされた画像

静的または動的な構成によってカスタムアプリケーションを作成できます。

  1. アプリケーションの静的定義 -静的定義では、アプリケーションを定義できます。Citrix ADC インスタンスで新しい仮想サーバーを構成しても、この定義は更新されません。さらに仮想サーバーを含めるには、このリストを手動で更新する必要があります。

  2. アプリケーションの動的定義 : 動的定義では、次の3つの条件のいずれかを使用してアプリケーションを定義できます。

    1. サーバー。サーバまたはサービスの IP アドレス、サーバ名、またはアプリケーションが実行されているバックエンドサーバのポートを指定します。1つのIPアドレスかIPアドレスの範囲、またはコンマ区切りでそれらを組み合わせて入力できます。たとえば、「10.102.29.20, 10.102.43.10-60, 10.216.43.45」と入力します。

    2. 仮想サーバ。次のいずれかを指定できます。

      1. 仮想サーバの IP アドレス

      2. 仮想サーバ名、または

      3. アプリケーションが実行されているバックエンドサーバのポート。

    1つのIPアドレスかIPアドレスの範囲、またはコンマ区切りによるそれらの組み合わせで入力できます。たとえば、「10.102.29.20, 10.102.43.10-60, 10.216.43.45」と入力します。

  3. スタイルブック。Citrix ADM にすでに存在するデフォルトまたはカスタムStyleBookを使用して、カスタムアプリケーションを作成できます。StyleBookは、アプリケーションの複雑なCitrix ADC 構成の管理作業を簡素化します。Citrix ADM に存在するStyleBookを選択し、StyleBookパラメーターの値を入力します。Citrix ADMは、選択したStyleBookに基づいてターゲットCitrix ADC インスタンスに構成(configpack)を作成します。Citrix ADM では、configpackで定義されているすべての仮想サーバーを含むカスタムアプリケーションも作成されます。

十分なCitrix ADC ライセンスが利用可能な場合は、カスタムアプリケーションとConfigPackが作成されます。

上記の3つの条件のいずれかで定義されたこれらの条件を満たすアプリケーションを作成すると、Citrix ADM がエンティティをポーリングすると、アプリケーションダッシュボードでアプリケーションが自動的に更新されます。ポーリングを手動で開始するには、[Applications]タブの[Poll Now]をクリックしてください。

アプリケーションを作成するには

  1. Citrix ADM で、[ アプリケーション ]>[ ダッシュボード ]に移動し、[ カスタムアプリケーションの定義 ]をクリックしてカスタムアプリケーションを作成します。

  2. アプリケーションの定義 」ウィンドウで、「名前」フィールドにアプリケーションの 名前を入力します

  3. [カテゴリ] セクションからアプリケーション カテゴリ を選択します。Citrix ADM では、ユーザー定義のアプリケーションをグループ化するカテゴリを定義できます。必要に応じて、さらにカテゴリを追加することもできます。

  4. カスタムアプリケーションは、次の 3 つの方法のいずれかで作成できます。

    1. 「既存のアプリケーション」を選択します。既存のアプリケーションを選択するには、 [既存のアプリケーションの選択] が有効になっていることを確認します。[アプリケーション] セクションのリストから アプリケーション を選択します。[ アプリケーションの追加 ] をクリックして、新しいアプリケーションをリストに追加します。

    2. 選択基準を定義します。Citrix ADM でアプリケーションを追加する選択条件を定義することもできます。アプリは、次の 3 つの方法のいずれかで追加できます。

      1. 仮想サーバの IP アドレスを指定します。1つのIPアドレスかIPアドレスの範囲、またはコンマ区切りによるそれらの組み合わせで入力できます。

      2. アプリケーションまたはサービスを実行中のサーバーの名前を指定します。

        注:

        ワイルドカード拡張子を使用してサーバー名を検索することもできます。たとえば、「ssl*」はすべてのssl仮想サーバ-をアプリケーションに追加します。

      3. 選択されたサーバー上でアプリケーションが待ち受けているポート番号を指定します。

    3. StyleBookから新しいアプリケーションを作成します。Citrix ADCインスタンスにConfigPackを作成し、仮想サーバーをカスタムアプリケーションに関連付けるためにCitrix ADMで必要なStyleBookを選択します。

      ローカライズされた画像

  5. [ OK] をクリックします。StyleBookからアプリケーションを作成することを選択した場合は、「St yleBookの選択」 ページが開きます。このページには、Citrix ADM に存在するすべてのスタイルブックのリストが含まれています。

    ローカライズされた画像

  6. スタイルブックを選択します。StyleBookがユーザーインターフェイスフォームとして開きます。StyleBookのすべてのパラメータの値を入力します。また、[ View Definition ] をクリックして、使用する前にStyleBookの構成を表示することもできます。カスタムまたはデフォルトのStyleBookの使用方法について詳しくは、デフォルトのスタイルブックを使用するを参照してください。

  7. カスタムアプリケーションとConfigPackが、StyleBookのターゲットセクションで選択したCitrix ADC インスタンスに作成されます。

    注:

    十分なCitrix ADM ライセンスが利用可能な場合は、カスタムアプリケーションとConfigPackが作成されます。

アプリケーション設定を別のStyleBookに移行する

既存のStyleBookから別のStyleBookにアプリケーション構成を移行する場合は、次の手順を実行します。

  1. アプリケーションを選択します。

  2. [ アプリ情報パネル ] タブで、編集アイコンをクリックします。

    [ アプリケーションの構成 ] ページが表示されます。

  3. [ 構成パックの詳細 ] セクションで、[ 構成の移行] をクリックします。

    StyleBook-StyleBookからのアプリケーション構成の移行

  4. 移行先のStyleBookを選択します。

  5. [ 移行] をクリックします。

詳しくは、「スタイルブックの構成パックを別のスタイルブックに移行する」を参照してください。

ライセンスを取得する仮想サーバーを自動的に選択するには

StyleBookオプションを使用して構成を作成する場合、Citrix ADM でライセンス取得用の仮想サーバーが自動的に選択されるようにする必要があります。自動選択を有効にしていない場合、以下の図に示すようなエラーメッセージが表示されることがあります。

ローカライズされた画像

仮想サーバーの自動選択を有効にするには:

  1. Citrix ADM で、[ ネットワーク ]>[ ライセンス ]>[ システムライセンス]に移動します。

  2. [ 仮想サーバーの自動選択 ] をクリックして、[ ライセンスされた仮想サーバー ] セクションのオプションを有効にします。

    ローカライズされた画像

有効にすると、Citrix ADM はライセンスを取得する仮想サーバーを自動的に選択します。また、有効になっていない場合は、仮想サーバーを明示的に選択する必要があります。

Citrix ADM でアプリケーションの詳細を表示するには

Citrix ADM では、アプリケーションのすべての詳細が「 アプリケーション情報パネル」の一番右側にある別のペインに表示されます。

アプリ情報パネルを表示するには:

  1. Citrix ADM で、[ アプリケーション ]>[ ダッシュボード]に移動します。

  2. [ アプリケーションの概要 ] セクションで、詳細を表示するアプリケーションをクリックします。

    ローカライズされた画像

選択したアプリケーションにバインドされているエンティティは、[ App Info Panel] ペインで垂直に配置されます。ウィンドウ内で垂直に配置されたボックスには、次の情報が表示されます。

  • 各エンティティの名前

  • アクティブなエンティティの数

  • 非アクティブのエンティティ

  • サービス外であるエンティティ

ここに表示されるエンティティは、仮想サーバー、サービス、サービスグループ、およびアプリケーションサーバーです。このペインは、App Score、データボリューム、スループット、サーバーとクライアント両方の接続、およびそれぞれのアプリケーションで起きたトランザクションといった他のデータも表示します。

それぞれのアプリケーションで異なる状態になっている仮想サーバー、サービス、サービスグループの数も表示されます。エンティティの名前、または表示される数をクリックして、エンティティを直接有効化または無効化することができます。また、仮想サーバー、サービス、およびサービスグループといった他のバインドされたエンティティを有効化または無効化することもできます。

負荷分散サーバーの構成方法について詳しくは、「アプリケーションダッシュボードによる負荷分散サポートの作成」を参照してください。