Citrix Application Delivery Management 13.0

インテリジェントアプリ分析の構成

インテリジェントアプリケーション分析機能は、 Citrix ADC 12.1.50.x以降でのみサポートされます。メトリックコレクター は、Citrix ADC カウンターデータをCitrix ADM にプッシュし、アプリケーションの問題を検出するために使用されます。インテリジェントアプリケーション分析機能を使用するには、各Citrix ADC インスタンスで メトリックコレクター を構成する必要があります。Citrix ADMにインスタンスを追加している間、 メトリックスコレクター はデフォルトでCitrix ADCで有効になっています。

メトリック・コレクタが有効になっているかどうかを確認するには、次の手順に従います。

  1. ネットワーク ]>[ インスタンス]>[Citrix ADC ]に移動し、監視するインスタンスのタイプ([Citrix ADC VPX]など)を選択します。

  2. Citrix ADCインスタンスを選択します。

  3. 「アクションの選択」 リストから、「 メトリック・コレクター」を選択します。

    metrics-collector

  4. [メトリック・コレクタの設定]設定 ページで、[ 有効 ]オプションがデフォルトで選択されています。このオプションが選択されていない場合は、必ず [ 有効 ] オプションを選択し、[ OK] をクリックします。

    Enable-metric-collector

サーバエラー とその 詳細な Web トランザクションの異常を表示するには、仮想サーバ で分析を有効にする必要があります。

インテリジェントアプリ分析の構成