Citrix Application Delivery Management 13.0

サージキューのビルダップ

サーバーが要求の急増を受信すると、サーバーはクライアントへの応答が遅くなります。多くの場合、オーバーロードにより、クライアントはエラーページを受信します。仮想サーバには、着信要求を処理するのに十分なバックエンドサーバが設定されている必要があります。

サージキューのビルドアップ インジケータを使用すると、サージキューのビルドアップがある仮想サーバーを表示できます。[ サージキューのビルダップ ] タブをクリックして、問題の詳細を表示します。

サージキュー

問題のトラブルシューティングに 推奨される対処 方法は次のとおりです。

  • クライアント接続の制限数を増やします。詳しくは、「クライアント接続数の制限を設定する」を参照してください。

  • アプリケーション要求を処理するためにバックエンドサーバを増やす

[ 詳細] では、次の項目を表示できます。

  • サージキューの蓄積異常が発生した時間

  • 総発生数

  • 高、低、中などの異常の重症度

  • 仮想サーバ上のサージキューの蓄積を示す検出メッセージ

サージキューのビルダップ