Citrix Application Delivery Management 13.0

サービス詳細の表示

サービスグラフで、サービス上にマウスポインタを置いてサービスをクリックすると、次のオプションが表示されます。

サービスの詳細オプション

  • 詳細の表示

  • トランザクション・ログ :HTTP および SSL over HTTP トランザクションの詳細を表示できます。詳しくは、「Web トランザクションの分析の表示」を参照してください。

詳細の表示」 オプションを使用すると、次の項目を表示できます。

  • サービスがホストされているクラスター名 (1)

  • サービスの名前空間とサービスラベル (2) (4)

  • 選択したサービスに接続されているすべての関連する着信および発信サービス (3)

    サービスの詳細

  • ヒット数、サービス応答時間、HTTPエラー、データボリューム、SSLフロントエンド・エラー、SSLバックエンド・エラー、TCPフロントエンド・エラー、TCPバックエンド・エラーなどのグラフ形式のサービス・キー・メトリック

これらの主要なメトリックの傾向を使用して、特定の期間におけるサービスのパフォーマンスを分析できます。

たとえば、サービスが、すべての要求に対してサービス応答時間が 700 ミリ秒を超えると示しているとします。管理者は、次の操作を実行できます。

  • 特定の期間におけるサービス応答時間メトリックの傾向を分析する

  • 問題のトラブルシューティング

  • サービス応答時間メトリックを再度確認して、応答時間が改善されたかどうかを分析します。

メトリックの詳細の表示

選択した期間の次のサービスキーメトリックが表示されます。

メトリック 説明
ヒット数 サービスによって受信されたリクエストの総数 ヒット数
エラー サービスからの HTTP エラーの合計 エラー
サービス応答時間 最初のバイトまでの時間(TTFB)の応答にサービスから要した平均応答時間。 サービス応答時間
データ量 サービスによって処理された合計データ量 データボリューム
SSL フロントエンドエラー サービスからの SSL フロントエンドエラーの合計。例:SSL クライアントの失敗 SSL
SSL バックエンドエラー サービスからの SSL バックエンドエラーの合計。例:SSL クライアントエラー SSL バックエンド
TCP バックエンドエラー サービスからの TCP バックエンドエラーの合計。例:TCP サーバのリセット TCP
TCP フロントエンドエラー サービスからの TCP フロントエンドエラーの合計。例:TCP クライアントのリセット TCP フロントエンド

各指標について、選択した期間の合計値と差分値を表示できます。サービス応答時間については、平均値と差値を表示できます。差の値は、選択した期間の 最初の値から最後の値を引いた 値として計算されます。

次の図は、サービス応答時間の例であり、選択した期間は1週間です。

メトリックスの違い

127 ms は 1 週間の平均応答時間であり、値 4.1 s は差値です。グラフでは、最初の値は 4.2 秒 、最後の値は 86 ミリ秒です。差の値は 4.2 — 0.086 = 4.1 sです。

サービス詳細の表示