Citrix Application Delivery Management 13.0

システム設定の構成

Citrix ADM を使用してインスタンスとアプリケーションの管理と監視を開始する前に、いくつかのシステム設定を構成して、Citrix ADMサーバーのパフォーマンスを最適化することをお勧めします。

システムアラームの設定

システムのアラームを構成して、システム上の重大な問題や重要な問題を確実に把握する必要があります。たとえば、CPU使用率が高い場合や、サーバーへのログインに複数回失敗した場合に、管理者に通知が送信されるようにします。cpuUsageHighやmemoryUsageHighなどの一部のアラームカテゴリでは、しきい値を設定してそれぞれの重要度(CriticalやMajorなど)を定義できます。inventoryFailedやloginFailureなどのカテゴリについては、重要度のみを定義できます。アラームカテゴリのしきい値が超過した場合(memoryUsageHighなど)、またはアラームカテゴリに対応するイベントが発生した場合(loginFailureなど)は、システムにメッセージが記録されます。記録されたメッセージはSyslogメッセージとして表示できます。

システムアラームを設定するには、次の手順を実行します。

  1. [ システム] > [SNMP] に移動し、右上隅の [ アラーム ] タブをクリックします。
  2. 設定するアラームを選択し、[ Edit] をクリックします。

  3. [ Configure Alarm ] ページで、アラームの重大度を選択し、[Threshold] を設定します。

  4. しきい値を超えたアラームまたはイベントが発生したアラームを表示するには、[ システム] > [監査 ] に移動し、[ Syslog Messages] をクリックします。

システム通知の設定

さまざまなシステム関連機能について、ユーザーのグループを選択するために通知を送信できます。Citrix ADM で通知サーバーを設定し、電子メールおよびショートメッセージサービス(SMS)Gateway サーバーを構成して、ユーザーに電子メールおよびテキスト通知を送信できます。これによりユーザーログインやシステムの再起動などの、システムレベルのアクティビティが管理者に通知されます。

システム通知を構成するには、次の手順に従います。

  1. [ システム] > [管理]に移動します。[ システム管理 ] ページの [ イベント通知] で、[イベントの通知とダイジェストの構成] > [イベント通知] をクリックします。

  2. システム通知設定の構成 ]ページで、Citrix ADM によって生成されるイベントのカテゴリまたはカテゴリを選択します。

  3. 次に、メールサーバーまたはSMSサーバーを、メールまたはSMS、あるいはその両方を使用して通知を受信するように構成します。

システム削除設定の構成

Citrix ADMサーバーのデータベースに保存されるレポートデータの量を制限するには、Citrix ADMでネットワークレポートデータ、イベント、監査ログ、タスクログを保持する間隔を指定します。デフォルトでは、これらのデータは24時間ごとに(00:00の時刻に)削除されます。

システムプルーニング設定を構成するには、次の手順を実行します。

  1. [System]>[System Administration]の順に選択します。[ データのプルーニング] で、[ システムとインスタンスのデータのプルーニング] をクリックします。

  2. システム 」ページで、データを保持する日数を指定し、「 保存」をクリックします。

インスタンスの syslog プルーニング設定の構成

データベースに保存されるSyslogデータの量を制限するために、Syslogデータをパージする間隔を指定できます。Citrix ADM から汎用syslogデータが削除されるまでの日数を指定できます。

インスタンスの syslog パージ設定を構成するには、次の手順を実行します。

  1. [ システム] > [管理] > [データプルーニング] に移動します。

  2. [ システムとインスタンスのデータプルーニング] > [インスタンスSyslog] をクリックします。

  3. [ インスタンスの Syslog プルーニング設定の構成] ページで、[ Syslog 汎用データの保持 ] フィールドに 1 ~ 180 の日数を指定します。

  4. [保存] をクリックします。

インスタンスイベントプルーニング設定の構成

Citrix ADMサーバーのデータベースに保存されるイベントメッセージデータの量を制限するには、Citrix ADMでネットワークレポートデータ、イベント、監査ログ、タスクログを保持する間隔を指定します。デフォルトでは、これらのデータは24時間ごとに(00:00の時刻に)削除されます。

インスタンスイベントプルーニング設定を構成するには、次の手順に従います。

  1. [ システム] > [管理]に移動します。

  2. [ システム管理 ] ページの [ データプルーニング] で、[ システムとインスタンスのデータプルーニング] をクリックします。

  3. [ データプルーニング ] ページで、[ インスタンスイベント] をクリックします。

  4. 保持するデータ(日) ]フィールドに、Citrix ADM サーバーでデータを保持する間隔を日数で入力し、[ 保存]をクリックします。

システムバックアップの設定を構成する

Citrix ADM は、毎日 00:30 時間にシステムを自動的にバックアップします。デフォルトでは、3つのバックアップファイルが保存されます。それ以上の数のシステムのバックアップを保持する必要があるかもしれません。バックアップファイルを暗号化できるほか、バックアップを外部サーバーに保存することを選択できます。

システムバックアップの設定を構成するには、次の手順で行います。

  1. [ システム] > [管理]に移動します。

  2. [ バックアップ] で、[ システムとインスタンスのバックアップの設定] をクリックします。

  3. [ システム ] をクリックし、[ システムバックアップ設定の構成] ページで必要な値を指定します。

インスタンスのバックアップ設定の構成

Citrix ADC インスタンスの現在の状態をバックアップする場合、インスタンスが不安定になった場合に、バックアップファイルを使用して安定性を復元できます。アップグレードを実行する前にこれを行うことは特に重要です。デフォルトでは、12時間ごとにバックアップされて、3つのバックアップファイルがシステムに保持されます。

インスタンスのバックアップ設定を構成するには、次の手順に従います。

  1. [ システム] > [管理]に移動します。

  2. [ バックアップ] で、[ システムとインスタンスのバックアップの設定] をクリックします。

  3. [ インスタンスのバックアップ設定の構成] の [インスタンス] をクリックし、必要な値を指定します。

ADM 機能の有効化または無効化

管理者は、[ システム] > [管理] > [構成可能な機能] ページで次の機能 を有効または無効にすることができます。

  • エージェントのフェイルオーバー :エージェントのフェイルオーバーは、複数のアクティブなエージェントがあるサイトで実行できます。サイト内でエージェントが非アクティブ(DOWN状態)になると、Citrix ADM サービスは、非アクティブなエージェントのADCインスタンスを他のアクティブなエージェントに再配布します。詳しくは、「 マルチサイト展開用にオンプレミスエージェントを構成する」を参照してください。

  • エンティティ・ポーリング・ネットワーク機能 -エンティティは、ADCインスタンスにアタッチされたポリシー、仮想サーバ、サービス、またはアクションのいずれかです。デフォルトでは、Citrix ADM は60分ごとに構成済みのネットワーク機能エンティティを自動的にポーリングします。詳しくは、「ポーリングの概要」を参照してください。

  • インスタンスのバックアップ -Citrix ADC インスタンスの現在の状態をバックアップし、後でバックアップしたファイルを使用してADCインスタンスを同じ状態に復元します。詳しくは、「Citrix ADC インスタンスのバックアップと復元」を参照してください。

  • インスタンス構成の監査 -管理対象のCitrix ADC インスタンスの構成変更を監視し、構成エラーのトラブルシューティングを行い、未保存の構成を復元します。詳しくは、「監査テンプレートの作成」を参照してください。

  • インスタンスイベン ト-イベントは、管理対象Citrix ADC インスタンスでのイベントまたはエラーの発生を表します。Citrix ADM で受信したイベントは、[ イベントの概要 ]ページ([ネットワーク]>[イベント])に表示され、すべてのアクティブなイベントは[イベントメッセージ]ページ([ネットワーク]>[イベント]>[イベントメッセージ])に表示されます。詳しくは、「イベント」を参照してください。

  • インスタンスネットワークレポート -グローバルレベルでインスタンスのレポートを生成できます。また、仮想サーバーやネットワークインターフェイスなどのエンティティ用。詳しくは、「ネットワークレポート作成」を参照してください。

  • インスタンスSSL証明書 -Citrix ADM では、管理対象のすべてのCitrix ADC インスタンスにインストールされたSSL証明書を一元的に表示できます。詳しくは、「SSL ダッシュボード」を参照してください。

  • インスタンスSyslog -すべてのsyslogメッセージをCitrix ADCitrix ADM にリダイレクトするようにデバイスを構成している場合は、Citrix ADCインスタンスで生成されたsyslogイベントを監視できます。

機能を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. リストから有効にする機能を選択します。

  2. [ 有効] をクリックします。

重要

機能が無効になっている場合、ユーザーはその機能に関連付けられた操作を実行できません。