Citrix Application Delivery Management 13.0

Citrix ADM に追加ディスクを接続する

Citrix Application Delivery Management(ADM)ストレージ要件は、Citrix ADM のサイズ推定に基づいて決定されます。デフォルトでは、Citrix ADM は120GBのストレージ容量を提供します。データの保存に 120 GB を超える必要がある場合は、追加のディスクを接続できます。

  • Citrix ADM 初期展開時に、ストレージ要件を見積もり、追加のディスクをサーバーに接続します。

  • Citrix ADM 単一サーバー展開では、デフォルトのディスクに加えて、サーバーに接続できるディスクは1つだけです。

  • Citrix ADM の高可用性展開では、各ノードに追加のディスクを接続する必要があります。両方のディスクのサイズは同じである必要があります。

  • 以前より容量の低い外部ディスクを接続していた場合は、新しいディスクを接続する前にディスクを取り外す必要があります。

  • 2 テラバイトを超える容量の追加ディスクを接続できます。必要に応じて、ディスクのサイズも2テラバイト未満にすることができます。

  • Citrix ADM 展開では、ソリッドステートドライブ(SSD)テクノロジを使用することをお勧めします。

このドキュメントでは、新しい追加ディスクのアタッチ、パーティションの作成、および追加ディスクのサイズ変更について、次のシナリオについて説明します。

  1. 新しい追加ディスクを接続する

  2. ディスクパーティション化ツールの起動

  3. 新しい追加ディスクにパーティションを作成する

  4. 既存の追加ディスクのサイズを変更する

  5. 追加ディスク上のパーティションを削除する

スタンドアロンのCitrix ADM に追加ディスクを接続する

仮想マシンにディスクをアタッチするには、次の手順を実行します。

  1. Citrix ADM 仮想マシンをシャットダウンします。

  2. Hypervisor で、必要なディスクサイズの追加のディスクをCitrix ADM 仮想マシンに接続します。

    新しく接続された大きなディスクには、データベースデータとCitrix ADM ログファイルが格納されます。既存の 120 GB のデフォルトディスクは、コアファイル、オペレーティングシステムのログファイルなどの格納に使用されます。

  3. Citrix ADM仮想マシンを起動します。

Citrix ADM ディスクパーティションツール

Citrix ADM は、新しいコマンドライン ツールであるCitrix ADM ディスクパーティションツールを提供するようになりました。このツールの機能については、次のように詳しく説明します。

  1. このツールを使用すると、新しく追加したディスクにパーティションを作成できます。

  2. このツールを使用すると、既存の追加ディスクのサイズを変更することもできます。しかし、既存の外部ディスクは2テラバイトを超えてはいけません。

    • データを失うことなく、2 テラバイトを超える既存のディスクのサイズを変更することはできません。これは、プラットフォーム上の既知の制限によるものです。

    • 2 テラバイトを超えるストレージ容量を作成するには、既存のパーティションを削除して、この新しいツールを使用してパーティションを作成する必要があります。

  3. この新しいツールを使用すると、ディスク上で任意のパーティション操作を明示的に実行できます。このツールを使用すると、ディスクと関連データを明確に可視化し、制御することができます。

    注:

    このツールは、Citrix ADM サーバーに接続した追加ディスクでのみ使用できます。このツールを使用すると、プライマリ(デフォルト)120ギガバイトのディスクにパーティションを作成することはできません。

ディスクパーティションツールの起動

  1. PuTTYなどのSSHクライアントを使用して、Citrix ADM へのSSH接続を開きます。

  2. 管理者の資格情報を使用してCitrix ADM にログオンします。

  3. シェルプロンプトに切り替えて、次のように入力します。

    /mps/DiskPartitionTool.py
    

    ローカライズされた画像

    高可用性展開のCitrix ADM では、両方のノードでツールを起動し、各仮想マシンにディスクを接続した後にパーティションを作成またはサイズ変更する必要があります。

新しい追加ディスクにパーティションを作成する

cre ate コマンドは、新しいセカンダリディスクが追加されるたびにパーティションを作成するために使用されます。このコマンドを使用して、「remove」コマンドを使用して既存のパーティションを削除した後、既存のセカンダリディスクにパーティションを作成することもできます。

ローカライズされた画像

注:

ディスクパーティションツールを使用してパーティションを作成する場合、2 テラバイトのサイズ制限はありません。このツールでは、2 テラバイトを超えるパーティションを作成できます。ディスクをパーティション化すると、サイズが 32 GB のスワップパーティションが自動的に追加されます。プライマリパーティションは、ディスク上の残りのすべての領域を使用します。

コマンドを実行すると、GUID パーティションテーブル (GPT) パーティションスキームが作成されます。また、残りの領域を使用するために 32 GB の swap パーティションとデータパーティションが作成されます。次に、プライマリパーティションに新しいファイルシステムが作成されます。

注:

このプロセスには数秒かかることがあり、プロセスを中断しないでください。

ローカライズされた画像

ローカライズされた画像

create コマンドが完了すると、仮想マシンが自動的に再起動され、新しいパーティションがマウントされます。

ローカライズされた画像

再起動後、新しいパーティションは /var/mps にマウントされます。

ローカライズされた画像

追加された swap パーティションは、「create」コマンドの出力にスワップ領域として表示されます。

ローカライズされた画像

パーティションを作成した後、ツールによって仮想マシンが再起動されます。

既存の追加ディスク内のパーティションのサイズを変更する

resize コマンドを使用して、アタッチされている (セカンダリ) ディスクのサイズを変更できます。マスタブートレコード (MBR) または GPT スキームを持つディスクのサイズを変更できます。ディスクのサイズは、2 テラバイト未満で、最大 2 テラバイトである必要があります。

  • 「サイズ変更」コマンドは、既存のデータを失うことなく機能するように設計されています。ただし、サイズを変更する前に、このディスク内の重要なデータを外部ストレージにバックアップすることをお勧めします。データのバックアップは、サイズ変更操作中にディスクデータが破損する可能性がある場合に役立ちます。

  • パーティションのサイズを変更しながら、ディスク容量を 100 GB ずつ増やしてください。このような増分増加により、より頻繁にサイズを変更する必要がなくなります。

ローカライズされた画像

「resize」コマンドは、すべての前提条件をチェックし、すべての前提条件が満たされているかどうか、およびサイズ変更に同意した後に続行します。ディスクにアクセスするプロセス(Citrix ADM サブシステム、PostgreSQL DBプロセス、およびCitrix ADM監視プロセスなど)が停止します。プロセスが停止すると、ディスクはアンマウントされ、サイズ変更の準備が整います。サイズ変更は、パーティションを拡張して使用可能な領域全体を占有し、ファイルシステムを拡張することによって行われます。ディスク上に swap パーティションが存在する場合は、サイズ変更後にディスクの最後に削除され、再作成されます。swap パーティションについては、ドキュメントの「 Create コマンド」セクションで説明します。

注:

「ファイル・システムの拡大」プロセスでは、完了するまでに多少の時間がかかる場合があります。また、処理中にプロセスを中断しないように注意する必要があります。パーティションのサイズを変更した後、ツールによって仮想マシンが再起動されます。 ローカライズされた画像

ローカライズされた画像

サイズ変更プロセスのすべての中間手順 (アプリケーションの停止、ディスクのサイズ変更、ファイルシステムの拡大) がコンソールに表示されます。プロセスが完了すると、次のメッセージが表示されます。

ローカライズされた画像

再起動後、”df” コマンドを使用してサイズの増加を観察することができます。サイズを大きくした後の前後の詳細は次のとおりです。

ローカライズされた画像

追加のディスクのパーティションを削除します

セカンダリディスク上の既存のパーティションは、最大 2 テラバイトまでサイズ変更できます。これは、パーティションの既知の制限によるものです。2 テラバイトを超えるディスクが必要な場合は、新しいディスクを接続し、ディスクパーティションツールを使用してパーティションを作成します。また、remove コマンドを使用して既存のパーティション を削除 してから、パーティションを作成することもできます。

注:

既存のパーティションを削除すると、既存のデータがすべて削除されます。したがって、このコマンドを使用する前に、重要なデータを外部ストレージにバックアップする必要があります。

ローカライズされた画像

「remove」コマンドを実行すると、確認が要求され、確認されると、セカンダリディスクを使用するすべてのプロセス(ADM サブシステム、PostgreSQL プロセス、ADM モニターなど)が停止します。swap パーティションが存在し、そのパーティションで swap が有効になっている場合、swap は無効になります。

ローカライズされた画像

「y」と入力すると、ディスクがアンマウントされ、ディスク上のすべてのパーティションが削除されます。

ローカライズされた画像

パーティションを削除した後、ツールによって仮想マシンが再起動されます。

仮想マシンを再起動します

パーティションが作成またはサイズ変更されたとき、またはスワップファイルを作成するときに、仮想マシンを再起動します。変更は、再起動後にのみ有効になります。この目的のために、ツールに 再起動 コマンドが用意されています。

ローカライズされた画像

確認を求められ、確認されると、すべてのプロセス(ADM サブシステム、PostgreSQL プロセス、ADM モニターなど)が停止します。仮想マシンが再起動されます。

ローカライズされた画像

ローカライズされた画像

ディスクデータのバックアップファイルを作成する

パーティションのサイズを変更または削除する前に、Citrix ADM データをバックアップする手順は次のとおりです。

注:

バックアップファイルを作成するにはディスク容量が必要です。バックアップコマンドを実行する前に、十分な空きディスク容量(50%以上)を確保することをお勧めします。

  1. ADMを停止します。

    /mps/masd stop
    
  2. PostgreSQLを停止します。

    su -l mpspostgres /mps/scripts/pgsql/stoppgsql_smart.sh
    
  3. ADM モニタを停止します。

    /mps/scripts/stop_mas_monit.sh
    
  4. tarball を作成します。

    cd /var
    tar cvfz /var/mps/mps_backup.tgz mps
    

    注:

    バックアップするデータのサイズに応じて、操作に時間がかかります。

  5. チェックサムを生成します。

    md5 mps_backup.tgz > mps_backup_checksum
    
  6. tarballとチェックサムをリモートコピーします。

    scp
    
  7. コピーした tarball の正確性を検証します。転送されたファイルのチェックサムを生成し、ソースチェックサムと比較します。

  8. ADM 仮想マシンからtarballを削除します。

    rm mps_backup.tgz  mps_backup_checksum
    

追加コマンド

前述のコマンドに加えて、ツールでは次のコマンドを使用することもできます。

ヘルプコマンド:

サポートされているコマンドを一覧表示するには、 help または ? と入力します。と入力し、Enter キーを押します。各コマンドのヘルプを表示するには、[help] または [?] を押します。に続けてコマンド名 を入力し 、Enter キーを押します。

ローカライズされた画像

情報コマンド:

info コマンドは、接続されたセカンダリディスクが存在する場合、そのディスクに関する情報を提供します。このコマンドは、デバイス名、パーティションスキーム、人間が読める形式のサイズ、およびディスクブロック数を提供します。スキームは、MBRまたはGPTにすることができます。MBRスキームは、以前のバージョンのCitrix ADM を使用してディスクがパーティション分割されたことを意味します。MBR/GPT ベースのパーティションはサイズ変更できますが、2 テラバイトを超えることはできません。GPTパーティションスキームは、Citrix ADM 12.1以降を使用してディスクがパーティション分割されたことを意味します。

注:

GPT パーティションは、作成時に 2 テラバイトを超える場合があります。ただし、小さいサイズのディスクを作成した後、2 テラバイトを超えるサイズにディスクのサイズを変更することはできません。これは、プラットフォームの既知の制限です。  

ローカライズされた画像

スワップファイル作成コマンド:

Citrix ADM プライマリディスクのデフォルトのスワップパーティションは4GBなので、デフォルトのスワップ領域は4GBです。Citrix ADM デフォルトのメモリ構成(2 GB)では、このスワップ領域で十分です。ただし、より高いメモリ構成でCitrix ADM を実行する場合は、ディスクにさらに多くのスワップ領域を割り当てる必要があります。

注:

スワップパーティションは通常、オペレーティングシステムのインストール中にハードディスクドライブ (HDD) 上に作成される専用のパーティションです。このようなパーティションは、スワップ空間とも呼ばれます。スワップパーティションは、追加のメインメモリをシミュレートする仮想メモリに使用されます。

以前のバージョンのCitrix ADM で追加されたセカンダリディスクには、デフォルトでスワップパーティションが作成されません。”create_swapfile”コマンドは、スワップパーティションを持たない古いバージョンのCitrix ADM を使用して作成されたセカンダリディスクを対象としています。このコマンドでは、次の項目がチェックされます。

  • セカンダリディスクの存在

  • マウントされているディスク

  • ディスクのサイズ(500 GB以上)

  • スワップファイルの存在

「create_swapfile」コマンドは、メモリが 16 GB 以上の場合にのみ有用であり、メモリが少ないときには有用ではありません。したがって、このコマンドはスワップファイルの作成を続行する前にメモリをチェックします。

ローカライズされた画像

すべての条件が満たされ、ユーザーが続行に同意すると、32 GB のスワップファイルがセカンダリディスクに作成されます。スワップファイルの作成プロセスが完了するまで数分かかり、処理中に処理を中断しないように注意してください。正常に完了すると、スワップファイルが有効になるために再起動が行われます。  

ローカライズされた画像

再起動後、top コマンドを使用して swap の増加を観察できます。

ローカライズされた画像

終了コマンド:

ツールを終了するには、exit と入力 して Enter キーを押します。

ローカライズされた画像

高可用性で展開されたCitrix ADM に追加ディスクを接続する

ここでは、セカンダリディスクなしで高可用性セットアップでCitrix ADM サーバーのペアを構成したシナリオを考えてみましょう。また、2つ以上のCitrix ADC インスタンスを追加し、すべてのプロセスが実行されていることを確認したとします。この設定では、セカンダリディスクを仮想マシンに追加できます。高可用性セットアップでは、次のタスクで説明するように、両方のノードにディスクを追加する必要があります。

  1. Citrix ADM ノード名が「ADM_プライマリ」と「ADM_セカンダリ」であることを前提としています。

  2. まず、ADM_Secondary でパーティション・ツールを実行し、次にセカンダリ・ディスクを追加します。ディスクが追加されると、仮想マシンが再起動します。

  3. 再起動後、ADM_Secondary をシャットダウンします。

  4. 次に、ADM_Primary でパーティション・ツールを実行し、セカンダリ・ディスクを追加します。ディスクが追加されると、仮想マシンが再起動します。

    同じ容量のディスクを両方のノードに追加してください。たとえば、500 GB の容量を持つディスクをプライマリノードに追加する場合は、500 GB の容量を持つディスクをセカンダリノードにも追加します。

  5. ADM_Primary が再起動したら、それがプライマリノードであることを確認してください。

  6. 次に、ADM_Secondary ノードを起動します。セカンダリノードとして起動し、データベースが同期していることを確認します。

  7. すべてのデータがまだ存在することを確認します。

両方のノードで RAM の容量を増やすには:

  1. ADM_Secondary をシャットダウンし、必要に応じてRAMサイズを増やします。ノードを再起動しないでください。

  2. ADM_Primary をシャットダウンし、必要に応じてRAMサイズを増やします。

    両方のノードで RAM サイズを均等に増やしてください。たとえば、プライマリノードの RAM サイズを 16 GB に増やす場合は、セカンダリノードでも同じ操作を行います。

  3. ADM_Primary を再起動します。

  4. ADM_Primary が再起動したら、それがプライマリノードであることを確認してください。

  5. 次に、ADM_Secondary ノードを起動します。再起動後、セカンダリとして起動し、DB 同期が機能していることを確認します。

  6. ここで、すべてのデータがまだ存在することを確認します。

    注:

    セカンダリディスクを追加した後、プライマリノードが起動するまでに時間がかかります。また、セカンダリディスクを両方のノードに追加し、RAM 容量を増やすプロセス全体では、両方のノードをしばらく停止する必要があります。この保守アクティビティを計画する際には、このダウンタイムを考慮してください。