Citrix Application Delivery Management

Kubernetes クラスターに ADM エージェントをマイクロサービスとしてインストールする

Citrix ADMエージェントをマイクロサービスとして展開すると、Citrix ADC CPXの管理に役立ちます。このドキュメントで説明する手順は、Citrix ADMクラスタとKubernetesクラスタが別のネットワーク上で構成されている場合にのみ適用されます。このシナリオでは、Kubernetes クラスターがホストされているマイクロサービスとして ADM エージェントを構成できます。

オンプレミスエージェントを設定し 、Kubernetes クラスタがホストされているネットワークにエージェントを登録することもできます。

はじめに

  1. Citrix ADMで、[ ネットワーク]>[エージェント]に移動します。

  2. [ アクションの選択] リストから、[ エージェントマイクロサービスのダウンロード ] オプションを選択します。

    エージェントをダウンロード

  3. [ エージェントマイクロサービスのダウンロード ] ページで、次のパラメータを指定します。

    1. アプリケーション ID — Kubernetes クラスタ内のエージェントのサービスを定義し、このエージェントを同じクラスタ内の他のエージェントと区別するための文字列 ID。

    2. パスワード 」— エージェントを介して CPX から ADM へのオンボードにこのパスワードを使用するように、CPX のパスワードを指定します。

    3. 「パスワードの確認 」— 確認のために同じパスワードを指定します。

      デフォルトのパスワード(nsroot)を使用しないでください。

    4. [ Yaml ファイルをダウンロード] をクリックします。

      マイクロサービスダウンロードエージェント

KubernetesクラスタにCitrix ADMエージェントをインストールする

Kubernetes メインノードで以下を実行します。

  1. ダウンロードした YAML ファイルを保存します

  2. 次のコマンドを実行します:

    kubectl create -f <yaml file>

    例: kubectl create -f testing.yaml

    エージェントが正常に作成されました。

    エージェント

Citrix ADM で、[ ネットワーク ]>[ エージェント ]の順に選択し、エージェントのステータスを確認します。

エージェントステータス

サービスグラフの使用を開始するための詳細については、「 サービスグラフの設定」を参照してください。

Kubernetes クラスターに ADM エージェントをマイクロサービスとしてインストールする