Citrix Application Delivery Management 13.0

VMware ESXi 上のCitrix ADM

VMware ESXi にCitrix ADM 仮想アプライアンスをインストールするには、VMware vSphereクライアントを使用します。

前提条件

仮想アプライアンスのインストールを開始する前に、次の必要条件を確認します。

  • サポートされている VMware ESXi バージョン(6.0、6.5、および 6.7)をインストールします。

  • 最小システム要件を満たす管理用のワークステーションにVMware Clientをインストールします。

  • Citrix ADMセットアップファイルをダウンロードします。

VMotionは、 Citrix ADM 13.0ビルド 47.22以降でのみサポートされています。

Citrix ADM をインストールするには

  1. ワークステーション上でVMware vSphere Clientを起動します。

  2. [ IP アドレス/名前 ] テキストボックスに、接続先の VMware ESXi サーバの IP アドレスを入力します。

  3. [User Name][Password]の各テキストボックスに管理者資格情報を入力してから、[Login]をクリックします。

  4. [File]メニューの[Deploy OVF Template]を選択します。

  5. [ OVF テンプレートのデプロイ ] ダイアログボックスの [ ファイルまたはURL からのデプロイ] で、.ovf ファイルを選択し、[ 次へ] をクリックします。

    「The operating system identifier is not supported on the selected host.」という文章の警告メッセージが表示された場合、VMwareサーバーがFreeBSDオペレーティングシステムをサポートしているかどうかを確認してください。[Yes] をクリックします。

  6. [ OVF テンプレートの詳細 ] ページで、[ 次へ] をクリックします。

  7. Citrix ADM 仮想アプライアンスの名前を入力し、[ 次へ]をクリックします。

  8. [Disk Format]で[Thin provisioned format]または[Thick provisioned format]を選択し、ディスク形式を指定します。

    ックプロビジョニング形式を選択することをお勧めします。

  9. [ 完了 ] をクリックして、インストールプロセスを開始します。

    初期構成

  10. これで、Citrix ADM 仮想アプライアンスを起動する準備が整いました。

  11. ナビゲーションペインで、インストールした仮想アプライアンスを選択します。[ インベントリ ]メニューから 仮想マシンを右クリックし、[仮想ハードウェアのアップグレード]をクリックします。[ 仮想マシンの確認 ] ダイアログボックスで、[ はい] をクリックします。

    初期構成

  12. [ インベントリ ] メニューの [ 仮想マシン] をクリックし、[ 設定の編集] をクリックします。

  13. [ 仮想マシンのプロパティ ] ダイアログボックスの [ ハードウェア ] タブで、[ メモリ] をクリックし、右側のウィンドウで [ メモリサイズ ] を 32 GB に指定します。

  14. [ CPU] をクリックし、右側のペインで CPU を 8 に指定します。[ OK] をクリックします

  15. 要件に応じて別のディスクを追加します。

    初期構成

  16. ナビゲーションペインで、インストールした仮想アプライアンスを選択します。[ インベントリ ]メニューから[ 仮想マシン]、[ 電源]、[ パワーオン]の順にクリックします。

  17. コンソール ]タブをクリックして、Citrix ADM 初期ネットワーク構成オプションを表示します。

    初期構成

  18. 必要なIPアドレスを指定したら、構成設定を保存します。

  19. プロンプトが表示されたら、nsrecover/nsroot認証情報を使用してログオンします。

    初期構成

    ログオン後、初期ネットワーク設定を更新する場合は、networkconfigを入力し、設定を更新し、保存します。

  20. シェルプロンプトでコマンドを入力して、デプロイメントスクリプトを実行します。

    deployment_type.py
    <!--NeedCopy-->
    

    初期構成

  21. 展開の種類として Citrix ADM サーバー]を選択します。デフォルトでは、オプションを選択しない場合は、サーバーとして展開されます。

    初期構成

  22. Citrix ADM をスタンドアロン展開として展開するには、「Yes」と入力します。

  23. Citrix ADM サーバーを再起動するには、「Yes」と入力します。

    Citrix ADM をインストールした後、初期構成設定を後で更新できます。

確認

サーバーをインストールしたら、ブラウザーでCitrix ADM サーバーのIPアドレスを入力してGUIにアクセスできます。サーバーにログオンするためのデフォルトの管理者資格情報はnsroot/nsrootです。

ブラウザにCitrix ADM 構成ユーティリティが表示されます。

注:

VMware ESXi に展開すると、Citrix ADMが起動するまでに最大30分以上かかる場合があります。

VMware ESXi 上のCitrix ADM