Citrix Application Delivery Management 13.0

Microsoft Hyper-V上のCitrix ADM

Microsoft Hyper-VにCitrix ADM をインストールするには、まずCitrix ADM イメージファイルをローカルコンピュータにダウンロードする必要があります。また、システムにハードウェア仮想化拡張機能があることを確認し、CPU 仮想化拡張機能が使用可能であることを確認します。

前提条件

Citrix ADM 仮想アプライアンスをインストールする前に、次の要件が満たされていることを確認します。

  • 最小要件を満たすハードウェアにMicrosoft Hyper-V Version 6.2以降がインストールされている。

  • 最小システム要件を満たす管理用のワークステーションにMicrosoft Hyper-Vマネージャーがインストールされている。

  • Citrix ADM イメージファイルがダウンロードされました。

Microsoft Hyper-Vのシステム要件

Microsoft Hyper-Vは、Windowsクライアントアプリケーションです。次の表は、最小システム要件を示しています。

コンポーネント 条件
オペレーティングシステム Windows Server 2012 R2
.NET Framework バージョン2.0以降
CPU 750MHz。推奨:1GHz以上
RAM 1GB。推奨:2GB
ネットワークインターフェイスカード 100Mbps以上のNIC

Citrix Application Delivery Management インストール

インストールできるCitrix ADM サーバーの数は、Hyper-Vサーバーで使用可能なメモリによって異なります。

Citrix ADM をインストールするには:

  1. ワークステーションで Hyper-V マネージャークライアントを起動します。

  2. [操作]メニューの[仮想マシンのインポート]を選択します。

    初期構成

  3. Hyper-V イメージをインポートし、次の操作を行います。

    1. [仮想マシンのインポート]ダイアログボックスの[ フォルダーの検索 ]セクションで、Citrix ADM Hyper-Vイメージを保存したフォルダーを参照し、フォルダーを選択して[ 次へ]をクリックします。

    2. [Select virtual machine]セクションで、該当する仮想マシン名を選択します。

    3. [Choose Import Type]セクションで、[Copy the virtual machine (create a new unique ID)]オプションを選択し、[Next]をクリックします。

    4. [Choose Destination]セクションで、仮想マシンファイルを格納するフォルダーを指定します。

      デフォルトでは、仮想マシンファイルは、ローカルホストのデフォルトのHyper-Vフォルダーにインポートされます。

      初期構成

    5. [Choose Storage Folders]セクションで、仮想ハードディスクを保存する場所を選択し、[Next]をクリックします。

    6. 概要を示すペインで仮想マシンの情報を確認したら、[Finish]をクリックします。

      初期構成

    Citrix ADM Hyper-Vイメージが右側のペインに表示されます。

  4. Citrix ADM Hyper-V イメージを右クリックし、[ 設定] をクリックします。

  5. 表示されるダイアログボックスの左側のペインで、[ ハードウェア ] > [ VM_Bus Network Adaptor] に移動し、右側のペインの [ネットワーク] リストから適切なネットワークを選択します。

    初期構成

  6. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。

  7. Citrix ADM Hyper-Vイメージを右クリックし、[ 接続]をクリックします。

  8. [コンソール]ウィンドウで、[ スタート ]ボタンをクリックします。

  9. 初期ネットワーク構成オプションを設定します。

    初期構成

  10. 必要なIPアドレスを指定したら、構成設定を保存します。

  11. プロンプトが表示されたら、nsrecover/nsroot認証情報を使用してログオンします。

    初期構成

    ログオン後、初期ネットワーク設定を更新する場合は、networkconfigを入力し、設定を更新し、保存します。

  12. シェルプロンプトでコマンドを入力して、デプロイメントスクリプトを実行します。

    deployment_type.py
    

    初期構成

  13. 展開の種類として Citrix ADM サーバー]を選択します。デフォルトでは、オプションを選択しない場合は、サーバーとして展開されます。

    初期構成

  14. Citrix ADM をスタンドアロン展開として展開するには、「Yes 」と入力します。

  15. Citrix ADM サーバーを再起動するには、「Yes」と入力します。

    Citrix ADM をインストールした後、初期構成設定を後で更新できます。

確認

サーバーのインストール後、ブラウザのアドレスバーにCitrix ADM サーバーのIPアドレスを入力することで、グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)にアクセスできます。サーバーにログオンするためのデフォルトの管理者資格情報はnsroot/nsrootです。

ブラウザにCitrix ADM 構成ユーティリティが表示されます。

Microsoft Hyper-V上のCitrix ADM