Citrix Application Delivery Management 13.0

Citrix ADM とCitrix Directorの統合

Directorは、ネットワーク分析とパフォーマンス管理のためにCitrix ADM と統合されています。

  • ネットワーク分析では、Citrix ADM からHDX Insight レポートを取得し、ネットワークのアプリケーションとデスクトップビューを提供します。この機能を通じて、Directorは展開におけるICAトラフィックの詳細な分析ビューを提供します。

  • パフォーマンス管理機能により、履歴保持および傾向に関するレポートを生成できます。データの履歴保持とリアルタイム評価により、管理者はサーバーのキャパシティとヘルスに関する傾向レポートを作成できます。

Citrix ADM をDirectorと統合すると、HDX Insight レポートでDirectorに次の情報が提供されます。

  • [Trends]ページの[Network]タブには、展開におけるアプリケーション、デスクトップ、ユーザーに対する遅延と帯域幅の影響の情報が表示されます。

  • [User Details]ページには、特定のユーザーセッションに特化した遅延と帯域幅情報が表示されます。

前提条件

HDX Insight からCitrix ADM への移行のハードウェア要件

コンポーネント 条件
RAM 32 GB
仮想CPU 8
ストレージ領域 500GBかCitrix ADM 展開では、ソリッドステートドライブ(SSD)テクノロジを使用することをお勧めします。
仮想ネットワーク インターフェイス 1
スループット 1Gbpsまたは100Mbps

ソフトウェア要件

Citrix ADM 仮想アプライアンスに移行する前に、次の要件が満たされていることを確認します。

  • Directorバージョン 1811 がインストールされている

  • NetScaler HDX Insight Version 10.1以降がインストールされている。

  • HDX Insight とCitrix ADM がCitrix VDAバージョン7.0以降をサポート

  • Citrix Workspace は、Citrix Virtual Apps and Desktops バージョン7.0以降でサポートされています

  • MAC Citrix Receiver for Mac Version 11.8以降およびWindows Citrix Receiver for Windows 14.0以降が有効であり、正確なICA RTTの測定基準を表示できる。

  • Citrix ADM バージョン 11.0 以降がインストールされます。Citrix ADMのインストール方法について詳しくは、Citrix ADM の導入を参照してください。

制限事項

  • この機能は、組織のライセンスおよび管理者権限によっては使用できない場合があります。

  • ICAセッションRTT(Round Trip Time:往復時間)のデータは、Citrix Receiver for Windows 3.4以降およびCitrix Receiver for Mac 11.8以降の場合、正確に表示されます。これらのバージョンよりも前のバージョンのReceiverについては、正確なデータが表示されません。

  • [Trends]ビューでは、7よりも前のバージョンのVDAに対してはHDX接続のログオンデータが収集されません。以前のバージョンのVDAについては、チャートデータが0として表示されます。

  • 500GB未満の記憶域の外部ハードディスクが既に存在する展開に対して、追加ハードディスクは設定できません。

Citrix ADM とCitrix Directorの統合