Citrix Application Delivery Management 13.0

Citrix ADM 単一サーバー展開を高可用性展開に移行する

Citrix ADM 単一サーバーを、2台のCitrix ADMサーバーの高可用性展開にアップグレードできます。Citrix ADM サーバーの高可用性ペアはアクティブ/パッシブモードであり、両方のサーバーの構成は同じです。このタイプのアクティブ/パッシブ展開では、一方のCitrix ADM サーバーがプライマリノードとして構成され、もう一方はセカンダリノードとして構成されます。何らかの理由でプライマリノードがダウンした場合、セカンダリノードが引き継ぐ。

Citrix ADM 単一サーバーを高可用性ペアに移行するには、新しいCitrix ADM サーバーノードをプロビジョニングし、それを2番目のCitrix ADM単一サーバーとして構成し、両方のCitrix ADMサーバーを高可用性ペアとして展開する必要があります。

Citrix ADM 単一サーバーを高可用性モードに移行するには、次の手順に従います。

  1. 既存のサーバーノードを変更します

  2. 2台目のサーバーノードをプロビジョニングします

  3. HAモードで2つのノードを展開します

  4. 高可用性ペアの設定

既存のCitrix ADM サーバーノードを変更する

Citrix ADM を単一サーバーから高可用性モードに移行するには、サーバーノードの初期展開タイプを高可用性モードに変更する必要があります。

  1. ワークステーションまたはラップトップで、既存のCitrix ADM サーバーノードのコンソールを開きます。たとえば、IPアドレスが10.106.171.17のCitrix ADM をスタンドアロンサーバーとして展開したとします。

  2. Citrix ADM にログオンします。デフォルトの資格情報はnsrootとnsrootです。

  3. シェルプロンプトで、 /mps/deployment_type.pyと入力し、 Enterキーを押します。

  4. 展開の種類をCitrix ADM サーバーとして選択します。デフォルトでは、オプションを選択しない場合は、サーバーとして展開されます。

    ローカライズされた画像

  5. デプロイメントコンソールで、サーバーデプロイメントを選択するよう求められます(スタンドアロンとして)。「 No 」と入力して、展開を高可用性ペアとして確認します。

  6. (最初のサーバーノード)を選択するかどうかを尋ねるメッセージがコンソールに表示されます。「Yes」と入力して、ノードを最初のサーバーノードとして確定します。

  7. サーバーを再起動するかどうかを尋ねるメッセージがコンソールに表示されます。

  8. 「Yes」 と入力して再起動します。

    ローカライズされた画像

2番目のサーバ・ノードのプロビジョニング

ハイパーバイザー上に2台目のサーバーをプロビジョニングする必要があります。1台目のサーバーのインストールに使用したものと同じイメージファイルを使用するか、同じバージョンのイメージファイルをCitrixのダウンロードサイトから取得します。

  1. イメージファイルをHypervisor にインポートし、[Console] タブから、次の画面の説明に従って初期ネットワーク構成オプションを設定します。

    ローカライズされた画像

  2. 必要な IP アドレスを指定した後、シェルプロンプトで /mps/deployment_type.py と入力し、Enter キーを押します。

  3. 展開の種類を Citrix ADM サーバーとして選択します。

  4. デプロイメントコンソールで、サーバーデプロイメントを選択するよう求められます(スタンドアロンとして)。「 No 」と入力して、展開を高可用性ペアとして確認します。

    ローカライズされた画像

  5. (最初のサーバーノード)を選択するかどうかを尋ねるメッセージがコンソールに表示されます。「 No 」と入力して、ノードを2番目のサーバ・ノードとして確認します。 ローカライズされた画像

  6. 最初のサーバーの IP アドレスとパスワードを入力します。

    ローカライズされた画像

  7. 最初のノードのフローティング IP アドレスを入力します。

    ローカライズされた画像

  8. コンソールに、システムの再起動を求めるメッセージが表示されます。「Yes」 と入力して再起動します。

2 台のサーバを高可用性モードで展開する

2つのサーバーノードを高可用性ペアとしてインストールするには、既存のCitrix ADM サーバーノードのGUIからこれらのノードを展開する必要があります。2台のサーバー間の内部通信は、2つのサーバーノードを展開した時点で開始されます。

  1. Webブラウザで、既存のCitrix ADM サーバーノードのIPアドレスを入力します。

  2. [User Name][Password] の各フィールドに管理者の資格情報を入力します。

  3. [ システム ] タブで、[配置] に移動し、[ **配置**] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  4. 確認のメッセージが表示されます。[Yes] をクリックします。

    ローカライズされた画像

    Citrix ADM を高可用性で展開した後、プライマリノードまたはフローティングIPアドレスにアクセスできます。12.1 リリース以降では、セカンダリノードにアクセスできません。

  5. 2 番目のサーバーノードを構成するときにフローティング IP を入力しましたが、[ システム ] ページで FIP を更新するオプションがあります。[ HA 設定 ] > [ 高可用性モードのフローティング IP アドレスの設定] をクリックします。前に設定したフローティング IP アドレスを表示できます。新しい IP アドレスを入力して [ OK] をクリックします。

    ローカライズされた画像

Citrix ADM 単一サーバー展開を高可用性展開に移行する