Citrix Application Delivery Management

ADM サーバーをプールされたライセンスサーバーとしてのみ構成する

管理者は、プールされたライセンスサーバーとしてのみ ADM サーバーを構成できます。この設定では、ADM サーバは ADC インスタンスからライセンスデータのみを受信します。

場合によっては、ADC インスタンスのデータを規制区域から退出することを制限する必要がある規制要件がある場合があります。このような状況では、規制区域に ADM オンプレムサーバーのローカルインスタンスをデプロイして、管理、監視、および分析機能を使用できます。同じ方法でプールライセンス機能を使用する場合は、プールされたライセンスをさまざまな ADM ライセンスサーバー間で分割する必要があります。この方法では、グローバルにデプロイされた ADC インスタンスにプールされたライセンスを柔軟に割り当てることはできません。

したがって、ADM サーバはプールされたライセンスサーバとしてのみ構成します。ADM サーバは、すべての ADC インスタンスからライセンスデータのみを受信します。そのため、規制要件を遵守し、グローバルにデプロイされた ADC インスタンスにプールされたキャパシティーライセンスを動的に割り当てることができます。

このドキュメントでは、ADM サーバをプールされたライセンスサーバとしてだけ設定する方法について説明します。

ADM サーバーをプールされたライセンスサーバーとしてのみ構成する方法

開始する前に、ADC インスタンスが ADM サーバに追加されていないことを確認してください。ステップ 4 を完了した後にのみ、ADC インスタンスを追加します。

プールされたライセンスサーバーだけの ADM サーバーを構成するには、次の手順を実行します。

  1. [ システム] > [管理]に移動します。

  2. [ システム構成 ] セクションで、[ システムの展開] を選択します。

  3. [ ADM 展開] で、 プールされたライセンスサーバーとして [ADM のみ] を選択します。

    Citrix ADMをライセンスサーバーとしてのみ使用

  4. [OK] をクリックします。

    このアクションでは、プールされたライセンス機能のみが保持され、次の ADM 機能が無効になります。

    • ADMバックアップ
    • イベントの管理
    • SSL証明書の管理
    • ネットワークレポート
    • ネットワーク機能
    • 構成監査

    注:

    既定では、ADM 分析機能は無効になっています。この機能を有効にしている場合は、必ず無効にしてください。

    確認ボックスで、[ はい] をクリックします。

    ADM GUI には、プールされたライセンス機能だけが表示されます。また、残りのフィーチャは表示されません。

  5. ライセンス機能だけに ADM を設定したら、[ ネットワーク] > [インスタンス] ページで ADC インスタンスを追加します

  • ADC インスタンスは、1 つ以上の ADM サーバに追加できます。このような ADC インスタンスのパスワードを変更する場合は、インスタンスが検出されたすべての ADM サーバーでパスワードを更新してください。

  • ユーザーは、ADM GUI で無効化された機能の一部の操作を実行できます。たとえば、イベントポーリングや ADC バックアップなどです。スーパー管理者として、このような操作を制限する場合は、適切なアクセスポリシーを使用して他の管理者のユーザーアクセスを無効にします。詳しくは、「 Citrix ADM でのアクセスポリシーの構成」を参照してください。

ADM サーバーをプールされたライセンスサーバーとしてのみ構成する