Citrix Application Delivery Management

Citrix SD-WAN インスタンスの追加

Citrix ADM にこれらのインスタンスを追加するには、Citrix SD-WAN SE/PEアプライアンスのAppFlow コレクターとしてCitrix ADM を構成します。Citrix SD-WAN SE/PE/AEアプライアンスは、Citrix ADMで管理されたインスタンスとして登録され、AppFlow レコードが収集されます。Citrix SD-WAN PEアプライアンスの場合、HDXテンプレートのみのTCPまたはHDXテンプレートのいずれかを有効にできます。HDXテンプレート専用のTCPは、マルチホップデータを提供します。HDX テンプレートはHDXデータを提供します。データセンターアプライアンスでのみ有効にしてください。

Citrix ADMは、個々のSD-WAN SE/PE/AEアプライアンス上でAppFlow コレクタとして構成できます。または、SD-WAN Centerを使用してCitrix ADMをAppFlow コレクタとして構成し、その構成を管理しているアプライアンスにエクスポートできます。

Citrix SD-WAN SE/PE/AEアプライアンスで、Citrix ADMをAppFlow owコレクタとして構成するには:

  1. SD-WAN SE/PE/AE Web インターフェイスで、[ 設定 ] > [ AppFlow/IPFIX] に移動します。

  2. [ 有効] を選択します。

    ローカライズされた画像

  3. [ データ更新間隔 ] フィールドで、AppFlowレポートがAppFlowコレクターにエクスポートされる時間間隔を分単位で指定します。

    Citrix ADM がAppFlow コレクタである場合、データの更新間隔は1分にする必要があります。  

  4. 次のいずれかを行います:

    • HDXを選択すると、HDX InsightデータがAppFlow コレクターに送信されます。これは、ブランチアプライアンスで有効にする必要があります。
    • マルチホップデータをAppFlow コレクタに送信するには 、HDXにのみTCP を選択します。

    HDX テンプレートオプションは、Citrix SD-WAN PEアプライアンスでのみ使用可能です。データセンターアプライアンス上で有効にする必要があります

  5. IPアドレス ]フィールドに、外部AppFlow コレクタシステム(Citrix ADM サーバー)のIPアドレスを入力します。

  6. [ Port] フィールドに、外部 AppFlow コレクタシステムがリッスンするポート番号を入力します。デフォルト値は4739です。

  7. Citrix ADM ]チェックボックスをオンにして、Citrix ADM をAppFlow コレクターに指定します。

    • Citrix ADMは現在、IPFIX収集をサポートしていません。

    • 最大4つのAppFlowコレクターを追加できます。Citrix ADM またはIPFIXプロトコルをサポートするAppFlow コレクタのいずれかです。

  8. Citrix ADM サーバーの資格情報を入力します。

  9. [ 設定の適用] をクリックします。

Citrix SD-WAN SE/PEアプライアンスが検出され、Citrix ADM に表示されます。Citrix SD-WAN SE/PEアプライアンスは、分析データをCitrix ADM に送信します。詳細については、「 AppFlow と IPFIX」を参照してください。

Citrix SD-WANセンターを使用してCitrix ADMをAppFlow コレクターとして構成するには:

  1. Citrix SD-WAN Center 管理UIで、[ 構成 ]>[アプライアンスの設定]に移動します。  

  2. AppFlow/IPFIX 」セクションに移動し、「ファイルに含める」を選択します。

  3. [ IPFIX /AppFlow 収集を有効にする] を選択します。

    ローカライズされた画像

  4. [ データ更新 間隔 ] フィールドで、AppFlowレポートがAppFlowコレクターにエクスポートされる時間間隔を分単位で指定します。

    Citrix ADM がAppFlow コレクタである場合、データの更新間隔は1分にする必要があります。

  5. 次のいずれかを行います:

    • HDXを選択すると、HDX InsightデータがAppFlow コレクターに送信されます。
    • マルチホップインサイトデータをAppFlow コレクタに送信するには 、HDX用TCP を選択します。これは、ブランチアプライアンスで有効にする必要があります。

    HDX テンプレートオプションは、Citrix SD-WAN PEアプライアンスでのみ使用できます。データセンターアプライアンス上で有効にする必要があります。

  6. IPFIX]/[AppFlow コレクタ ]フィールドに、外部AppFlowコレクタシステム(Citrix ADM サーバー)のIPアドレスを入力します。

  7. [ Port] フィールドに、外部 AppFlow コレクタシステムがリッスンするポート番号を入力します。デフォルト値は4739です。

  8. Citrix ADM ]チェックボックスをオンにして、Citrix ADM をAppFlow コレクターに指定します。

  9. Citrix ADM サーバーの資格情報を入力します。

    最大4つのAppFlowコレクターを追加できます。Citrix ADM またはIPFIXプロトコルをサポートするAppFlow コレクタのいずれかです。

  10. 構成を保存して、管理対象アプライアンスにエクスポートします。

    詳細については、「 アプライアンス設定を構成して管理アプライアンスにエクスポートする方法」を参照してください。

Citrix SD-WANセンター、AppFlow、 およびIPFIXを使用してCitrix ADMをAppFlowコレクタとして構成する方法の詳細については

Citrix SD-WAN SE/PEアプライアンスが検出され、Citrix ADM によってリストされます。 Citrix SD-WAN SE/PEアプライアンスが検出され、Citrix ADMに表示されます。検出されたCitrix SD-WAN SE/PEアプライアンスを表示するには、Citrix ADM Webインターフェイスで[ ネットワーク ]>[ インスタンス]>[Citrix SD-WAN]の順に選択し、[SD-WAN SE/PE/AE]を選択します。

ローカライズされた画像

検出されたアプライアンスのIPアドレス、名前、現在の状態、ソフトウェアエディション、およびバージョンを確認できます。アプライアンスがマスターコントローラーノード(MCN)かどうかも確認できます。

次の操作を実行できます。

  • インスタンスプロファイルの表示と削除。  
  • Citrix ADM からインスタンスを削除します。
  • インスタンスの再検出。

Citrix SD-WAN PEアプライアンスの場合、AppFlow の構成に応じて、HDXデータレコードまたはマルチホップデータを表示できます。Citrix SD-WAN SEアプライアンスは、マルチホップデータのみを提供します。詳しくは、「 HDX Insightレポートとメトリックの表示」およびマルチホップ展開用のCitrix SD-WAN Analyticsデータの表示」を参照してください。

Citrix SD-WAN インスタンスの追加

この記事の概要