Citrix Application Delivery Management 13.0

Citrix SD-WAN WANOP インスタンスのバックアップ

インスタンスの現在の状態をバックアップし、後でバックアップしたファイルを使用してインスタンスを同じ状態に復元できます。インスタンスをアップグレードする前に、または予防的な理由により、インスタンスをバックアップすることをお勧めします。安定したシステムのバックアップを使用すると、システムが不安定になった場合に備えて、システムを安定した状態に復元できます。Citrix SD-WAN WANOPインスタンスでバックアップとリストアを実行する方法は複数あります。GUI や CLI を使用してインスタンスを定期的にバックアップおよび復元したり、Citrix ADM を使用してバックアップを実行したりできます。Citrix ADMは、NITRO呼び出し、セキュアシェル(SSH)プロトコル、およびセキュアコピー(SCP)プロトコルを使用して、管理対象のCitrix SD-WAN WANOPインスタンスの現在の状態をバックアップします。

インスタンスバックアップ設定の構成

Citrix ADMでCitrix SD-WAN OPインスタンスのバックアップを取る前に、Citrix ADM でインスタンスのバックアップ設定を構成する必要があります。

インスタンスのバックアップ設定を構成するには、次の手順に従います。

  1. Citrix ADM で、[システム]>[ システム管理]に移動します。右側のペインの [ バックアップ設定] で、[ インスタンスのバックアップ設定] を選択します。

  2. [ インスタンスバックアップを有効にする] を選択します。このオプションは、デフォルトで有効になっています。

  3. バックアップファイルを暗号化するには、[ ファイルのパスワード保護 ] を選択します。バックアップファイルを暗号化すると、バックアップファイル内の機密情報が安全に保護されます。

  4. バックアップファイルの数]フィールドで、Citrix ADM で保持するバックアップファイルの数を指定します。最大 50 個のバックアップファイルを保持できます。

    各バックアップファイルには、いくつかのストレージ要件が必要です。要件に応じて、最適な数のバックアップファイルをCitrix ADM に保存することをお勧めします。

    ローカライズされた画像

  5. バックアップスケジュール設定を設定します。ここでは、次のいずれかオプションを選択できます:

    • 間隔ベース -指定した間隔が経過すると、Citrix ADM でバックアップファイルが作成されます。デフォルトのバックアップ間隔は12時間です。
    • Time Based :バックアップを実行する時刻を「時:分」形式で指定できます。Citrix ADM では、インスタンスで毎日バックアップを4回まで実行できます。

    ローカライズされた画像

    Citrix ADC 設定 ]セクションは無視してください。これらの設定は、Citrix SD-WAN WANOPインスタンスには適用されません。

  6. インスタンスのバックアップファイルを 外部の場所に転送するには、[Enable External Transfer] を選択します。次のフィールドに値を入力します。

    • サーバ:外部サーバの IP アドレス。
    • ユーザー名: 外部サーバーのユーザー名
    • パスワード:外部サーバーのパスワード。
    • ポート:外部サーバーとの通信に使用されるポート番号。
    • 転送プロトコル:Citrix ADM から外部サーバーにバックアップファイルを転送するために使用されるプロトコル。

    バックアップファイルを外部サーバーに転送した後、Citrix ADM から削除することもできます。

    ローカライズされた画像

  7. [ OK] をクリックします

    選択したCitrix SD-WAN WANOPインスタンスのいずれかにバックアップ障害が発生すると、Citrix ADMはSNMPトラップまたはSyslog通知を自身に送信します。

Citrix SD-WAN WANOP インスタンスのバックアップの作成

Citrix SD-WAN WANOPインスタンスのバックアップを作成する手順は、デフォルトのnsrootプロファイルを使用して管理ユーザーに適用されます。

カスタムユーザーがCitrix SD-WANOPインスタンスのバックアップを作成する方法については、このトピックの「カスタムユーザー用のCitrix SD-WAN WANOPインスタンスのバックアップを作成する」を参照してください。

詳しくは、Citrix SD-WAN WANOPインスタンスがCitrix ADM に追加されていることを確認します。Citrix ADM へのインスタンスの追加を参照してください。

Citrix SD-WAN WANOPインスタンスのバックアップを作成するには:

  1. Citrix ADM で、[ネットワーク ]>[インスタンス]>[Citrix SD-WAN]に移動します。

  2. SD-WAN WO]で、バックアップするCitrix SD-WAN OPインスタンスを選択し、[バックアップと復元]をクリックします。

    ローカライズされた画像

  3. [ファイルのバックアップ ] ページで、[バックアップ] をクリックします。

  4. 次のいずれかのオプションを使用して、バックアップファイルを暗号化します。

    • [ パスワードで保護されたファイル] を選択し、バックアップファイルを暗号化するためのパスワードを入力します。
    • インスタンスのバックアップ設定ページで指定した グローバルパスワード を使用するには、[Use Global Password] を選択します。
  5. [ バックアップの作成]をクリックします。

カスタムユーザー用のCitrix SD-WAN OPインスタンスのバックアップの作成

Citrix SD-WAN WANOPインスタンスで管理者権限を持つカスタムユーザーを作成した場合は、以下の手順に従ってインスタンスを追加し、Citrix ADM を使用してそのインスタンスをバックアップします。

カスタムユーザによるバックアップ操作は、400/800/1000WS/2000/2000WS/3000/4000/5000/4100/5100 SD-WAN WANOPプラットフォームではサポートされていない。

Citrix ADM でCitrix SD-WAN の高度なプラットフォームのバックアップを作成するときは、デフォルトのnsrootプロファイルを使用することをお勧めします。

Citrix SD-WAN WANOPインスタンスを追加し、カスタムユーザーのバックアップを作成するには:

  1. Citrix ADM で、[ネットワーク ]>[インスタンス]>[Citrix SD-WAN ]の順に選択し、[ SD WAN WO]を選択します。

  2. [追加] をクリックします。

  3. IPアドレス ]フィールドに、Citrix SD-WAN WANOPインスタンスのIPアドレスを入力します。

  4. [ プロファイル名 ] フィールドの横にある [ 追加 ] をクリックして、新しいプロファイルを作成します。[Citrix SD-WAN WOプロファイルの作成 ]ウィンドウが開きます。

    ローカライズされた画像

  5. [ プロファイル名] フィールドに、プロファイルの名前を入力します。

  6. [ User Name ] フィールドに、SD-WAN WANOP インスタンスに作成するカスタムユーザのユーザ名を入力します。

  7. [ Password] フィールドに、SD-WAN WANOP インスタンスでカスタムユーザーに設定するパスワードを入力します。

  8. [ Community ] フィールドに、SD-WAN WANOP アプライアンスで設定された SNMP 通信文字列を入力します(例:public)。

  9. [作成] をクリックします。

  10. [ プロファイル名 ] フィールドで、新しく作成したプロファイルを選択し、[ OK] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  11. [ネットワーク ] > [インスタンス ] > [ Citrix SD-WAN] に移動します。

  12. SD-WAN WOで、追加したCitrix SD-WAN OP インスタンスを選択し、[バックアップと復元] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  13. [ファイルのバックアップ ] ページで、[バックアップ] をクリックします。

  14. 次のいずれかのオプションを使用して、バックアップファイルを暗号化します。

    • [ パスワードで保護されたファイル] を選択し、バックアップファイルを暗号化するためのパスワードを入力します。
    • インスタンスのバックアップ設定ページで指定した グローバルパスワード を使用するには、[Use Global Password] を選択します。

    暗号化されたバックアップファイルはローカルコンピュータにダウンロードできますが、その内容は表示できません。Citrix ADM のみがこれらのバックアップファイルを復元するために使用できます。暗号化されたバックアップを復元すると、パスワードの入力が求められます。

  15. [ バックアップの作成] をクリックします。

    重要

    1.  Citrix SD-WAN WANOP VPXアプライアンスの場合、Citrix ADM はCBブローカー構成ファイルのみをバックアップします。 1.  高度なCitrix SD-WAN WANOPプラットフォームの場合、Citrix ADMでは次のバックアップが行われます。
    
    
    -  CB ブローカー設定ファイル -  NTP 構成ファイル -  DNS -  SNMPD 構成ファイル -  Syslog 構成ファイル -  SSL 証明書、キー、ポリシー -  SVM データベースファイル -  コンポーネント (XML 形式) -  リソース (XML 形式)
    

    各フォルダーでバックアップされるファイルは、以下の表に一覧表示されています。フォルダー名に「*」が続いている場合は、そのフォルダーのすべてのファイルがバックアップされることに注意してください。

    | ディレクトリ | サブディレクトリまたはファイル | |————-|—————————————————————————————————–| | /br_broker/ | CB-6bbb660a/ ws.conf | | /etc/ | resolv.conf | | /mps/ | mps_devices.xml | | /mpsconfig/ | ssl/*, ntp.conf, snmpd.conf, syslog.conf | | /mpsdb/ | mpsdb_dump.sql | | /ns/ | NS-6cbb660a/* | | /var/ | mps/policy/*, mps/ssl_certs/ sdx_default_ssl_cert, mps/ssl_keys/ sdx_default_ssl_key, mps/tenants/* |

Citrix SD-WAN WANOP インスタンスのバックアップ