Citrix Application Delivery Management 13.0

Citrix ADM にアクセスするためのデュアルNICの構成

Citrix ADM への管理アクセスを分離するために、2つ目のNICを構成できます。この2つ目のNIC機能を使用すると、要件に応じて、Citrix ADM 経由で送受信されるトラフィックを分離する方法を選択できます。

トラフィックを次の目的に分離するシナリオを考えてみましょう。

  • Citrix ADMとその管理対象のCitrix ADCインスタンス間のすべての通信を1つのネットワークで実行します。

  • 別のネットワーク内のCitrix ADM への管理アクセスを許可する。

このシナリオでは、管理者として次の操作を実行できます。

  • Citrix ADMとその管理対象Citrix ADCインスタンス間のトラフィックに1つのIPアドレスを構成します。

  • Citrix ADM ソフトウェアを管理するための別のIPアドレスを構成して、ソフトウェア内のすべての管理タスクを実行します。

Citrix ADM がHAペアとして構成されている場合、2番目のNICで構成された管理IPアドレスはプライマリノードに関連付けられます。

前提条件

  • ハイパーバイザー( Citrix Hypervisor、Microsoft Hyper-V、Linux KVM、VMware ESXi)にCitrix Hypervisor ADM 13.0 ビルド 47.x 以降 を展開および構成していることを確認します。

  • ハイパーバイザー(Citrix Hypervisor、Microsoft Hyper-V、Linux KVM、またはVMware ESXi)に2つ目のNICが追加されていることを確認します。

Citrix ADM で2つ目のNICを構成する

  1. ADM GUI にログオンします。

  2. [ システム ] > [ 管理] に移動します。

  3. [ ネットワーク構成] で、[ IP アドレス]、[2 番目の NIC]、[ホスト名]、[プロキシサーバー] の順にクリックします。

    NIC 構成

    ネットワーク構成 」ページが表示されます。

  4. [Second NIC] タブをクリックし、次のパラメータを設定します。

    1. アプリケーション配信管理IPアドレス 」— Citrix ADM にアクセスするための有効なIPアドレスを入力します。既存の管理IPアドレスとは別に、このIPアドレスを使用してCitrix ADM にアクセスできます。

    2. ネットマスク 」— ネットマスクアドレスを入力して、ネットワークホストを指定します。デフォルトのアドレスは 255.255.255.0 です。

    3. ネットワークアドレス 」— IPアドレスを入力して、Citrix ADMのルートエントリを追加します。IP アドレスを追加するには、[ + ] をクリックします。この情報は入力しなくても構いません。

    4. [保存] をクリックします。

      NIC の構成

Citrix ADM にアクセスするためのデュアルNICの構成