Citrix Application Delivery Management 13.0

Citrix ADCインスタンスの診断とトラブルシューティング

企業ネットワークに展開されたアプリケーションは、大規模なインフラストラクチャ内の数千台のバックエンドサーバーで実行され、これらのサーバーに送信されるトラフィックは、Citrix Application Delivery Controller(ADC)インスタンスで構成された仮想サーバーを通過し、仮想サーバーを使用して監視されます。また、各仮想サーバは、バックエンドサーバを表す複数のサービスにバインドされます。インフラストラクチャのサイズが大きくなると、サーバで受信される膨大な量のトラフィックに関連する問題を追跡し、必要なトラブルシューティングを絞り込むことが困難になります。

Citrix ADMの診断とトラブルシューティングを使用すると、仮想サーバーの状態、サービスの状態、AppFlowの構成など、構成された仮想サーバーに関連する問題があるCitrix ADCインスタンスを診断できます。

注意事項

Citrix SD WAN インスタンスおよびCitrix Gateway インスタンスはサポートされていません。  

Citrix ADCインスタンスを診断するには:

  1. 管理者の資格情報を使用してCitrix ADMにログインします。

  2. [ システム ] > [ 診断 ] > [ トラブルシューティング ] に移動します。

  3. [NetScaler の選択 ]フィールドで、使用可能なインスタンスからCitrix ADCインスタンスを選択し、[ 選択 ]をクリックします。

    注意事項

    検索オプションを使用して、Citrix ADMで検出されたCitrix ADCインスタンスを検索することもできます。

    ローカライズされた画像

  4. [ 診断] をクリックします。  

    Citrix ADC上のアプリケーションフロー構成は下に一覧表示されます。また、仮想サーバは、そのタイプに応じてグループ化され、それらに関する対応する問題が表示されます。

    ローカライズされた画像

    さらにドリルダウンして、仮想サーバーに関連する問題を確認できます。

    ローカライズされた画像

Citrix ADCインスタンスの診断とトラブルシューティング