Citrix Application Delivery Management

NTPサーバの構成

NTPサーバの構成

Citrix Application Delivery Management(ADM)でネットワークタイムプロトコル(NTP)サーバーを構成して、そのクロックをNTPサーバーと同期させることができます。NTPサーバーを構成すると、Citrix ADM クロックは、ネットワーク上の他のサーバーと同じ日付と時刻の設定になります。

Citrix ADM でNTPサーバーを構成するには:

  1. [System]>[NTP Servers]の順に選択して、[Add]をクリックします。
  2. [Create NTP Server]ページで、次の詳細情報を入力します。
    • Server Name/IP Address – NTPサーバーのドメイン名とIPアドレスを入力します。ここで入力したドメイン名とIPアドレスは、NTPサーバーを追加した後は変更できません。
    • Minimum Poll Interval – NTPメッセージの送信間隔の最小値を秒数(2のべき乗)で指定します。たとえば、最小ポーリング間隔を 64 秒(2^6 で表すことができる)にするには、6 を入力します。
    • Minimum Poll Interval – NTPメッセージの送信間隔の最大値を秒数(2のべき乗)で指定します。たとえば、最大ポーリング間隔を256秒にする場合、256は2の8乗であるため、「8」と入力します。
    • Key Identifier - NTPサーバーとの対称キー認証に使用するキー識別子を入力します。Autokeyを選択する場合は、キー識別子を追加しないでください。
    • Autokey - NTPサーバーとの公開キー認証を使用する場合は、[Autokey]を選択します。キー識別子を追加する場合は、Autokeyを選択しないでください。
    • Preferred – このNTPサーバーをクロック同期の優先サーバーとして指定する場合に、このオプションを選択します。2台以上のサーバーを構成する場合のみ適用されます。
  3. [Create] をクリックします。

    NTPサーバー

Citrix ADM でNTP同期を有効にするには:

  1. [System]>[NTP Servers]の順に選択します。
  2. [ NTP 同期化 ] をクリックし、[ NTP 同期を有効にする ] チェックボックスをオンにします。
  3. [OK] をクリックします。

    NTPを同期する

注:NTP ログメッセージは、/var/log/ntpd.log ファイルファイル内の /var/log ディレクトリにあります。

NTPサーバの構成

この記事の概要