Citrix Application Delivery Management 13.0

SSL 設定の構成

SSL(Secure Socket layer)とTLS(Transport Layer Security)は、ユーザーとサーバー間の暗号化通信を実現する、広く使用されているセキュリティネットワークプロトコルです。Citrix Application Delivery Management(ADM)でSSL設定を構成し、システムに接続するクライアントの種類を指定できます。

Citrix ADM SSL設定を構成するには:

  1. [System]>[System Administrations]の順に選択します。[System Settings][Configure SSL Settings]を選択します。
  2. [ SSL Settings] ページで、現在のプロトコル設定とシステムに適用されている暗号スイートを確認します。
  3. プロトコル設定を変更するには、[Edit Settings]>[Protocol Settings]の順に選択して、必要な変更を行います。
  4. 適用されている暗号の組み合わせを変更するには、[Edit Settings]>[Cipher Suites]の順に選択して、必要な変更を行います。
  5. [OK]をクリックし、[閉じる] をクリックします。
SSL 設定の構成