Citrix Application Delivery Management 13.0

デフォルト以外のユーザーのシェルアクセスを有効にする

Citrix Application Delivery Management(ADM)で、デフォルト以外のユーザーに対してシェルアクセスを有効にできます。この機能を使用し、インスタンスとの通信モードを有効にして、セットアップできます。

特に指定しない限り、デフォルト以外のユーザーに対してシェルアクセスは無効になっています。

Citrix ADM でデフォルト以外のユーザーのシェルアクセスを有効にするには:

  1. Citrix ADM で、[システム]>[ システム管理]に移動します。
  2. [System Settings][Change System Settings]をクリックします。
  3. [Modify System Settings]ページで次のパラメーターを構成します。
    • Communication with instances - 通信プロトコルを選択します。
    • セキュアアクセス -Citrix ADMのセキュアアクセスを有効にします。
    • Enable Session Timeout - 非アクティブなセッションを保持する期間を指定します。
    • Allow Basic Authentication - 基本認証プロトコルを使用して提供された資格情報を管理サービスが受け入れられるようにします。
    • Enable nsrecover Login - 管理サービスでnsrecoverログインを有効にします。
    • 証明書のダウンロードを有効にする -追加したCitrix ADC から証明書をダウンロードできます。
    • nsroot以外のユーザーのシェルアクセスを 有効にする:Citrix ADM でデフォルト以外のユーザーのシェルアクセスを有効にします。
    • インスタンスログインのユーザー資格情報を確認 する-ユーザーがCitrix ADM からインスタンスにログオンするときに、ユーザー資格情報の入力を許可します。
  4. [ OK] をクリックします
デフォルト以外のユーザーのシェルアクセスを有効にする