Citrix Application Delivery Management 13.0

Citrix ADM パスワードをリセットする方法

Citrix ADM パスワードをリセットする手順は、ホストされているハイパーバイザーによって異なる場合があります。デフォルトのパスワードを変更してデフォルトのパスワードにリセットする場合は、Citrix ADM ノードを再起動してパスワードをリセットできます。

XenCenter を使用するCitrix Hypervisor

  1. XenCenter を使用してCitrix Hypervisor にログオンします。

  2. [Citrix ADM]ノードを選択して右クリックし、[ 再起動]を選択します。

  3. [ コンソール ] タブで、 CTL キーを押しながら C キーを押 して、ブートシーケンスを中断します。

    パスワードのリセット

  4. OK プロンプトで boot-s コマンドを実行します。

    パスワードのリセット

    Citrix ADM が再起動し、次のメッセージが表示されます。

    パスワードのリセット

  5. Enter キーを押して、/u @プロンプトを表示します。

    パスワードのリセット

  6. 次のコマンドを使用して、フラッシュパーティションをマウントします。

    mount dev/ad0s1a /flash

    パスワードのリセット

  7. 次のコマンドを使用して、新しいファイルを作成します。

    touch /flash/mpsconfig/.recover

    これで、パスワードがデフォルトのパスワードにリセットされます。

  8. 再起動 ]コマンドを実行して、Citrix ADM を再起動します。

    パスワードのリセット

  9. Citrix ADM GUIにアクセスし、再起動が完了するまで待ちます。

    パスワードのリセット

    nsro ot/nsroot 認証情報を使用してGUIからログオンし、 nsrecover/nsroot を使用してHypervisor からログオンできるようになりました。

vSphere を使用する ESX:

  1. vSphere を使用して ESX にログオンします。

  2. [Citrix ADM]ノードを選択して右クリックし、[ 再起動]を選択します。

  3. [ コンソール ] タブで、 CTL キーを押しながら C キーを押 して、ブートシーケンスを中断します。

    パスワードのリセット

  4. [OK] プロンプトで boot-s コマンドを実行します。

    Citrix ADM が再起動します。

  5. Enter キーを押して、/u @プロンプトを表示します。

  6. 次のコマンドを使用して、フラッシュパーティションをマウントします。

    mount dev/da0s1a /flash

  7. 次のコマンドを使用して、新しいファイルを作成します。

    touch /flash/mpsconfig/.recover

    これで、パスワードがデフォルトのパスワードにリセットされます。

  8. 再起動 ]コマンドを実行して、Citrix ADM を再起動します。

  9. Citrix ADM GUIにアクセスし、再起動が完了するまで待ちます。

    パスワードのリセット

    nsro ot/nsroot 認証情報を使用してGUIからログオンし、 nsrecover/nsroot を使用してESXサーバからログオンできるようになりました。

Hyper-V マネージャーを使用する Hyper-V:

  1. Hyper-V マネージャーを使用して、Hyper-V にログオンします。

  2. [Citrix ADM]ノードを選択して右クリックし、[ 再起動]を選択します。

  3. [ コンソール ] タブで、 CTL キーを押しながら C キーを押 して、ブートシーケンスを中断します。

    パスワードのリセット

  4. OK プロンプトで boot-s コマンドを実行します。

    Citrix ADM が再起動します。

  5. Enter キーを押して、/u @プロンプトを表示します。

  6. 次のコマンドを使用して、フラッシュパーティションをマウントします。

    mount dev/ad0s1a /flash

  7. 次のコマンドを使用して、新しいファイルを作成します。

    touch /flash/mpsconfig/.recover

    これで、パスワードがデフォルトのパスワードにリセットされます。

  8. 再起動 ]コマンドを実行して、Citrix ADM を再起動します。

  9. Citrix ADM GUIにアクセスし、再起動が完了するまで待ちます。

    パスワードのリセット

    nsro ot/nsroot 認証情報を使用してGUIからログオンし、 nsrecover/nsroot を使用してHyper-Vマネージャからログオンできるようになりました。

Linux KVM サーバー (SSH クライアントを使用して KVM サーバーにSSH):

  1. SSHクライアントを使用してKVMサーバーにCitrix ADM にログオンします。

  2. Citrix ADM を再起動します。

  3. /boot/ default/loader.conf のメッセージが表示された直後にブートシーケンスを中断するには、 CTL キーを押しながら C キーを押します。

  4. OK プロンプトで、次のコマンドを実行します。

    set console='comconsole,vidconsole'

  5. boot-s コマンドを実行して、Citrix ADM を再起動します。

  6. 「 シェルのフルパスを入力してください」または「/bin/sh: のRETURN: 」というメッセージが表示されたら、 Enter キーを押して /u @ プロンプトを表示します。

  7. 次のコマンドを使用して、フラッシュパーティションをマウントします。

    mount dev/vtbd0s1a /flash

  8. 次のコマンドを使用して、新しいファイルを作成します。

    touch /flash/mpsconfig/.recover

    これで、パスワードがデフォルトのパスワードにリセットされます。

  9. 再起動 ]コマンドを実行して、Citrix ADM を再起動します。

  10. Citrix ADM GUIにアクセスし、再起動が完了するまで待ちます。

    パスワードのリセット

    nsro ot/nsroot 認証情報を使用してGUIからログオンし、 nsrecover/nsroot を使用してSSHコンソールからログオンできるようになりました。

Citrix ADM パスワードをリセットする方法