Citrix Application Delivery Management 13.0

構成テンプレートのインポートとエクスポート

構成テンプレートは、任意のCitrix Application Delivery Management(ADM)からエクスポートできます。このファイルは、今後いつでも同じまたは別のCitrix ADM にインポートすることもできます。構成テンプレートデータ(構成コマンド、変数定義、パラメータなど)は失われません。

構成テンプレートを .json ファイル形式にエクスポートし、ローカルフォルダに保存できます。構成テンプレートをインポートできます。json ファイルをCitrix ADM にアップロードします。このファイルは、新しいファイルか、同じCitrix ADMまたは他のCitrix ADM からエクスポートしたファイルである可能性があります。

構成テンプレートをエクスポートするには、次の手順に従います。

  1. [ ネットワーク] > [構成ジョブ] > [構成テンプレート] に移動します。

  2. [ 追加 ] ボタンをクリックして、構成テンプレートを作成します。

    ローカライズされた画像

  3. [ Create Configuration Template ] ページで、設定テンプレート名を指定し、インスタンスタイプを選択します。[ 構成エディタ] で、ドロップダウンメニューから [構成テンプレート] として構成ソースを選択します。既存の構成テンプレートを構成エディタにドラッグアンドドロップできます。[作成] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  4. [ ネットワーク] > [構成ジョブ] > [構成テンプレート ] に移動して、構成テンプレートのリストで作成されたテンプレートを表示します。

    ローカライズされた画像

  5. 新しく作成した構成テンプレートを選択し、[ Export ] ボタンをクリックします。

    ローカライズされた画像

対応する構成テンプレートが .json 形式でローカルシステムにダウンロードされます。

構成テンプレートをインポートするには、次の手順に従います。

  1. [ ネットワーク] > [構成ジョブ] > [構成テンプレート ] に移動し、[ インポート ] ボタンをクリックします。構成テンプレートの.jsonファイルがあるパスを選択し.jsonファイルをアップロードします。エクスポート済みの.jsonファイルをアップロードすることをお勧めします。

    ローカライズされた画像

  2. 構成エディタの [ ファイル ] オプションを使用して、構成テンプレートをインポートすることもできます。

  3. 設定エディタの ドロップダウンメニューから「 ファイル」を選択します。

  4. [ ファイルを選択 ] (.json ファイル) を作成し、設定テンプレートをアップロードします。json ファイルを使用します。

    ローカライズされた画像

    • 新しいインポートされたテンプレートはすべて、新しい id 文字列で保存されます。

    • 構成テンプレートをインポートできるのは、ファイルがに保存されている場合だけです。json 形式です。.json ファイル以外の構成テンプレートをローカルシステムからインポートすると、エラーが表示され、ファイルのインポートに失敗します。

構成テンプレートのインポートとエクスポート