Citrix Application Delivery Management

組み込みテンプレートを使用して構成されたジョブを再スケジュールする

Citrix Application Delivery Management(ADM)の組み込みテンプレートを使用して、スケジュールしたジョブを再スケジュールできます。たとえば、コマンドが失敗した場合にCitrix ADM が実行する必要があるアクションを変更できます。エラーを無視して続行するように設定していた場合、その設定を、1つのコマンドが失敗したらすべての成功したコマンドをロールバックするように変更できます。

Citrix ADM で組み込みテンプレートを使用して構成されたジョブを再スケジュールするには

  1. Citrix ADM で、[ ネットワーク ]>[ 構成ジョブ]に移動します。

  2. インスタンスを編集、追加、または削除するジョブを選択し、変数値を指定してから、実行アクションと設定を変更します。

  3. [Finish]をクリックしてジョブを再スケジュールします。

ジョブを選択して [ Execute Again ] をクリックすると、ソース、インスタンス、コマンドを変更せずにジョブを実行することもできます。この機能は、同じインスタンスで同じコマンドセットを実行する必要がある場合に便利です。場合によっては、ジョブがサーバー側から一時的なエラーが発生し、ジョブを再度実行する必要がある場合があります。

組み込みテンプレートを使用して構成されたジョブを再スケジュールする