Citrix Application Delivery Management 13.0

実行された構成ジョブを再利用

設定ジョブを使用すると、1 つ以上の管理対象インスタンスで実行できる設定コマンドのセットを作成できます。また、保存した構成ジョブのコマンド、パラメーター、構成ソース、インスタンスを変更してから、そのジョブの同様のセットを実行することもできます。これは、同じコマンドセットを別のインスタンスで実行する必要がある場合や、ジョブでエラーが発生して以降の実行を停止する場合に便利です。

Citrix Application Delivery Management(ADM)には、完了したジョブを再度実行する機能があります。この機能を使用すると、実行が完了したジョブの名前を変えることなく、ジョブを再実行できます。

注: 再実行できるのは、実行モードが「Now」の場合に実行されるジョブのみです。

完了したジョブを編集するには、次の手順に従います。

  1. Citrix ADM ホームページから、[ ネットワーク]>[ 構成ジョブ]に移動します。

  2. ジョブ 」ページで、「実行サマリー」が「完了」と表示されるジョブを選択し、「 編集」をクリックします。スケジュール指定された構成ジョブも編集できます。

  3. [Configure Job]ページで、[Job Name]と[Instance Type]が編集できないことを確認できます。構成ソースをはじめとするその他のフィールドの変更、インスタンスの追加、変数値の編集、実行設定の指定を行うことができます。

  4. [ 完了 ] をクリックして、構成ジョブを再度実行します。

    ローカライズされた画像

ジョブを選択し、もう一度 [ Execute ] をクリックすると、ソース、インスタンス、コマンドを変更せずにジョブを実行することもできます。これは、同じインスタンス群に対して同じコマンドセットを実行する必要がある場合に便利です。場合によっては、ジョブがサーバー側から一時的なエラーが発生し、ジョブを再度実行する必要がある場合があります。

ローカライズされた画像

実行された構成ジョブを再利用