Citrix Application Delivery Management 13.0

Citrix ADC インスタンスのバックアップと復元

Citrix ADC インスタンスの現在の状態をバックアップし、後でバックアップしたファイルを使用して同じ状態に復元できます。インスタンスをアップグレードする前に、または予防的な理由により、必ずインスタンスをバックアップしてください。安定したシステムのバックアップを使用すると、不安定になった場合に、安定した状態に復元できます。

Citrix ADC インスタンスでバックアップおよびリストアを実行する方法は複数あります。GUIとCLIを使用して、Citrix ADC 構成を手動でバックアップおよび復元できます。また、Citrix ADM を使用して自動バックアップと手動リストアを実行することもできます。

Citrix ADM は、NITRO コールとセキュアシェル(SSH)プロトコルとセキュアコピー(SCP)プロトコルを使用して、管理対象Citrix ADC インスタンスの現在の状態をバックアップします。

Citrix ADM は完全なバックアップを作成し、次のCitrix ADC インスタンスタイプを復元します。

  • Citrix SDX

  • Citrix VPX

  • Citrix MPX

  • Citrix BLX

詳しくは、ADCインスタンスのバックアップと復元 を参照してください。

  • Citrix ADM プロファイルに、ADCインスタンスのバックアップと復元に対する管理者アクセス権があることを確認します。

  • Citrix ADM では、Citrix ADC クラスターでバックアップと復元操作を実行できません。

  • あるインスタンスから取られたバックアップファイルを、異なるインスタンスを復元するために使用することはできません。

バックアップファイルは、圧縮された TAR ファイルとして次のディレクトリに保存されます。

/var/mps/tenants/root/device_backup/

ディスク領域が利用できないことによる問題を回避するために、このディレクトリには、ADC インスタンスごとに最大 50 個のバックアップファイルを保存できます。

Citrix ADC インスタンスをバックアップおよび復元するには、まずCitrix ADM でバックアップ設定を構成する必要があります。設定を構成したら、単一のCitrix ADC インスタンスまたは複数のインスタンスを選択して、これらのインスタンスに構成ファイルのバックアップを作成できます。必要に応じて、これらのバックアップファイルを使用してCitrix ADC インスタンスを復元することもできます。

インスタンスのバックアップ設定の構成

インスタンスのバックアップ設定 ]ページでは、選択したCitrix ADCインスタンスまたは複数のインスタンスをバックアップするためのCitrix ADMの設定を構成できます。

  1. Citrix ADM で、[ システム ]>[ 管理]に移動します。

  2. [ バックアップ] で、[ システムとインスタンスのバックアップの設定] を選択します。

  3. [ インスタンス ] を選択し、次の項目を指定します。

    • インスタンスバックアップを有効にする:デフォルトでは、Citrix ADM はCitrix ADC インスタンスのバックアップを作成するために有効になっています。インスタンスのバックアップファイルを作成しない場合は、このオプションをクリアしてください。

    • パスワード保護ファイル:(オプション)パスワード保護オプションを選択して、バックアップファイルを暗号化します。バックアップファイルを暗号化すると、バックアップファイル内のすべての機密情報が安全になります。

      暗号化されたバックアップファイルはローカルマシンにダウンロードできますが、Citrix ADM GUIまたはテキストエディタで開くことはできません。このファイルは、Citrix ADM だけで取得して使用することができます。暗号化されたバックアップファイルを復元する場合は、パスワードを入力するように要求されます。暗号化されていないバックアップファイルは、システム上で開くことができます。

    • 保持するバックアップファイルの数:Citrix ADM で保持するバックアップファイルの数を指定します。1 つの ADC インスタンスにつき、最大 50 個のバックアップファイルを保持できます。デフォルトでは、バックアップファイルは3つです。

      各バックアップファイルは、いくつかのストレージ要件を占めています。要件に応じて、Citrix ADCバックアップファイルを最適な数のCitrix ADM に保存することをお勧めします。

      インスタンスのバックアップを指定する

    • バックアップのスケジュール設定: (オプション) バックアップファイルの作成には 2 つのオプションがありますが、一度に使用できるオプションは 1 つだけです。

      1. デフォルトのバックアップスケジュールオプションは、「間隔ベース」です。指定した間隔が経過すると、Citrix ADM でバックアップファイルが作成されます。デフォルトのバックアップ間隔は12時間です。

      2. スケジュール・バックアップのタイプを「時間ベース」に変更することもできます。このオプションでは、指定した時刻にインスタンスをバックアップする時刻を hours:minutes フォーマットで指定します。Citrix ADM では、インスタンスで毎日バックアップを4回まで実行できます。

      インスタンスのバックアップをスケジュールする

    • Citrix ADC 設定:(オプション)デフォルトでは、Citrix ADM は「NetScalerConfigSave」トラップを受信したときにバックアップファイルを作成しません。ただし、Citrix ADCインスタンスがCitrix ADM に「NetScalerConfigSave」トラップを送信するたびに、バックアップファイルを作成するオプションを有効にできます。Citrix ADC インスタンスは、インスタンスの構成が保存されるたびに「NetScalerConfigSave」を送信します。

    • ジオデータベースファイル:(オプション)デフォルトでは、Citrix ADM はジオデータベースファイルをバックアップしません。このオプションを有効化して、これらのファイルもバックアップファイルを作成することができます。

      Citrix ADC 設定の指定

    • 外部転送:(オプション)Citrix ADM では、Citrix ADC インスタンスのバックアップファイルを外部の場所に転送できます。

      1. ロケーションの IP アドレスを指定します。

      2. バックアップファイルの転送先となる外部サーバのユーザ名とパスワードを指定します。

      3. 転送プロトコルとポート番号を指定します。

      4. ファイルを格納するディレクトリパスを指定できます。

      5. オプションで、バックアップファイルを外部サーバーに転送した後、Citrix ADM から削除することもできます。

      外部転送の詳細の指定

      選択したCitrix ADCitrix ADC インスタンスのバックアップに失敗すると、Citrix ADMはSNMPトラップまたはSyslog通知を自身に送信します。

Citrix ADCitrix ADM を使用して、選択したCitrix ADC インスタンスのバックアップを作成する

選択したCitrix ADC インスタンスまたは複数のインスタンスをバックアップする場合は、次のタスクを実行します。

  1. Citrix ADM で、[ネットワーク ] > [インスタンス] に移動します。[インスタンス]で、画面に表示するインスタンスのタイプ(Citrix VPXなど)を選択します。

  2. バックアップするインスタンスを選択します。

    • MPX、VPX、BLXインスタンスの場合は、[ アクションの選択]リストから[ バックアップ/復元 ]を選択します 。

    • SDX インスタンスの場合は、[ バックアップ/復元] をクリックします。

  3. [ファイルのバックアップ] ページで、[バックアップ] をクリックします。

  4. セキュリティを強化するために、バックアップファイルを暗号化するかどうかを指定できます。パスワードを入力するか、 インスタンスのバックアップ設定ページ上で以前に指定したグローバルパスワードを使用できます。

  5. [続行] をクリックします。

Citrix ADMを使用してCitrix ADCインスタンスを復元する

注:高可用性ペアにCitrix ADC インスタンス

がある場合は、次の点に注意する必要があります。

  • バックアップファイルの作成元と同じインスタンスを復元します。たとえば、HAペアのプライマリ・インスタンスからバックアップが作成されたシナリオを考えてみましょう。リストア・プロセス中に、プライマリ・インスタンスでなくなった場合でも、同じインスタンスをリストアしていることを確認します。

  • プライマリ ADC インスタンスで復元プロセスを開始すると、プライマリインスタンスにアクセスできず、セカンダリインスタンスは STAYSECTARY に変更されます。プライマリインスタンスで復元プロセスが完了すると、セカンダリ ADC インスタンスは STAY SECTARY モードから ENABE NA BD モードに変わり、再び HA ペアの一部になります。リストア・プロセスが完了するまで、プライマリ・インスタンスのダウンタイムが発生する可能性があります。

以前に作成したバックアップファイルを使用してCitrix ADC インスタンスを復元するには、次のタスクを実行します。

  1. [ネットワーク ] > [インスタンス] に移動し、復元するインスタンスを選択し、[バックアップを表示] をクリックします。

  2. [バックアップファイル] ページで、復元する設定を含むバックアップファイルを選択し、[復元] をクリックします。

    バックアップファイルの表示

Citrix ADMを使用してCitrix ADC SDXアプライアンスを復元する

Citrix ADM では、Citrix ADC SDXアプライアンスのバックアップには次のものが含まれます。

  • アプライアンスでホストされているCitrix ADC インスタンス
  • SVM SSL証明書とキー
  • Instanceの削除設定(XML形式)
  • Instanceのバックアップ設定(XML形式)
  • SSL証明書ポーリング設定(XML形式)
  • SVM データベースファイル
  • SDX上に存在するデバイスのCitrix ADC 構成ファイル
  • Citrix ADC ビルドイメージ
  • Citrix ADC XVAイメージの場合、これらのイメージは次の場所に保存されます。 /var/mps/sdx_images/
  • SDX単一バンドルイメージ(SVM+XS)
  • サードパーティのインスタンスイメージ(プロビジョニングされている場合)

Citrix ADC SDXアプライアンスをバックアップファイルで使用可能な構成に復元します。アプライアンスの復元中に、現在の構成全体は削除されます。

別のCitrix ADC SDXアプライアンスのバックアップを使用してCitrix ADC SDXアプライアンスを復元する場合は、復元プロセスを開始する前に、ライセンスを追加し、バックアップファイルの設定と一致するようにアプライアンスの管理サービスのネットワーク設定を構成してください。

SDXアプライアンスをリストアする前に、バックアップされたSDXアプライアンス・プラットフォーム・バリアントがアプライアンスと同じであることを確認します。異なるプラットフォームのバリアントでは復元できません。

注:

SDX RMAアプライアンスをリストアする前に、バックアップしたバージョンがRMAバージョンと同じかそれ以上であることを確認します。

バックアップしたファイルからSDXアプライアンスを復元するには:

  1. Citrix ADM GUIで、[ ネットワーク]>[インスタンス]>[Citrix ADC]に移動します。

  2. [ バックアップ/復元] をクリックします。

  3. 復元する同じインスタンスのバックアップファイルを選択します。

  4. [ バックアップを再パッケージ] をクリックします。

    バックアップしたファイルを再パッケージ化してSDXアプライアンスを復元する

    SDXアプライアンスをバックアップすると、XVAファイルとイメージは別々に保存され、ネットワーク帯域幅とディスク容量が節約されます。したがって、SDX アプライアンスを復元する前に、バックアップファイルを再パッケージ化する必要があります。

    バックアップファイルを再パッケージ化すると、SDX アプライアンスを復元するために、すべてのバックアップファイルが一緒に含まれます。再パッケージされたバックアップファイルは、SDX アプライアンスの正常なリストアを保証します。

  5. 再パッケージするバックアップファイルを選択し、[ Restore] をクリックします。

Citrix ADC インスタンスのバックアップと復元