Citrix Application Delivery Management 13.0

ネットワーク機能レポートのエクスポートまたはスケジュール設定

Citrix Application Delivery Management(ADM)では、負荷分散、コンテンツスイッチング、キャッシュリダイレクト、グローバルサーバー負荷分散(GSLB)、認証、Citrix Gateway などの特定のネットワーク機能に関する包括的なレポートを生成できます。このレポートでは、Citrix ADC インスタンス、パーティション、およびネットワークに存在する対応するバインドされたエンティティ(仮想サーバー、サービスグループ、サービス)間のマッピングの概要を表示できます。これらのレポートは、.csv ファイル形式でエクスポートできます。

このレポートには、次の仮想サーバデータが表示されます。

  • NetScaler の IP アドレス

  • ホスト名

  • パーティション・データ

  • 仮想サーバ名

  • 仮想サーバのタイプ

  • 仮想サーバ

  • ターゲット LB 仮想サーバー

コンテンツスイッチとキャッシュリダイレクト仮想サーバーの場合、[ターゲット LB 仮想サーバー] 列には、すべての LB サーバー、つまり既定のサーバーとポリシーベースのサーバーの両方が表示されます。

  • サービス名
  • サービスグループ名

これらのレポートを指定された電子メールアドレスに異なる間隔でエクスポートするようにスケジュールできます。

  • GSLB仮想サーバーの場合、ネットワーク機能レポートにはGSLB仮想サーバーと関連サービスのみが表示されます。
  • コンテンツスイッチングおよびキャッシュリダイレクト仮想サーバーの場合、レポートには関連付けられた LB サーバーへのバインディングのみが表示されます。
  • SSL仮想サーバーはこのレポートには表示されません。これは、Citrix ADM でSSL仮想サーバーの一覧が保持されていないためです。
  • 新しいレポートが生成されると、古いレポートは自動的にアカウントから削除されます。
  • HAProxy のネットワーク機能レポートを生成することはできません。

ネットワーク機能レポートをエクスポートおよびスケジュールする手順は、次のとおりです。

  1. [ネットワーク] > [ネットワーク機能] に移動します。

  2. [ネットワーク機能 ] ページの右ペインで、ページの右上隅にある [レポートの生成] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  3. [ レポートの生成 ] ページには、次の 2 つのオプションがあります。

    1. [ 今すぐエクスポート ] タブを選択し、[ OK] をクリックします。レポートがシステムにダウンロードされます。

      ローカライズされた画像

      次の図は、ネットワーク機能レポートの例を示しています。

      ローカライズされた画像

    2. レポートの生成とエクスポートを定期的にスケジュールするには、[レポートのスケジュール]タブを選択します。レポート生成の繰り返し設定を指定し、レポートのエクスポート先のメールプロファイルを作成します。

      1. 繰り返し-ドロップダウンリストボックスから [毎日]、[]、または [毎月] を選択します。

      2. [繰り返し時間]: 時刻を 24 時間形式で入力します。

      3. 電子メールプロファイル-ドロップダウンリストボックスからプロファイルを選択するか、[**+**] をクリックして電子メールプロファイルを作成します。

[ スケジュールを有効にする ] をクリックしてレポートをスケジュールし、[ OK] をクリックします。[ Enable Schedule ]チェックボックスをクリックすると、選択したレポートを生成できます。

ローカライズされた画像

ネットワーク機能レポートのエクスポートまたはスケジュール設定