Citrix Application Delivery Management 13.0

Cisco ACIハイブリッドモードでCitrixのADMを使用するCitrix ADC オートメーション

Cisco ACIでは、バージョン1.3(2f)でハイブリッドモードのサポートが導入されています。ハイブリッドモードでは、アプリケーションポリシーインフラストラクチャコントローラー(APIC)を使用してネットワークの自動化を実行しながら、L4-L7構成をCitrix Application Delivery Management(ADM)に委任できます。ADM(ADM)は、APICのDevice Managerとして機能します。

Citrix ADC ハイブリッドモードソリューションは、ハイブリッドモードのデバイスパッケージとCitrix ADM でサポートされています。APICのハイブリッドモードデバイスパッケージをアップロードする必要があります。このパッケージは、Citrix ADC のすべてのネットワークL2-L3構成可能なエンティティを提供します。アプリケーションのパリティは、Citrix ADM からAPICにStyleBookによってマッピングされます。つまり、StyleBookは、特定のアプリケーションのL2~L3構成およびL4~L7構成間の参照として機能します。Citrix ADC APICからネットワークエンティティを構成するときは、StyleBook名を指定する必要があります。

次の図は、ハイブリッドモードソリューションにおけるCitrix ADC 概要を示しています。

ローカライズされた画像

ハイブリッドモードでは、Citrix ADC 構成は次の2つのフェーズで実行されます。

  1. Cisco APICからネットワーク切り替えを実行する。

  2. 構成はCitrix ADM から行います。

どのアプリケーションの場合も、ネットワーク管理者は、Cisco APICでサービスグラフを作成および展開するときに、IPアドレス、ポート、VLAN(自動)などの特定の情報を指定する必要があります。これらの構成の詳細はデバイスパッケージを介してCitrix ADM にプッシュされ、Citrix ADMが内部的に処理し、Citrix ADC を構成します。アプリケーション管理者は、Citrix ADMのStyleBookを使用してアプリケーションのADC関連構成を作成し、これらの構成をCitrix ADMからCitrix ADC にプッシュします。Cisco APIC および Citrix ADM は、管理ネットワークを介して ADC と通信します。

次の図は、ハイブリッドソリューションにおけるCitrix ADC ワークフローを示しています。

ローカライズされた画像

Cisco ACIハイブリッドモードでCitrixのADMを使用するCitrix ADC オートメーション