Citrix Application Delivery Management 13.0

APIC からのエンドポイントイベントのアタッチとデタッチ

ハイブリッドモードソリューションでは、Cisco APICからの接続/接続解除エンドポイントイベントを暗黙的に処理します。Cisco APICがエンドポイント接続イベントをトリガーすると、Citrix Application Delivery Management(ADM)のStyleBookによってservicegroup_servicegroupmember_bindingが自動的にトリガーされ、エンドポイントはデタッチエンドポイントのイベント中にバインド解除されます。

さらに、Cisco APICでエンドポイント接続または接続解除イベントがトリガーされる前に、Citrix ADMにL4-L7構成を展開していない場合、ソリューションはデータベース内の接続IPアドレスを保持します。これらのIPアドレスは、StyleBook経由でサービスグループが作成された後、対応するサービスグループにバインドされます。

APIC からのエンドポイントイベントのアタッチとデタッチ