Citrix Application Delivery Management 13.0

NSX Manager:Citrix ADC インスタンスの手動Provisioning

Citrix Application Delivery Management(ADM)は、VMware ネットワーク仮想化プラットフォームと統合され、Citrix ADC サービスの展開、構成、管理を自動化します。この統合により、物理ネットワークトポロジーに伴う従来の複雑さが解消され、vSphere/vCenter管理者はプログラムによりCitrix ADC サービスを迅速に展開できます。

この記事では、VMware NSX Manager と Citrix ADM の両方で実行する必要があるタスクの一覧について説明します。

注:

VMware NSX for vSphere 6.2 以降がインストールおよび構成されており、ロードバランシングする必要があるエッジゲートウェイ、分散論理ルーター、および仮想マシンがすでに作成されていることを確認します。

前提条件

  • 最小要件を満たすハードウェアでVMware ESXi Version 4.1以降をインストールします。

  • 最小システム要件を満たす管理用のワークステーションにVMware Clientをインストールします。

  • 最小システム要件を満たす管理用のワークステーションに、VMware ESXi Version 4.1に必要なVMware OVF Toolをインストールします。

  • サポートされているハイパーバイザーのいずれかにCitrix ADM をインストールします。

    Citrix ADMビルド13.0をインストールするタスクについては、「Citrix ADM 導入」を参照してください。

VMware ESXiのハードウェア要件

次の表に、VMware ESXiでCitrix ADM 仮想アプライアンスのインストールに必要な仮想コンピューティングリソースを示します。

   
コンポーネント 条件
RAM 8GB
仮想CPU 8
記憶域 500GB
仮想ネットワーク インターフェイス 1
スループット 1Gbps

注:

上記のメモリとハードディスクの要件は、VMware ESXi サーバー上にCitrix ADM を展開するためのものです。これは、ホスト上で他の仮想マシンが実行されていないことを考慮します。VMware ESXiサーバーのハードウェア要件は、サーバーで動作する仮想マシンの数によって異なります。

VMware NSXの構成

  • 異なる容量のCitrix ADC VPX インスタンスのプールを作成し、異なるサービスパッケージに追加します。

次に例を示します:

  • VPX1000のCitrix ADC VPX インスタンスを5つ作成します(1Gbps)。これらのインスタンスはGoldサービスパッケージに追加されます。

  • VPX10(10Mbps)の5つのCitrix ADC VPXインスタンスを作成します。これらのインスタンスはBronzeサービスパッケージに追加されます。

  1. vSphere Clientで[Networking]に移動し、たとえば「101-105」のように範囲を指定して、種類がVLANトランク接続のポートグループを作成します(すべての範囲を設定することもできますが、必要なVLANだけを対象として、種類がVLANのポートグループを作成します)。

    ローカライズされた画像

  2. Citrix ADC VPX インスタンスごとに新しいインターフェイスを作成し、上で作成したVLAN範囲トランクポートグループに接続します。

    ローカライズされた画像

  3. vSphere Clientで[Networking]に移動し、種類がVLANのポートグループを作成します。

    たとえば、最初のトランク接続のポートグループを101から105の範囲で作成した場合、VLANごとに1つずつ、合計5つのVLANポートグループを作成します。VLAN 101のポートグループ、VLAN102のポートグループというように、VLAN 105まで作成します。

    ローカライズされた画像

Citrix ADMでのCitrix ADC VPXインスタンスの追加

Citrix ADMにCitrix ADC VPXインスタンスを追加し、各デバイスのトランク接続のグループのVLAN範囲を指定します。

  1. Citrix ADM で、[ インフラストラクチャ ]>[ インスタンス]>[Citrix ADC VPX]の順に選択し、[ 追加]をクリックします。

  2. [Citrix ADC VPXの追加] ページで、インスタンスのホスト名、各インスタンスのIPアドレス、またはIPアドレスの範囲を指定し、[名前] リストからインスタンスプロファイルを選択します。[+]をクリックして新しいインスタンスプロファイルを作成することもできます。

  3. [ OK] をクリックします

  4. Citrix ADC VPX ページのリストから新しく追加した Citrix ADC VPX インスタンスを選択し、[ 操作 ]フィールドの下矢印ボタンをクリックします。[Configure Interfaces for Orchestration]を選択します。

    ローカライズされた画像

  5. [ Inter faces] ページで、管理インターフェイスを選択し、[ Disable] をクリックして、VLAN が管理インターフェイスにバインドしないようにします。

    ローカライズされた画像

  6. [ Inter faces] ページで、必要なインターフェイスを選択し、[ Configure VLAN Range] をクリックします。

  7. NSX Manager で設定された VLAN 範囲を入力し、[ OK]、[ 閉じる] の順にクリックします。

    ローカライズされた画像

VMware NSX マネージャーをCitrix ADM に登録する

VMware NSX マネージャーを Citrix ADM に登録して、それらの間の通信チャネルを作成します。

  1. Citrix ADM で、ドロップダウンリストから[オーケストレーション ]>[SDNオーケストレーション]>[VMware NSX Manager ]の順に選択し、[NSX Manager 設定の構成]をクリックします。

  2. [ NSX Manager 設定の構成] ページで、次のパラメータを設定します。

    1. NSX Manager IP Address - NSX ManagerのIPアドレス

    2. NSX Manager Username - NSX Managerの管理者ユーザー名

    3. Password - NSX Managerの管理者ユーザーのパスワード

  3. NSX Manager で使用されるCitrix ADM アカウント ]セクションで、[NSX Manager]の Citrix ADC ドライバのユーザー名とパスワードを設定します。Citrix ADM は、これらのログオン資格情報を使用して NSX Manager からのロードバランサー構成要求を認証します。

  4. [ OK] をクリックします

  5. [ オーケストレーション ] > [ システム ] > [ 展開設定]に移動します。トランク接続のポートグループに構成されているVLANの範囲を入力します。

    ローカライズされた画像

  6. vSphere Web Client で NSX Manager にログオンし、[ サービス定義] > [サービスマネージャ] に移動します。

    Citrix ADMは、サービスマネージャーの1つとして表示できます。これは、登録が成功し、NSX Manager と Citrix ADM の間に通信チャネルが確立されたことを示します。

    ローカライズされた画像

Citrix ADM でのサービスパッケージの作成

  1. Citrix ADM で、[オーケストレーション ]>[SDNオーケストレーション]>[VMware NSX Manager]>[ サービスパッケージ]の順に選択し、[ 追加 ]をクリックして新しいサービスパッケージを追加します。

  2. [ サービスパッケージ ] ページの [ 基本設定] セクションで、次のパラメータを設定します。

    1. Name - サービスパッケージの名前を入力します。

    2. Isolation Policy - デフォルトでは、分離ポリシーは[Dedicated]に設定されています。

    3. デバイスタイプ — デフォルトでは、デバイスタイプはCitrix ADC VPX に設定されています。

      注:

      これらの値は、このバージョンでは既定で設定されており、変更することはできません。

    4. [続行] をクリックします。

      ローカライズされた画像

  3. [ デバイスの割り当て ] セクションで、このパッケージ用に事前にプロビジョニングされたVPXを選択し、[ 続行] をクリックします。

  4. [ サービスパッケージの公開 ] セクションで、[ 続行 ] をクリックしてサービスパッケージを VMware NSX に公開し、[ 完了] をクリックします。

    ローカライズされた画像

    ローカライズされた画像

    この手順により、NSX Managerにサービスパッケージが構成されます。サービスには複数のデバイスを追加でき、複数のエッジで同じサービスパッケージを使用して、Citrix ADC VPXインスタンスをCitrix ADM にオフロードできます。

  5. vSphere Web Client で NSX Manager にログインし、[ サービス定義] > [ **サービス**] に移動します。

    Citrix ADM サービスパッケージが登録されていることがわかります。

    ローカライズされた画像

Edge向けのロードバランサーサービスの挿入の実行

以前に作成した NSX Edge Gateway でロードバランササービスの挿入を実行します(負荷分散機能を NSX LB から Citrix ADC にオフロードします)。

  1. NSX Manager で、[ ホーム ] > [ NSX エッジ] に移動し、構成したエッジ Gateway を選択します。

    ローカライズされた画像

  2. [ 管理] をクリックし、[ ロードバランサ ] タブで [ グローバル構成] を選択し、[ 編集] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  3. [ ロードバランサを有効にする]、[ ログ]、[ サービス挿入を有効にする ] の順に選択して有効にします。

    1. [ サービス定義] で、 Citrix ADM で作成され、NSX Manager に公開されたサービスパッケージを選択します。

      ローカライズされた画像

  4. 既存のランタイムNICを選択し、[編集]アイコンをクリックして、Citrix ADC VPX が割り当てられているときに接続する必要があるランタイムNICを編集します。

    ローカライズされた画像

  5. NICの名前を編集し、[接続タイプ] を [ データ] に指定して、[ 変更] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  6. 適切な Web 論理スイッチを選択します。

    ローカライズされた画像

  7. [ プライマリ IP 割り当てモード] で、ドロップダウンリストから [IP Pool] を選択し、[IP Pool] フィールドの下矢印ボタンをクリックします。

    ローカライズされた画像

  8. [ IP プールの選択] ウィンドウで、適切な IP プールを選択し、[ OK] をクリックします。

    ローカライズされた画像

    IPアドレスが取得され、Citrix ADC VPX アプライアンスのソースネットIPアドレスとして設定されます。VXLANをVLANにマッピングするために、NSX ManagerでL2ゲートウェイが作成されます。

    注:

    すべてのデータインターフェイスは実行時 NIC として接続され、分散論理ルーターインターフェイスの一部である必要があります。

  9. ビューを更新して、実行時の作成を確認します。

    ローカライズされた画像

    ローカライズされた画像

  10. 仮想マシンの起動後、[状態] の値が [ サービス 中] に変わり、[インストール状態] の値が [ 有効]に変わります。

    ローカライズされた画像

    注:

    Citrix ADMで、[ オーケストレーション ]>[ リクエスト ]に移動して、LBサービス挿入の完了の進行状況の詳細を確認します。

NSX ManagerでのL2ゲートウェイの表示

  1. vSphere Web Client で NSX Manager にログオンし、[ NSX エッジ] に移動し、作成した分散論理ルーターを選択します。

    ローカライズされた画像

  2. [分散論理ルーター] ページで、[ 管理 ] > [ ブリッジ] に移動します。一覧にL2ゲートウェイが表示されます。

    ローカライズされた画像

    注:

    L2 Gatewayは、データインターフェイスごとに作成されます。

割り当てられたCitrix ADC 表示

  1. Citrix ADMに表示されているIPアドレスを使用して、Citrix ADC VPXインスタンスにログオンします。次に、[ 構成 ] > [ システム ] > [ ネットワーク] に移動します。2つのIPアドレスが追加されていることが右ペインに表示されています。IPアドレスのハイパーリンクをクリックして詳細を表示します。

    ローカライズされた画像

    サブネットIPアドレスは、NSXに追加されたWebインターフェイスのIPアドレスと同じです。

    ローカライズされた画像

  2. [ 構成 ] > [ システム ] > [ ライセンス ] に移動し、このインスタンスに適用されているライセンスを表示します。

スタイルブックを使用したCitrix ADC VPX インスタンスの構成

  1. Citrix ADM で、[オーケストレーション ]>[SDNオーケストレーション]>[NSX Managerの構成 ]>[ エッジゲートウェイ]に移動します。

    Stylebookによる負荷分散構成を適用する必要がある各エッジゲートウェイに割り当てられているCitrix ADC インスタンスIPを書き留めます。

  2. 新しいスタイルブックを作成します。「 アプリケーション 」>「 構成」に移動し、スタイルブックをインポートして、リストからスタイルブックを選択します。

    新しいスタイルブックを作成するには、独自のスタイルブックを作成を参照してください。

  3. すべての必須パラメーターに対して値を指定します。

    ローカライズされた画像

  4. これらの構成設定を実行するCitrix ADC VPX インスタンスを指定します。

    ローカライズされた画像

  5. 前述の IP インスタンスを選択し、[ Select] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  6. [ Create ] をクリックして、選択したデバイスに設定を適用します。

    ローカライズされた画像

ロードバランサー構成の表示

  1. Citrix ADC VPX インスタンスにログオンし、[ 構成 ]>[ トラフィック管理 ]>[ 負荷分散 ]の順に選択し、作成された負荷分散仮想サーバーを表示します。

    ローカライズされた画像

    作成したサービスグループも表示できます。

    ローカライズされた画像

  2. サービスグループを選択し、[ メンバーの管理] をクリックします。サービスグループに割り当てられたメンバーが[Configure Service Group Member]ページに表示されます。

    ローカライズされた画像

ロードバランサーサービスの削除

  1. Citrix ADM で、[ アプリケーション ]>[ 構成]に移動し、[ X ]アイコンをクリックしてアプリケーション構成を削除します。

  2. vSphere Web Client で NSX Manager にログオンし、Citrix ADC VPX インスタンスが接続されているエッジ Gateway に移動します。

  3. [ 管理 ] > [ ロードバランサー ] > [ グローバル設定] に移動し、ランタイムエントリを右クリックして、[ プロビジョニング解除] をクリックします。

    注:

    NetScler MAS のエッジゲートウェイは、NSX マネージャのランタイムエントリに対応しています。

    ローカライズされた画像

    Citrix ADC VPX インスタンスがサービス外になります。

  4. Citrix ADM で、[オーケストレーション ]>[SDNオーケストレーション]>[NSX Managerの構成 ]>[ エッジゲートウェイ]に移動します。削除されたインスタンスに対するEdgeゲートウェイの割り当てが存在しないことを確認します。