Citrix Application Delivery Management 13.0

NSX Manager:Citrix ADC インスタンスの自動Provisioning

概要

Citrix Application Delivery Management(ADM)は、VMware ネットワーク仮想化プラットフォームと統合され、Citrix ADC サービスの展開、構成、管理を自動化します。この統合により、物理ネットワークトポロジーに伴う従来の複雑さが解消され、vSphere/vCenter管理者はプログラムによりCitrix ADC サービスを迅速に展開できます。

VMware NSX Manager でのロードバランシングサービスの挿入および削除時に、Citrix ADM は、Citrix ADC インスタンスを動的にプロビジョニングおよび破棄します。この動的Provisioning では、Citrix ADC VPX ライセンスの割り当てをCitrix ADM で自動化する必要があります。Citrix ADC ライセンスがCitrix ADM にアップロードされると、Citrix ADMがライセンスサーバーの役割を実行します。

前提条件

この統合は、 vSphere 6.1 以前の VMware NSXでのみサポートされます。

  • Citrix ADM, バージョン 13.0 高可用性のセットアップとESXにインストールします.

  • Citrix ADC VPX、バージョン 13.0

  • Citrix ADC VPX インスタンスのCitrix ADC VPX ライセンス、バージョン13.0

  • 最小要件を満たすハードウェアでVMware ESXi Version 4.1以降をインストールします。

  • 最小システム要件を満たす管理用のワークステーションにVMware Clientをインストールします。

  • 最小システム要件を満たす管理用のワークステーションに、VMware ESXi Version 4.1に必要なVMware OVF Toolをインストールします。

Citrix ADMおよびCitrix ADCインスタンスの高可用性展開

Citrix ADM 高可用性セットアップをプロビジョニングするには、Citrix ダウンロードサイトからダウンロードしたCitrix ADMイメージファイルをインストールします。Citrix ADM HA セットアップをプロビジョニングする方法について詳しくは、「高可用性でのCitrix ADM 展開」を参照してください。

Citrix ADM HA エンドポイントの詳細の設定

VMware NSX Managerを、高可用性モードで展開されているCitrix ADM と統合するには、まず負荷分散のCitrix ADC インスタンスの仮想IPアドレスを入力する必要があります。また、Citrix ADC負荷分散仮想サーバーに存在する証明書ファイルをCitrix ADM ファイルシステムにアップロードする必要があります。

Citrix ADM で負荷分散構成情報を提供するには:

  1. Citrix ADM HA ノードで、[ システム ] > [ 展開] に移動します。

  2. 右上隅の [ HA 設定 ] をクリックし、[ MAS-HA 設定 ] ページで [ MAS-HA エンドポイントの詳細] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  3. MAS-HA Endpoint Detail sページで、負荷分散Citrix ADC インスタンスにすでに存在する証明書と同じ証明書をアップロードします。

  4. 負荷分散Citrix ADC インスタンスの仮想IPアドレスを入力し、[ OK]をクリックします。

    ローカライズされた画像

VMware NSX マネージャーをCitrix ADM に登録する

2つのCitrix ADM サーバーを高可用性に設定すると、2つのサーバーノードはアクティブ/パッシブモードになります。プライマリ Citrix ADM サーバノードにログオンし、VMware NSX Manager を HA の Citrix ADM に登録して、それらの間の通信チャネルを作成します。

VMware NSX マネージャを HA で Citrix ADM に登録するには、以下の手順に従ってください。

  1. プライマリ Citrix ADM サーバーノードで、[ オーケストレーション ] > [ SDN オーケストレーション ] > [ VMware NSX マネージャー] に移動します。

  2. [ NSX Manager 設定の構成] をクリックします。

  3. [ NSX Manager 設定の構成] ページで、次のパラメータを設定します。
    1. NSX Manager IP Address - NSX ManagerのIPアドレス

    2. NSX Manager ユーザー名:NSX Manager の管理ユーザー名。

    3. Password - NSX Managerの管理者ユーザーのパスワード

  4. [NSX Managerが使用するCitrix ADM アカウント]セクションで、[NSX Manager用のCitrix ADC ドライバパスワード]を設定します。

  5. [ OK] をクリックします

Citrix ADM でのライセンスのアップロード

Citrix ADC VPX ライセンスをCitrix ADM にアップロードすると、NSXとのオーケストレーション中にCitrix ADMがインスタンスに自動的にライセンスを割り当てることができます。

Citrix ADM にライセンスファイルをインストールするには:

  1. Citrix ADM で、[ ネットワーク ]>[ ライセンス]に移動します。

  2. [ ライセンスファイル ] セクションで、次のいずれかのオプションを選択します。

    1. ローカルコンピュータからのライセンスファイルのアップロード-ローカルコンピュータに ライセンスファイルがすでに存在する場合は、Citrix ADM にアップロードできます。ライセンスファイルを追加するには、[ Browse ] をクリックし、追加するライセンスファイル (.lic) を選択します。次に、[ 完了] をクリックします。

    2. ライセンスアクセスコードの使用 -購入したライセンスのライセンスアクセスコード(LAC)が電子メールで送信されます。ライセンスファイルを追加するには、テキストボックスに LAC を入力し、[ Get Licenses] をクリックします。

      注:

      [ライセンス設定]から、いつでもCitrix ADMにライセンスを追加できます。

      ローカライズされた画像

Citrix ADMでのCitrix ADC VPXイメージのアップロード

Citrix ADC イメージをCitrix ADM に追加すると、Citrix ADMがサービスパッケージで定義されているとおりにこれらのイメージを使用するようになります。

Citrix ADC VPX イメージをCitrix ADM にアップロードするには:

  1. Citrix ADM で、[ オーケストレーション ]>[ SDNオーケストレーション ]>[ VMware NSXマネージャー ]>[ ESX NSVPXイメージ]に移動します。

  2. アップロード]をクリックし、ローカルストレージフォルダーからCitrix ADC VPX zipパッケージを選択します。

Citrix ADM でのサービスパッケージの作成

Citrix ADM でサービスパッケージを作成して、Citrix ADC リソースの割り当て方法を示すSLAのセットを定義します。

Citrix ADM でサービスパッケージを作成するには:

  1. Citrix ADM で、[ オーケストレーション ]>[ SDNオーケストレーション ]>[ VMware NSX Manager ]>[ サービスパッケージ]の順に選択し、[ 追加 ]をクリックして新しいサービスパッケージを追加します。

  2. [ サービスパッケージ ] ページの [ 基本設定] セクションで、次のパラメータを設定します。

    1. Name - サービスパッケージの名前。

    2. 分離ポリシー- 専用を選択

    3. Citrix ADC インスタンスプロビジョニング-「 オンデマンドでインスタンスの作成」を選択します。

    4. 自動プロビジョニングプラットフォーム- CitrixADC SDXを選択

    5. [ 続行] をクリックします。

  3. 自動プロビジョニング設定 ]セクションで、NSXプラットフォームに展開する最近アップロードしたCitrix ADC VPX zipパッケージを選択し、対応するライセンスを選択して[ 続行]をクリックします。

    注:

    高可用性 ]セクションで、Citrix ADC インスタンスを高可用性用にプロビジョニングするチェックボックスをオンにします。

    ローカライズされた画像

    上の図のようにリストボックスに表示されるライセンスの名前、VPX8000_Advanced, 2numberは一例であり、以下のように説明されています。

    • VPX-ライセンスはCitrix ADC VPXインスタンスを展開することです

    • 8000-消費可能な帯域幅は 8 GBです

    • 詳細-Citrix には、スタンダード、アドバンスト、プレミアムの3種類のライセンスが用意されています

    • 2番号-このライセンスを使用して、2つのCitrix ADC VPXインスタンスを展開できます

    [ライセンス]リストボックスに表示されるライセンスの 名前は、Citrix から購入したライセンスによって異なります。

  4. [続行] をクリックします。

  5. サービスパッケージが NSX Manager に公開されます。NSX Manager で、[ サービス定義 ] > [ サービスマネージャ] に移動します。Citrix ADM をサービスマネージャーの1つとして表示できます。これは、登録が成功し、NSX Manager と Citrix ADM の間で双方向通信が確立されたことを示します。

    注:

    高可用性展開のCitrix ADMの場合、ライセンスはCitrix ADMライセンスサーバーノードでのみアップロードされます。Citrix ADM ノードはアクティブ/パッシブモードです。

Edge向けのロードバランサーサービスの挿入の実行

既存の NSX Edge Gateway でロードバランササービスの挿入を実行します。つまり、NSX ロードバランサから Citrix ADC に負荷分散機能をオフロードします。

NSX Edge Gateway にロードバランシングサービスを挿入するには、以下の手順に従ってください。

  1. NSX Manager で、[ ホーム ] > [ ネットワークとセキュリティ ] > [ NSXEdge] に移動し、構成したエッジ Gateway をダブルクリックして選択します。

  2. [ 管理] をクリックし、[ ロードバランサ ] タブで [ グローバル構成] を選択し、[ 編集] をクリックします。

  3. [ ロードバランサを有効にする ] と [ サービス挿入 を有効にする] を選択して有効にします。

  4. [ サービス定義] で、NSX Manager に公開されたサービスパッケージを選択します。

  5. 管理インターフェイス用に 1 つの仮想 NIC を、データインターフェイス用に 1 つ以上の仮想 NIC を設定します。構成に応じて、管理用およびデータ用のネットワークを選択します。

    注:

    プライマリIP割り当てモードでは、[IPプール]オプションを選択します。Citrix ADM では、IPアドレスの手動割り当てまたはDHCP割り当てはサポートされません。

  6. 更新アイコンをクリックして、実行時間の作成を確認します。

    注:

    HA デプロイメントでは 2 つの Citrix ADC VPX インスタンスをデプロイするため、NSX Manager では 2 つのランタイムが作成されます。

    画面に表示される実行時間を表示するには、画面を更新する必要があります。

  7. 実行時間を選択し、「 アクション」をクリックし、ポップアップ・メニューから「 インストール 」を選択します。高可用性展開であるため、同じことをもう1つのランタイムについても実行します。

  8. 両方の仮想マシンが起動すると、[Status] の値が [In Service] に変わり、[Install State] の値が [Enabled] に変わります。

    注:

    ステータスの変更を表示するには、画面を更新する必要があります。

  9. Citrix ADM で、[ オーケストレーション ]>[ リクエスト ]に移動して、サービス挿入完了の進行状況の詳細を確認します。実行時間の作成と更新の要求がCitrix ADM に送信されたことがわかります。実行時間が更新されたら、要求を選択し、[ タスク ]ボタンをクリックして、Citrix ADM がNSX Managerに追加されていることを確認します。

    高可用性の場合、Citrix ADM で2つの実行時間を作成および更新する2つの要求があります。両方の実行時間が更新されたら、両方の要求を選択して[ タスク ]ボタンをクリックすると、NSX Managerに2つのCitrix ADM HAノードが追加されたことが表示されます。

  10. Citrix ADM で、[ オーケストレーション ]>[ SDNオーケストレーション ]>[ VMware NSXマネージャー ]>[ エッジゲートウェイ]に移動します。右側のパネルでは、Citrix ADC VPXがNSX Edge Gatewayに追加されたことが確認できます。

    高可用性の場合、高可用性モードの2つのCitrix ADC VPXインスタンスがNSX Edge Gatewayに追加されていることがわかります。

  11. Citrix ADM で、[ ネットワーク ]>[ ライセンス ]>[VPXライセンス]に移動します。Citrix ADC VPX ライセンスとインストールしたエディションを選択します。

    高可用性モードのCitrix ADC VPX インスタンスは2つのライセンスを消費し、ステータスは以下のように画面に表示されます。

    ローカライズされた画像

    サービスの挿入が完了したら、StyleBookを使用して、次のいずれかの方法でCitrix ADC インスタンスを構成できます。

VMware NSX Manager GUI での Citrix ADC VPX での負荷分散サービスの構成

組み込みのStyleBookを使用してNSX Edgeゲートウェイデバイスの負荷分散サービスの構成を有効化するには、以下のタスクを実行します。

NSX Manager で、[ ホーム ] > [ ネットワークとセキュリティ ] > [ NSXEdge] に移動し、構成したエッジ Gateway をダブルクリックして選択します。

プールおよびプールメンバーの作成

キャパシティが異なるサーバーおよびメンバーで構成されたプールを作成します。

  1. [ 管理] をクリックし、[ ロードバランサ ] タブで [ プール] を選択し、[+] アイコンをクリックして新しいプールを追加し、次のパラメータを設定します。

    1. Name - 新しいプールの名前。

    2. Algorithm - プールを選択するアルゴリズムをボックスの一覧から選択します。

    3. Monitors - サービスモニターをdefault_http_monitorに設定します。

    4. Members - [+]をクリックしてプールにメンバーを追加し、[New Member]ウィンドウで必須パラメーターを入力します。

      1. Name - メンバーの名前。

      2. IP Address/ VC Container - [Select]をクリックして利用可能なオブジェクトの一覧からオブジェクトを選択するか、オブジェクトのIPアドレスを入力します。

  2. [ OK] をクリックします

    必要な数のメンバーを追加します。

    ローカライズされた画像

仮想サーバーの作成

仮想サーバーのセットを作成し、各仮想サーバーにプールを割り当てます。

  1. [ 管理] をクリックし、[ロードバランサ] タブで [ 仮想サーバー] を選択し、[+] アイコンをクリックして仮想サーバーを追加し、次のパラメータを設定します。

    1. アプリケーションプロファイル-デフォルトでは、Citrix ADM で作成したサービスプロファイルが表示されます。

    2. Name - 仮想サーバーの名前。

    3. IP Address - [Select]をクリックして既存のIPアドレスのプールを選択するか、新しいIPのプールを作成します。

    4. Default pool - ボックスの一覧でデフォルトのプールを選択します。

  2. [ OK] をクリックします

  3. Citrix ADM で、[ オーケストレーション ]>[ リクエスト ]に移動して、選択した1つ以上のCitrix ADC インスタンスでのサービス作成完了の進行状況の詳細を確認します。

  4. Citrix ADM で、[ アプリケーション ]>[ 構成]に移動し、[nsx-lb-mon]構成パックが作成されたことを確認します。

    ローカライズされた画像

Citrix ADM GUIでのCitrix ADC VPX での負荷分散サービスの構成

Citrix ADMスタイルブックを使用して、Citrix ADCインスタンスにロードバランサー構成を展開します。高可用性では、構成は、高可用性にある両方のCitrix ADC インスタンスに展開されます。

StyleBookを使用して構成パックを作成するには:

  1. Citrix ADM で、[ アプリケーション ]>[ 構成 ]>[ 新規作成]の順に選択し、リストから[ HTTP/SSLロードバランシング(モニター付き)StyleBook ]を選択します。StyleBookでユーザーインターフェイスページが表示されます。ここで、このStyleBookで定義されているすべてのパラメーターに対して値を入力できます。

  2. すべての必須パラメーターに対して値を指定します。

  3. NSX環境でプロビジョニングされるターゲットのCitrix ADC VPXインスタンスを選択し、[ 作成 ]をクリックして選択したデバイスに構成を適用します。高可用性展開であるため、高可用性モードのインスタンスを選択します。

Citrix ADC VPX インスタンスでの仮想サーバーおよびサービスグループの作成の確認

Citrix ADC VPX インスタンスにログインすると、サービスグループと仮想サーバーが作成されていることが確認できます。

サービスグループと仮想サーバを表示するには、次の手順で行います。

  1. Citrix ADC VPX インスタンスにログオンします。高可用性展開の場合は、高可用性にある両方のCitrix ADC インスタンスにログオンする必要があります。

  2. [ 構成 ] > [ システム ] > [ ネットワーク] に移動します。右側のペインで、追加されたIPアドレスを確認できます。IPアドレスのハイパーリンクをクリックして詳細を表示します。NSXに追加されたWebインターフェイスのIPアドレスと同じサブネットIPアドレスが表示されます。

  3. 次に、[ トラフィック管理 ] > [ 負荷分散 ] > [ 仮想サーバー ] に移動し、仮想サーバーの詳細を表示します。

  4. 次に、[ サービスグループ ] に移動し、サービスグループの詳細を表示します。

  5. 最後に、[ 構成 ] > [ システム ] > [ ライセンス ] に移動し、このインスタンスに適用されているライセンスを表示します。

負荷分散サービスの削除

NSX ManagerにデプロイされたCitrix ADC VPXインスタンスで負荷分散サービスが不要になった場合は、以前に実行したサービスの挿入を削除できます。

構成およびサービス挿入を削除するには、次の手順を実行します。

  1. Citrix ADM で、[ **アプリケーション ]>[構成]に移動し、作成したアプリケーション構成を選択し、[X]アイコンをクリックして構成を削除します。**

  2. NSX Managerで、Citrix ADC VPX インスタンスが接続されているエッジGateway に移動します。[ 管理 ] > [ ロードバランサー ] > [Global Configuration] に移動し、ランタイムエントリを右クリックして [ プロビジョニング解除] をクリックします。仮想マシンの表示が非稼動状態になります。

  3. Citrix ADM で、[ オーケストレーション ]>[ クラウドオーケストレーション ]>[ エッジゲートウェイ]に移動します。削除したインスタンスに対するEdgeゲートウェイのマッピングが存在しないことを確認します。