Citrix Application Delivery Management 13.0

Microsoft SharePoint StyleBook

Microsoft SharePoint 2016は、主にドキュメント管理機能とストレージシステムを提供する、主要なエンタープライズアプリケーションです。高度に構成可能であり、すべての主要Webブラウザーでサポートされています。

Microsoft SharePoint 2016スタイルブックを使用して、ネットワーク内のMicrosoft SharePoint 2016エンタープライズアプリケーションを最適化してセキュリティ保護するCitrix ADC 構成を展開できます。

前提条件

  • Microsoft SharePoint 2016
  • Citrix ADM、バージョン 12.0 以降
  • Citrix ADC、バージョン10.5以降

Microsoft SharePoint 2016 スタイルブックによって構成されるCitrix ADC の機能

Microsoft SharePoint 2016 スタイルブックを使用して、Microsoft SharePoint 2016 の次のCitrix ADC 機能を有効にして構成できます。

  • 負荷分散
  • コンテンツ スイッチ
  • レスポンダー
  • 書き換え
  • 圧縮
  • 統合キャッシュ

負荷分散

Citrix ADC 負荷分散は、バックエンドのSharePointサーバーに要求を均等に分散します。バックエンドサーバーをインテリジェントに監視することで、正常に動作していないサーバーに要求が送信されないようにします。

SharePoint用StyleBookでは、 12台の負荷分散仮想サーバーが構成され、各仮想サーバーは、ドキュメント、画像、オーディオ、ビデオ、およびその他のファイルタイプなど、特定の種類のコンテンツの負荷分散要求専用となります。

SharePoint スタイルブックでは、SSL ベースの LB 仮想サーバーを構成することにより、SharePoint アプリケーションの SSL モードがサポートされるようになりました。フロントエンドプロトコルとして SSL が選択されていることを確認します。仮想ポートは、デフォルトで 443 に設定されています。また、SSL を選択して、サービスグループ (SharePoint アプリケーションサーバー) をターゲットの負荷分散仮想サーバーにバインドすることもできます。デフォルトでは、バックエンドプロトコルは HTTP に設定されています。

コンテンツの切り替え

コンテンツスイッチ機能は、要求された特定種類のSharePointコンテンツ(たとえば、ドキュメント、画像、およびオーディオまたはビデオファイル)に基づいて複数の負荷分散仮想サーバーにわたりクライアント要求を分散するために使用されます。コンテンツスイッチモジュールにより、受信トラフィックが、その種類のコンテンツを処理できる最適な負荷分散仮想サーバーに送られます。それにより、さまざまな最適化ポリシーをさまざまな種類のトラフィックに適用できます。たとえば、テキストドキュメントよりもさまざまな圧縮ポリシーやキャッシュポリシーをビデオに使用できます。

レスポンダー

Citrix ADC インスタンスのレスポンダー機能を使用して、ユーザーをHTTPからHTTPSにシームレスにリダイレクトできます。レスポンダーは、カスタマイズされたエラーページを提供するように構成することもできます。Responder ポリシーは、アクションを実行する必要がある要求(トラフィック)を決定し、各ポリシーを負荷分散仮想サーバーにバインドします。SharePoint用StyleBookには、ユーザーをHTTPのURLからHTTPSのURLにリダイレクトする構成が含まれています。

書き換え

書き換えモジュールは、要求/応答のヘッダー、URL、またはコンテンツを即座に変更するために使用されます。このモジュールは、トラフィック処理でインラインで動作します。それにより、特定のユースケースに応じてトラフィックフローを変更できます。たとえば、書き換えにより、Webサイトのサーバーについて不要な情報が公開されることなく、 要求されたコンテンツにアクセスできるようになります。

SharePoint用StyleBookでは、書き換え機能は、ユーザーの要求から不要なヘッダーを削除するために使用されます。

圧縮

Citrix ADC 圧縮エンジンは、圧縮可能なコンテンツを識別して圧縮します。このプロセスにより、データ転送時間が短縮され、クライアントに対するネットワーク帯域幅要件が減少するとともに、SharePointコンテンツサーバー上のCPUサイクルが節約されます。Citrix ADC インスタンスは、静的データと動的に生成されたデータの両方を圧縮できます。GZIPまたはDEFLATE圧縮アルゴリズムが適用されることで、無関係で反復的な情報がサーバー応答から削除され、より簡潔で効率的な形式で元の情報が表されます。クライアントのブラウザーのデータ展開機能は、サポートされているアルゴリズム(GZIP、DEFLATE、またはこれら両方)によって異なります。

Citrix ADC インスタンスは、HTML、XML、プレーンテキスト、カスケードスタイルシート(CSS)、およびMicrosoft Officeドキュメントでテキストを圧縮するように構成されますが、GIFまたはJPG形式の画像は圧縮されません。トラフィック圧縮の主な利点には、帯域幅コストの減少、WAN(Wide Area Network:ワイドエリアネットワーク)の遅延の減少、サーバーパフォーマンスの向上があります。

統合されたキャッシング

Citrix ADC インメモリキャッシュは、頻繁に要求されるコンテンツをユーザーにすばやく配信するために、SharePointオブジェクトを格納できます。キャッシュされるコンテンツには、ダウンロードしたドキュメントや、オーディオ、ビデオ、および画像ファイルなどがあります。

次の図は、Citrix ADMを使用してSharePointスタイルブック構成を展開するCitrix ADC インスタンスによるネットワークフロントエンドでのSharePointサーバーの展開を示しています。

ローカライズされた画像

SharePoint スタイルブックの構成を展開する

次の作業は、ビジネスネットワークでMicrosoft SharePoint 2016 StyleBookを展開する場合に役立ちます。

Microsoft SharePoint 2016 スタイルブックを展開するには、次の操作を行います。

  1. Citrix ADM で、[ アプリケーション ]>[ 管理 ]>[ 構成]の順に選択し、[ 新規作成]をクリックします。

    スタイルブックの選択 ]ページには、Citrix ADM で使用可能なすべてのスタイルブックが表示されます。

  2. 下にスクロールして、 Microsoft SharePoint 2016 スタイルブックを選択します。

    注:

    Citrix ADMで、「 アプリケーション」>「 構成」>「 StyleBooks」の順に選択します。下にスクロールして、 Microsoft SharePoint 2016 スタイルブックを探し、[ 構成の作成] をクリックします。

    StyleBookは、このStyleBookで定義されているすべてのパラメータの値を入力できるユーザーインタフェースフォームとして開きます。

    次のパラメーターの値を入力します。

    1. SharePoint アプリケーション名。ネットワーク内で展開するSharePoint構成の名前です。

    2. SharePoint の仮想 IPです。Citrix ADC インスタンスがMicrosoft SharePointアプリケーションに対するクライアント要求を受信する仮想IPアドレス。

    3. SharePoint 仮想ポート。SharePointアプリケーションへのアクセス時にユーザーが使用するTCPポート

    4. SharePoint フロントエンドプロトコル。ドロップダウンリストから SharePoint フロントエンドプロトコルを選択します。使用可能なオプションは、HTTP または SSL です。

      注:

      SSLを選択した場合は、このStyleBookの「SharePointの詳細設定」セクションで「書き換え構成」パラメータが有効になっていることを確認してください。

    5. SharePoint サーバーの IPです。ネットワーク内のすべての SharePoint サーバーの IP アドレス。

    6. SharePoint サーバーポート。SharePointサーバーで使用されるTCPポート番号です。デフォルト値は、80です。必要な場合はこの値を編集できますが、必ずMicrosoft SharePoint 2016サーバー上でこのポートにアクセスできることを確認してください。

    ローカライズされた画像

  3. [ SSL 証明書の設定 ] セクションで、[+] をクリックして SSL 証明書の名前と証明書キーを入力し、ローカルストレージフォルダからそれぞれのファイルを選択します。

    ローカライズされた画像

  4. 必要に応じて、[ 証明書の詳細設定 ] をクリックして、SSL 証明書の有効期限の監視を有効または無効にします。証明書の有効期限の監視を有効にする場合は、証明書の有効期限が近づくとCitrix ADM がアラームを発行するように、日数を設定します。OCSP チェックをオプション機能または必須機能にするオプションもあります。

    ローカライズされた画像

  5. [SharePoint の詳細設定 ]セクションでは、Citrix ADC インスタンスで構成するCitrix ADC機能を有効にできます。負荷分散機能とコンテンツスイッチ機能はインスタンス上でデフォルトで構成されますが、その他の機能(つまり、インスタンス上で構成する必要がある、レスポンダー構成、書き換え構成、圧縮構成、および統合キャッシュ構成)を選択できます。

  6. ターゲットインスタンス ]をクリックし、このSharePoint構成を展開するCitrix ADC インスタンスを選択します。[ 作成 ]をクリックして構成を作成し、選択したCitrix ADC インスタンスに構成を展開します。

    更新アイコンをクリックして、Citrix ADMで最近検出されたCitrix ADCインスタンスをこのウィンドウで使用可能なインスタンスのリストに追加することもできます。

ローカライズされた画像

注:

実際の構成を実行する前に、[ Dry Run ]を選択して、ターゲットインスタンスに作成される構成オブジェクトを確認することをお勧めします。

構成が作成され、正常に展開されると、SharePoint用StyleBookにより、1台のコンテンツスイッチ仮想サーバーと12台の負荷分散仮想サーバーが作成されます。ポリシーとサービスグループも作成され、それらが負荷分散仮想サーバーにバインドされます。作成されるポリシーは、構成パックの作成中にStyleBookで選択した機能によって異なります。

Citrix ADC インスタンスに定義されているオブジェクトの表示

構成パックがCitrix ADM で作成されると、SharePointスタイルブックのCitrix ADC インスタンスに作成されたすべてのオブジェクトを表示できます。「 アプリケーション 」>「 管理 」>「 構成」に移動し、「 作成されたオブジェクトの表示」をクリックします。次の図は、作成されたオブジェクトの一部を示しています。この例では、「Citrix ADM からSharePointスタイルブック構成を展開する」に示されているIPアドレスが指定されています。

ローカライズされた画像