Citrix Application Delivery Management 13.0

カスタムスタイルブックのインポートと使用

StyleBookを構築したら、それをCitrix Application Delivery Management(ADM)にインポートして使用する必要があります。Citrix ADM では、単一のスタイルブックをYAML形式でインポートすることも、複数のスタイルブックYAMLファイルを.zip、.tgz、または.gz形式でバンドルとしてインポートすることもできます。Citrix ADM システムは、インポート時にスタイルブックを検証します。これで、StyleBookを使用して構成を作成できるようになりました。

Citrix ADM には、StyleBook YAMLコンテンツの作成に使用できる組み込みのYAMLエディタもあります。YAMLエディターを使用すると、Citrix ADM GUI自体からYAMLコンストラクトを検証できます。これらの検証チェックに個別のツールを使用する必要はありません。コンテンツはYAML標準に照らして検証され、偏差が強調表示されます。その後、コンテンツを修正し、StyleBookをCitrix ADM にインポートできます。独自のスタイルブックを作成しながら、組み込みのYAMLエディタは、2つの利点を提供します。

  • 色分けされています。エディタは、YAMLガイドラインに従って解析されたStyleBookコンテンツを表示し、色分けを使用すると、キーとYAMLコンテンツで定義されている値を簡単に区別することができます。
  • YAML 検証です。入力時にコンテンツが YAML エラーに対して検証され、偏差が即座に強調表示されます。これにより、Citrix ADM でStyleBookをインポートする前でも、YAMLガイドラインに準拠したテキストを作成できます。

注:

現在、エディタは YAML ガイドラインに従ってコンテンツを検証します。コードの正確性と誤植は検証されません。

スタイルブックを使用するには

  1. Citrix ADM で、[ アプリケーション ]>[ 構成 ]>[ スタイルブック]の順に選択し、[ 新しいスタイルブックのインポート]をクリックします。

  2. 次のいずれかのオプションをクリックして、StyleBookをインポートします。

    • ファイル -ローカルストレージから必要なファイルまたはファイルのバンドルを選択します。

      注:

      この例では、負荷分散仮想サーバーを作成するためのStyleBookで作成したlb-vserver.yml StyleBookをインポートします。

      ファイルのインポート

    • バンドル -Citrix ADM では、複数のスタイルブックをYAML形式でインポートできます。zip(.zip)形式または tarball(.tgz、.gz)形式で圧縮された複数の YAML StyleBook ファイルをインポートできます。

      バンドルをインポート

    • Raw -YAMLエディタでスタイルブックのコンテンツを作成します。

      StyleBookの内容を検証して、StyleBookの文法エラーをチェックできます。StyleBookの内容を検証するには、「 内容を検証」をクリックします。

      注:

      StyleBookを作成する際には、次の概念を確認してください。

      • NITRO API
      • YAML

      独自のStyleBookを作成する方法について詳しくは、「独自のStyleBookの作成方法」を参照してください。

      未加工のインポート

    • リポジトリを同期 -このオプションは、ADM に追加されたリポジトリを一覧表示します。ADM と同期するリポジトリを選択します。

      ADM でのリポジトリの同期

    注:

    StyleBook YAML ファイルからコンテンツをコピーしてYAML エディタに貼り付けることもできます。

  3. [作成] をクリックします。

    Citrix ADM は、StyleBookの文法に従って、すべての構文エラーと意味エラーについてStyleBookを検証するようになりました。エラーが発生した場合、StyleBookはCitrix ADM にインポートされません。

    エラーがなければ、StyleBookは正常にインポートされ、 StyleBook ページにリストされます。StyleBookのヘッダーセクションで定義した表示名でStyleBookを識別できます。

    読み込んだスタイルブックの表示

    注:

    ファイルのバンドルをインポートする場合、Citrix ADMは圧縮されたフォルダーを解凍し、すべてのStyleBookを検証します。 1つのStyleBookファイルが検証テストに失敗しても、バンドルはインポートされません。

    StyleBook の文法および構文について詳しくは、「スタイルブックの文法」を参照してください。

  4. このStyleBookから構成を作成するには、「 構成の作成 」リンクをクリックします。StyleBookがユーザーインターフェイスページとして開きます。ここで、このStyleBookで定義されているすべてのパラメーターに対して値を入力できます。

  5. パラメータに必要な値を指定します。以下の例では、 アプリケーション名とロードバランサーの IP アドレスの フィールドが必須フィールドとして表示され、ユーザー値を受け入れることがわかります。LB アルゴリズム には 2 つの値しか選択できません。デフォルトでは ROUNDROBIN が選択されています。

    パラメータを指定する

  6. ターゲットインスタンス]で、[]をクリックし、構成を実行するCitrix ADC インスタンスのIPアドレスを選択します。ターゲットインスタンスを必要な数だけ指定して、複数のCitrix ADC で構成を展開することもできます。

実際に構成を作成する前に、Citrix ADC で作成されるCitrix ADC(NITRO)構成オブジェクトを確認する場合は、[ Dry Run] をクリックします。設定が有効であれば、指定した値に基づいて作成される設定オブジェクトが表示されます。この例では、この例の StyleBook では、lbvserver型のオブジェクトが 1 つだけ作成されます。これは、このlbvserverは基本的な例StyleBookで定義されている唯一のコンポーネントでした。後で[ 作成 ]をクリックすると、選択したCitrix ADC インスタンス上に構成を実際に作成できます。

作成が完了すると、新しい ConfigPack が [構成] ページに一覧表示されます。

更新アイコンをクリックして、Citrix ADMで最近検出されたCitrix ADCインスタンスをこのウィンドウで使用可能なインスタンスのリストに追加することもできます。

構成パックの作成

カスタムスタイルブックの検索

Citrix ADM では、タイプに基づいてStyleBookを検索できるようになりました。つまり、デフォルトのStyleBookまたはカスタムStyleBookのいずれかを検索できるようになりました。このオプションは、多くのデフォルトStyleBookの中からユーザー定義のStyleBookを検索する必要がある場合に特に便利です。

カスタムスタイルブックを検索するには

  1. Citrix ADM で、[ アプリケーション ]>[ 構成 ]>[ スタイルブック]に移動します。
  2. 右上にある検索アイコンをクリックします。
  3. 表示される検索バーで、最初のリストから [ タイプ ] を選択し、次のオプションリストから [ カスタム ] を選択します。
  4. Citrix ADM では、ユーザー定義のスタイルブックのみが表示されます。

カスタムスタイルブックの検索

カスタムスタイルブックのインポートと使用