Citrix Application Delivery Management 13.0

スタイルブックの構成パックを別のスタイルブックに移行する

Citrix Application Delivery Management(ADM)では、構成パックは常に作成元であるStyleBookにバインドされます。コンフィグパックへの更新は、コンフィグパックがバインドされているStyleBookを通じてのみ行うことができます。Citrix ADM では、既存の構成パックを新しいStyleBookに移行できるようになりました。新しいStyleBookは、構成パックにバインドされている現在のStyleBookのより元のバージョンにすることができます。または、構成パックをまったく別のStyleBookに移行することもできます。

たとえば、 example-lbというスタイルブックを作成しました。このStyleBookは、Citrix ADC インスタンスに基本的なロードバランサー構成を展開するために使用されます。Citrix ADC インスタンスで、このスタイルブックからコンフィグパックCP1を作成しました。その後、StyleBookに監視設定が含まれていないことに気付きました。これで、 example-lb-monというスタイルブックが作成されました。このStyleBookには、example-lb StyleBookと同じロードバランサー設定がありますが、モニターを設定する機能が追加されています。

ここで、configpack CP1 で作成された既存の構成を更新して、いくつかのモニターを追加します。以前は、コンフィグパックCP1を削除し、新しいStyleBookからコンフィグパックCP2を作成し、コンフィグパックCP2を構成に追加する必要がありました。CP1を削除すると、1つ以上のCitrix ADC インスタンス上のconfigpack CP1で作成された構成がすべて削除されます。以前は、すべてのパラメータに値を入力して、新しいStyleBookを使用して新しい構成パックを再作成する必要がありました。

代わりに、既存の configpack CP1 を新しい example-lb-mon スタイルブックに移行できるようになりました。新しいStyleBookでは、モニターモニターの詳細を設定できます。コンフィグパックが展開されたCitrix ADC インスタンスには、モニターに関連する構成オブジェクトのみが追加されます。あなたは今、モニタの詳細だけを提供する必要があります。変更されていないCitrix ADC インスタンスにデプロイされた既存の構成は、影響を受けません。

構成パックの移行

example-lb スタイルブックを使用して作成された構成パックを、example-lb-mon スタイルブックに移行するには

  1. Citrix ADM で、[ アプリケーション ]>[ 構成]に移動します。[Config ur ations] ページには、システムに存在するすべてのコンフィグパックが表示されます。

  2. 下にスクロールして、前に作成した example-lb configpack を探し、[ Configpack の移行] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  3. 移行対象のStyleBookの選択 ]ページが開き、Citrix ADM で利用可能なすべてのStyleBookが一覧表示されます。下にスクロールして 例の「lb-mon 」スタイルブックを探し、 「スタイルブックの選択」をクリックします。example-lb-mon と入力して、スタイルブックを検索することもできます。

    ローカライズされた画像

    あるStyleBookから別のStyleBookに移行すると、2つのStyleBookのすべてのパラメータが同じ構造にならないことがあります。パラメータ構造が類似している場合、前の値はパラメータフィールドに自動的に保持されます。新しいStyleBookのパラメータのうちいくつかは新しいものであるか、構造が変更されている可能性があります。このような場合は、StyleBookパラメーターの値を手動で入力する必要があります。たとえば、次の図は、example-lb StyleBook のパラメータを示しています。

    ローカライズされた画像

    次の図は、構成パックを example-lb-mon StyleBook に移行した後のパラメータを示しています。

    ローカライズされた画像

    この場合、StyleBookは基本的なロードバランサー設定の古い値を保持していることがわかります。ただし、モニターパラメーターの値を手動で入力する必要があります。

  4. インスタンスでモニタを作成するために使用する新しいパラメータの値を入力します。

  5. ターゲットインスタンス]で、[]をクリックし、構成を実行するCitrix ADC インスタンスのIPアドレスを選択します。ターゲットインスタンスを必要な数だけ指定することで、複数のCitrix ADC に構成を展開できます。

  6. [ ドライラン] をクリックします。[ オブジェクト ]ページには、Citrix ADC インスタンスから新規に作成、変更、または削除されるオブジェクトが表示されます。

  7. 作成 」(Create) をクリックして、選択したインスタンスの設定を作成または更新します。ターゲットインスタンスが新しい場合は、コンフィグパックが作成されます。それ以外の場合は、インスタンスにデプロイされた既存の設定が更新されます。

    注:

    更新アイコンをクリックして、最近検出されたCitrix ADC インスタンスを追加することもできます。したがって、これらのインスタンスは、このウィンドウのインスタンスのリストで即座に使用できます。更新アイコンは現在、Citrix ADM でのみ使用できます。

また、あるバージョンのStyleBookから次のバージョンにコンフィグパックを移行することもできます。また、新しいバージョンに存在する新しい必須パラメータの値を入力する必要があります。構成パックを古いバージョンのStyleBookに移行することもできます。この場合、古いStyleBookに存在しない余分なパラメータは削除されます。[ Objects ] ページには、設定から削除されたオブジェクトが表示されます。

移行が成功すると、ConfigPackは新しいスタイルブックにバインドされます。

ローカライズされた画像

コンフィグパックの名前とコンフィグパック ID が以前と同じであることがわかります。しかし、Citrix ADM は例-lbから例-lb-monにスタイルブック名を更新します。

スタイルブックを構築する

参考までに、 example-lbStyleBookの全コンテンツを以下に示します。

name: example-lb
namespace: examples.stylebooks
version: "1.0"
display-name: Basic Load Balancer App
description: This is an example StyleBook that creates a load balancer application
schema-version: "1.0"
import-stylebooks:
  -
    namespace: com.citrix.adc.stylebooks
    prefix: stlb
    version: "1.0"
parameters-default-sources:
  - stlb::lb
components:
  -
    name: lb-comp
    type: stlb::lb
    description: Uses the default lb StyleBook to build the typical lb configuration objects
    properties-default-sources:
      - $parameters
<!--NeedCopy-->

あなたの参考のために、 example-lb-mon StyleBookの全コンテンツを以下に示します。

name: example-lb-mon
namespace: examples.stylebooks
version: "1.0"
description: This is an example StyleBook that creates a load balancer application with monitors
display-name: Basic Load Balancer App with Monitors
schema-version: "1.0"
import-stylebooks:
  -
    namespace: netscaler.nitro.config
    prefix: ns
    version: "10.5"
  -
    namespace: com.citrix.adc.stylebooks
    prefix: stlb
    version: "1.0"
  -
    namespace: com.citrix.adc.commontypes
    prefix: cmtypes
    version: "1.0"
parameters-default-sources:
  - stlb::lb
parameters:
  -
    name: monitors
    label: "List of Monitors"
    description: "List of Monitors to monitor Application Servers"
    type: cmtypes::monitor[]
substitutions:
  mon-name(appname, monname): $appname + "-mon-" + $monname
components:
  -
    name: lb-comp
    type: stlb::lb
    description: Uses the default lb StyleBook to build the typical lb configuration objects
    properties-default-sources:
      - $parameters
  -
    name: monitors-comp
    type: cmtypes::monitor
    condition: $parameters.monitors
    repeat: $parameters.monitors
    repeat-item: mon
    repeat-index: ndx
    description: Builds a list of Citrix ADC monitor objects and binds them to the servicegroup of this LB config
    properties-default-sources:
      - $mon
    properties:
        monitorname: $substitutions.mon-name($parameters.lb-appname, $mon.monitorname)
    components:
      -
        name: monitor-svcg-binding-comp
        condition:  $parameters.svc-servers
        type: ns::servicegroup_lbmonitor_binding
        properties:
          servicegroupname: $components.lb-comp.outputs.servicegroup.properties.servicegroupname
          monitor_name: $parent.properties.monitorname
<!--NeedCopy-->
スタイルブックの構成パックを別のスタイルブックに移行する