Citrix Application Delivery Management 13.0

結果

Outputsセクションでは、StyleBookによってすべての構成オブジェクトが正常に作成された後にユーザーに公開する情報を指定します。StyleBookのOutputsセクションは、必要に応じて記述します。StyleBookで必ずしも出力を返す必要はありません。ただし、内部コンポーネントを出力として返すと、このStyleBookをインポートするすべてのStyleBookの柔軟性が向上します。このことは、複合StyleBookの作成時にわかります。

次の表は、Outputsセクションで使用する属性を示しています。

属性 説明 固定
名前 公開する構成オブジェクトに対応する出力の名前。 はい
説明 出力について説明するテキスト文字列。 いいえ
value この属性では、StyleBookによって返される値の抽出方法を指定します。 はい

:


outputs:
 -
   name: lbvserver
   description: LBVServer component
   value: $components.my-lbvserver-comp
 -
   name: svc-grp
     description: ServiceGroup name
     value: $components.my-svcg.properties.name
<!--NeedCopy-->

この例では、StyleBookで作成されるlbvserverコンポーネントとサービスグループの名前(name)を公開します。lbvserverという出力の値はコンポーネントmy-lbvserver-compです。同様に、svc-grpという出力の値は、コンポーネントmy-svcgによって作成されたサービスグループの名前です。

結果