Citrix Application Delivery Management 13.0

繰り返し条件構成

repeat-condition構造はrepeat構造の反復処理ごとに評価され、その結果によって、構成オブジェクトをその反復処理で作成するか次の反復処理に進むかが決定されます。次の例は、repeat-condition構造の使用方法を示しています。

:

components
   -
      name: der-key-files-comp
      type: ns::systemfile  
      repeat:
      repeat-list: $parameters.certificates
      repeat-item: certificate
        repeat-condition: $certificate.ssl-inform == DER
        properties:
         filecontent: base64($certificate.keyfile.contents)
         fileencoding: BASE64
         filelocation: /nsconfig/ssl
         filename: $certificate.keyfile.file

この例では、der-key-files-compコンポーネントはユーザーが指定したすべての証明書を反復処理しますが、DERエンコーディングの証明書に対応する構成オブジェクトのみを作成します。反復処理ごとにrepeat-condition式が評価され、証明書のエンコーディングのタイプがDERかどうかがテストされます。タイプがDERでない場合、現在の反復処理では構成オブジェクトは作成されず、反復処理は一覧の次の証明書に進みます。

繰り返し条件構成