Citrix Application Delivery Management 13.0

変数参照

コンポーネントのrepeat構造とrepeat-item構造を使用して複数の構成オブジェクトを作成するときに、repeat-item構造に変数名を割り当てることができます。この変数は、$\<varname\>記法を使用して、そのコンポーネントのプロパティまたは子コンポーネントで参照できます。コンポーネントでrepeat-item構造を省略してrepeat構造を使用する場合は、$repeat-itemというデフォルトの変数を使用して反復処理項目にアクセスできます。

:

components:
  -
    name: server-members-comp
    type: ns::server
    condition: $parameters.svc-server-domain-names
    repeat: $parameters.svc-server-domain-names
    repeat-item: server-name
    properties:
      name: $server-name + "-server"
      domain: $server-name
    components:
      -
         name: service-members-comp
         type: ns::service
         properties:
           name: $server-name + "-service"
           servername: $parent.properties.name
           servicetype: $parameters.svc-service-type
           port: $parameters.svc-server-port

上の例では、repeat-item構造に変数名server-nameが割り当てられています。この変数名は、同じコンポーネントのプロパティと子コンポーネント$\<varname\>のプロパティで参照されます。

変数参照