Citrix Application Delivery Management

システム要件

Citrix Application Delivery Management(ADM)をインストールする前に、ソフトウェア要件、ブラウザの要件、ポート情報、ライセンス情報、および制限事項を理解しておく必要があります。

Citrix ADMの要件

コンポーネント 条件
RAM 32GB
仮想CPU 8基のCPU
  注: Citrix ADM 展開では、ソリッドステートドライブ(SSD)テクノロジを使用することをお勧めします。
記憶域 必要なデフォルトのストレージ容量は 120 GB です。実際のストレージ要件は、Citrix ADM のサイズ設定の見積もりによって異なります。 Citrix ADM HA展開ガイドの最大制限 」セクション(7ページ) に記載されているサイジング計算ツールを使用します。このガイドは、 ダウンロードサイトの[ NetScaler MAS リリース12.1] > [以前のバージョン] から入手できます。:展開ガイドとサイジング計算ツールにアクセスするには、Citrixアカウントが必要です。
  Citrix ADM ストレージ要件が120GBを超える場合は、追加のディスクを接続する必要があります。追加できるディスクは 1 つだけです。
  初期展開の時点で、記憶域を見積もり、追加のディスクを接続することをお勧めします。
  詳しくは、「 Citrix ADM に追加のディスクを接続する方法」を参照してください。
仮想ネットワークインターフェイス 1
スループット 1Gbpsまたは100Mbps

Citrix ADM は AMD チップセットではサポートされていません。

Citrix ADMオンプレミスエージェントの要件

コンポーネント 条件
RAM 32GB
仮想CPU 8基のCPU
記憶域 30ギガバイト
仮想ネットワークインターフェイス 1
スループット 1Gbps

Citrix ADM エージェントは、AMD チップセットではサポートされていません。

Citrix ADM機能に必要な最低限のCitrix ADCバージョン

Citrix ADM 機能 Citrix ADC ソフトウェアのバージョン
StyleBook 10.5以降
OpenStack/CloudStackのサポート 11.0 以降 (パーティションが必要な場合)
  11.1 以降(共有仮想 LAN 上のパーティションが必要な場合)
NSXのサポート 11.1 Build 47.14以降(VPX)
Mesos/Marathonのサポート 10.5以降
バックアップ/復元 Citrix ADC、10.1以降の場合
  Citrix SDXの場合、11.0以降
ジョブを使用した監視/レポート作成および構成 10.1以降
分析機能  
Web Insight 10.5以降
HDX Insight 10.1以降
Security Insight 11.0.65.31以降
Gateway Insight 11.0.65.31以降
Cache Insight 10.5以降*
SSL Insight 12.0 以降

* 統合キャッシュメトリックスは、バージョン11.0ビルド66.xを実行しているCitrix ADC インスタンスを使用するCitrix ADCitrix ADM ではサポートされません。

Citrix SD-WAN インスタンス管理の要件

Citrix SD-WAN プラットフォームのエディション/バージョンおよびCitrix ADM 機能の操作性マトリックス

プラットフォーム・ Edition Citrix SD-WAN OP Citrix SD-WAN SE Citrix SD-WAN PE
検出中 はい はい はい
Configuration はい いいえ いいえ
監視 はい いいえ いいえ
レポート (ネットワークレポート) はい いいえ いいえ
イベント管理 はい いいえ いいえ
HDX Insight はい いいえ いいえ
WAN Insight はい いいえ いいえ
HDX Insight(マルチホップ展開) はい はい いいえ

Citrix SD-WANインスタンスでサポートされるシンクライアント

Citrix ADM は、Citrix SD-WAN 展開を監視するために、次のシンクライアントをサポートしています。

  • Dell Wyse WTOSモデルR10L Rx0Lシンクライアント

  • NComputing N400

  • Dell Wyse WTOS Model CX0 C00X Xenith

  • Dell Wyse WTOS Model TXO T00X Xenith2

  • Dell Wyse WTOS Model CX0 C10LE

  • Dell Wyse WTOSモデルR00LX Rx0L HDXシンクライアント

  • Dell Wyse Enhanced SUSE Linux Enterprise, Model Dx0D, D50D

  • Dell Wyse ZX0 Z90D7(WES7)シンクライアント

Citrix ADM分析の要件

Citrix ADM機能に必要なCitrix Virtual Apps and Desktopsの最小バージョン

Citrix ADM 機能 Citrix Virtual Apps and Desktops バージョン
HDX Insight Citrix Virtual Apps and Desktops 7.0以降

Citrix ADCインスタンスでは、Citrix Gateway機能(バージョン9.3および10.xではアクセスゲートウェイエンタープライズとしてブランドされている)が使用可能である必要があります。Citrix ADM では、スタンドアロンのアクセスゲートウェイ標準アプライアンスはサポートされません。

Citrix ADM では、Citrix Virtual AppsまたはCitrix Virtual Desktopで公開され、Citrix Receiverからアクセスされるアプリケーションのレポートを生成できます。ただしこの機能は、Receiverがインストールされているオペレーティングシステムの制約を受けます。現在、Citrix ADC は、iOSまたはAndroid オペレーティングシステム上で動作するCitrix Receiverを介してアクセスされるアプリケーションやデスクトップのICAトラフィックを解析しません。

HDX Insight用にサポートされるシンクライアント

  • Dell Wyse Windowsベースのシンクライアント

  • Dell Wyse Linuxベースのシンクライアント

  • Dell Wyse ThinOS ベースのシンクライアント

  • 10ZiG Ubuntu ベースのシンクライアント

  • IGEL UD3 W7+ (M340)

  • IGEL UD3 W7 (M340C)

HDX Insightに必要なCitrix ADC インスタンスライセンス

Citrix ADM for HDX Insight によって収集されるデータは、監視対象のCitrix ADC インスタンスのバージョンとライセンスによって異なります。HDX Insight レポートは、リリース10.5以降を実行しているCitrix ADC PremiumおよびAdvancedアプライアンスの場合にのみ表示されます。

           
Citrix ADC ライセンス/期間 5分 1 時間 1日 1週間 1か月超
Standard いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
詳細設定 はい はい いいえ いいえ いいえ
Premium はい はい はい はい はい

サポートされるハイパーバイザー

次の表は、Citrix ADM でサポートされているハイパーバイザーの一覧です。

Hypervisor バージョン
Citrix Hypervisor 7.1 と 7.4
VMware ESX 6.0、6.5、6.7、および 7.0
Microsoft Hyper-V 2012 R2および2016
汎用KVM RHEL 7.4 and Ubuntu 16.04

サポートされているオペレーティングシステムと受信機のバージョン

次の表に、Citrix ADM でサポートされているオペレーティングシステムと、各システムで現在サポートされているCitrix Receiverのバージョンを示します。

オペレーティングシステム Receiverのバージョン
Windows 4.0 Standard Edition
Linux 13.0.265571以降
Mac 11.8、Build 238301以降
HTML5 1.5*
Chromeアプリ 1.5*

* Citrix CloudBridge(Citrix SD-WANOP)リリース7.4以降に適用されます。

サポートされているブラウザー

次の表は、Citrix ADM でサポートされているWebブラウザの一覧です。

ウェブブラウザ バージョン
Internet Explorer 11.0以降
Google Chrome Chrome 19以降
Safari Safari 5.1.1以降
Mozilla Firefox Firefox 3.6.25以降

サポートされるポート

Citrix ADM は、Citrix ADC IP(NSIPと呼ばれる)アドレスを使用してCitrix ADC と通信します。ADM エージェントは、ADC インスタンスと ADM または SD-WAN インスタンスと ADM の間の中間として使用できます。これらのサーバーとの通信を確立するには、必要なポートを開きます。

Citrix ADCを高可用性モードで構成した場合、Citrix ADM はCitrix ADC サブネットIP(管理SNIP)アドレスを使用してCitrix ADCと通信します。SNIPを使用してCitrix ADMと通信する場合、必要なポートは同じままです。

エージェントレス展開のネットワークポート図:

エージェントレス展開用のネットワークポート

ADM エージェントを含む展開のネットワークポート図

エージェントが導入されたネットワークポート

次の項では、必要なポートとその目的について説明します。

ADM サーバのポート

この表は、ADMサーバで開く必要のある必須ポートを示しています。

ポート 種類 詳細 コミュニケーションの方向
5454 と 22 TCP 高可用性モードのCitrix ADM ノード間の通信およびデータベース同期用のデフォルトポート。 Citrix ADMプライマリノードからCitrix ADMセカンダリノードへ
443/8443/7443 TCP Citrix ADMエージェントとCitrix ADM間の通信用のポート。 Citrix ADMエージェントがCitrix ADMとの通信を開始します。その後、Citrix ADMとエージェントが相互にやり取りします。

ADM および ADC インスタンスが通信にエージェントを使用していない場合は、必ず ADM サーバーで次のポートを開きます。

ポート 種類 詳細 コミュニケーションの方向
80/443 TCP Citrix ADMからCitrix ADCまたはCitrix SD-WANインスタンスへのNITRO 通信用。 Citrix ADM エージェントからCitrix ADCに、Citrix ADCからCitrix ADMエージェントへのシトリックス
4739 UDP Citrix ADCまたはCitrix SD-WANインスタンスからCitrix ADM へのAppFlow ow通信の場合。 Citrix ADCまたはCitrix SD-WAN からCitrix ADMエージェントへ
162 UDP Citrix ADCインスタンスからCitrix ADM にSNMPイベントを受信する。 Citrix ADC からCitrix ADMエージェントへ
514 UDP Citrix ADCまたはCitrix SD-WANインスタンスからCitrix ADM へのsyslogメッセージを受信する。 Citrix ADCまたはCitrix SD-WAN からCitrix ADMエージェントへ
5557/5558 TCP Citrix ADCからCitrix ADM へのログストリーム通信(Security Insight、Web Insight、HDX Insight用)。 Citrix ADC からCitrix ADM へ

ADMエージェントのポート

この表は、ADMエージェント上で開く必要がある必須ポートを示しています。

ポート 種類 詳細 コミュニケーションの方向
80/443 TCP Citrix ADMからCitrix ADCまたはCitrix SD-WANインスタンスへのNITRO 通信用。 Citrix ADM エージェントからCitrix ADCに、Citrix ADCからCitrix ADMエージェントへのシトリックス
4739 UDP Citrix ADCまたはCitrix SD-WANインスタンスからCitrix ADM へのAppFlow ow通信の場合。 Citrix ADCまたはCitrix SD-WAN からCitrix ADMエージェントへ
162 UDP Citrix ADCインスタンスからCitrix ADM にSNMPイベントを受信する。 Citrix ADC からCitrix ADMエージェントへ
514 UDP Citrix ADCまたはCitrix SD-WANインスタンスからCitrix ADM へのsyslogメッセージを受信する。 Citrix ADCまたはCitrix SD-WAN からCitrix ADMエージェントへ
5557/5558 TCP Citrix ADCからCitrix ADM へのログストリーム通信(Security Insight、Web Insight、HDX Insight用)。 Citrix ADC からCitrix ADM へ

ADCおよびSD-WANインスタンス用のポート

次の表では、Citrix ADCおよびSD-WANインスタンスで開く必要がある必須ポートについて説明します。

ポート 種類 詳細 コミュニケーションの方向
80/443 TCP Citrix ADM からCitrix ADCまたはCitrix SD-WANインスタンスへのNITRO 通信用です。443。高可用性モードのCitrix ADM サーバー間のNITRO 通信用。 Citrix ADM からCitrix ADC へ、Citrix ADC からCitrix ADMへ
22 TCP Citrix ADM からCitrix ADCまたはCitrix SD-WANインスタンスへのSSH通信用です。高可用性モードで展開されたCitrix ADM サーバー間の同期用。また、このポートは、ADMエージェントとCitrix ADC間のSSH通信に必要です。 Citrix ADM からCitrix ADC へ。または、Citrix ADCへのCitrix ADMエージェント。
予約されているポートなし ICMP 高可用性モードで展開されたCitrix ADM とCitrix ADC インスタンス、SD WANインスタンス、またはセカンダリCitrix ADMサーバー間のネットワーク到達可能性を検出するため。 Citrix ADM からCitrix ADC へ
161 UDP ADC インスタンスからイベントをポーリングする。 Citrix ADM からCitrix ADC へ

注:

ADM 高可用性展開の場合、ADM からの通信はすべてプライマリノード IP アドレスを使用します。

外部サーバーのポート

次の表では、外部サーバで開く必要がある必須ポートについて説明します。

ポート 種類 詳細 コミュニケーションの方向
25 TCP Citrix ADM からユーザーにSMTP通知を送信する場合。 ユーザーへのCitrix ADM。
389/636 TCP 認証プロトコルのデフォルトポートです。Citrix ADM とLDAP外部認証サーバー間の通信用。 Citrix ADMからLDAP外部認証サーバーへ
123 UDP のデフォルト NTP サーバポート。複数のタイムソースと同期しています。 NTPサーバへのCitrix ADM
1812 RADIUS 認証プロトコルのデフォルトポートです。Citrix ADM とRADIUS外部認証サーバー間の通信用。 Citrix ADMからRADIUS外部認証サーバーへ
49 TACACS 認証プロトコルのデフォルトポートです。Citrix ADM とTACACS外部認証サーバー間の通信用。 Citrix ADMからTACACS外部認証サーバーへ

制限事項

Citrix ADM 12.1以降では、次の機能がIPv6形式のIPアドレスをサポートしています。

  1. Citrix ADM GUIの管理アクセス

  2. Citrix ADCの管理アクセス

  3. 登録とインベントリ

  4. ネットワークダッシュボード

  5. SSL ダッシュボード

  6. 設定ジョブ

  7. 監査の設定

  8. ネットワーク機能

  9. ネットワークレポート

  10. ADCインスタンスのバックアップとリストア

  11. Citrix ADCからのSNMPイベント

次の機能は IPv6 をサポートしません。

  1. 高可用性フローティング IP

  2. IPv6 をサポートする ADC から受信した syslog

  3. IPv6をサポートするADC上のスタイルブック

  4. Analytics

  5. プールライセンス