Citrix Application Delivery Management

HDX Insight

HDX Insight は、Citrix ADC を通過するCitrix Virtual Apps and DesktopsへのHDXトラフィックをエンドツーエンドで可視化します。管理者は、HDX Insightを通じて、リアルタイムのクライアントとネットワークの遅延測定基準、履歴レポート、エンドツーエンドのパフォーマンスデータを確認し、パフォーマンスの問題をトラブルシューティングできます。リアルタイムの可視性と履歴データの両方を利用できるため、Citrix Application Delivery Management(ADM)はさまざまなユースケースをサポートできます。

データを表示させるには、Citrix Gateway 仮想サーバーでAppFlow を有効にする必要があります。AppFlow は、IPFIXプロトコルまたはLogStreamメソッドによって配信することができます。

ICAラウンドトリップ時間の計算を記録するには、次のポリシー設定を有効にします。

  • ICA往復計算

  • ICA往復計算間隔

  • アイドル接続のICA往復計算

個々のユーザーをクリックすると、選択した時間枠内でユーザーが行った各HDXセッション(アクティブまたは終了済み)を確認できます。その他の情報には、セッション中に消費されるレイテンシー統計および帯域幅が含まれます。また、オーディオ、プリンタマッピング、クライアントドライブマッピングなど、個々の仮想チャネルから帯域幅情報を取得することもできます。

注:

グループを作成するときに、グループに役割を割り当てたり、グループへのアプリケーションレベルのアクセスを提供したり、ユーザーをグループに割り当てたりすることができます。Citrix ADM 分析では、仮想IPアドレスベースの認証がサポートされるようになりました。ユーザーは、権限のあるアプリケーション(仮想サーバー)のみのすべての Insightのレポートを表示できるようになりました。グループおよびグループへのユーザの割り当ての詳細については、「 グループを設定する」を参照してください。

ゲートウェイ]>[HDX Insight]>[アプリケーション ]に移動し、[ 起動時間]をクリックしてアプリケーションの起動にかかった時間を確認することもできます。[ゲートウェイ] > [HDX Insight] > [ユーザー] の順に移動して、接続しているすべてのユーザーのユーザーエージェントを表示することもできます。

注:HDX Insightは、ソフトウェアバージョン12.0で実行されているCitrix ADC インスタンスで構成された管理パーティションをサポートしています。

次のシンクライアントがHDX Insightをサポートしています。

  • WYSE Windows ベースのシンクライアント

  • WYSE Linux ベースのシンクライアント

  • WYSE Thinos ベースのシンクライアント

  • 10ZiG Ubuntu ベースのシンクライアント

パフォーマンス遅延問題の根本原因の特定

シナリオ1

Citrix Virtual Apps and Desktops へのアクセス中に遅延が発生しています。

遅延の原因として考えられるのは、サーバーネットワークの遅延、サーバーネットワークに起因するICAトラフィックの遅延、またはクライアントネットワークの遅延です。

問題の根本原因を特定するために、次の測定基準を分析します。

  • WAN 遅延

  • DCの遅延

  • ホストの遅延

クライアント・メトリックを表示する手順は、次のとおりです。

  1. ゲートウェイ > HDX Insight > ユーザーの順に移動します

  2. 下にスクロールしてユーザー名を選択し、リストからピリオドを選択します。期間は、1 日、1 週間、1 か月にすることができます。また、データを表示する期間をカスタマイズすることもできます。

  3. グラフには、指定した期間におけるユーザーのICA RTTおよびDCレイテンシー値がグラフとして表示されます。

    HDXアナリティクス

  4. [現在のセッション] テーブルで、RTT値の上にマウスを置き、ホスト遅延、DC 遅延、および WAN 遅延の値をメモします。

  5. 現在のセッション 」(Current Sessions) テーブルで、ホップ図のシンボルをクリックして、クライアントとサーバー間の接続に関する情報 (遅延値を含む) を表示します。

    HDX分析1

概要

この例では、 DC レイテンシー は 751 ミリ秒、 WAN レイテンシー は 52 ミリ秒、 ホスト遅延 は 6 秒です。これは、サーバネットワークによる平均遅延が原因で、ユーザが遅延していることを示します。

シナリオ2

Citrix Virtual AppまたはDesktopでアプリケーションの起動中に遅延が発生する

遅延の原因として考えられるのは、サーバーネットワークの遅延、サーバーネットワークに起因するICAトラフィックの遅延、クライアントネットワークの遅延、またはアプリケーションの起動にかかる時間です。

問題の根本原因を特定するために、次の測定基準を分析します。

  • WAN 遅延

  • DC 遅延

  • ホスト遅延

ユーザー・メトリックを表示する手順は、次のとおりです。

  1. ゲートウェイ > HDX Insight > ユーザーの順に移動します。

  2. 下にスクロールし、ユーザー名をクリックします。

  3. グラフィカル表示で、特定のセッションの WAN レイテンシー、DC レイテンシー、および RTT の値をメモします。

  4. 現在のセッション」(Current Sessions) テーブルで、ホストの遅延が大きいことに注意してください。

    現在のセッション

概要

この例では、DC レイテンシーは 1 ミリ秒、WAN レイテンシー は 12 ミリ秒ですが、ホスト遅延 は 517 ミリ秒です。DC および WAN のレイテンシーが低い RTT が高いのは、ホストサーバ上のアプリケーションエラーを示します。

注:ソフトウェア11.1ビルド51.21以降を実行しているCitrix ADMを使用している場合、HDX Insightは、WANジッタやサーバー側の再送信など、より多くのユーザーメトリックも表示されます。これらのメトリクスを表示するには、[ ゲートウェイ]>[HDX Insight]>[ユーザー]に移動し、ユーザー名を選択します。ユーザーの測定基準がグラフの隣の表に表示されます。

ユーザー

HDX Insight 用ジオマップ

Citrix ADM ジオマップ機能は、マップ上の異なる地理的場所でのアプリケーションの使用状況を表示します。この情報を使用して、管理者は、さまざまな地理的な場所でのアプリケーション使用状況の傾向を把握できます。

特定の地理的場所またはLANのジオマップを表示するようにCitrix ADM を構成するには、その場所のプライベートIP範囲(開始IPアドレスと終了IPアドレス)を指定します。

HDX Insightでジオロケーションマップから履歴とアクティブなユーザーの詳細も表示できます。[ ゲートウェイ] > [HDX Insight] に移動し、マップの [ 世界 ] セクションで、詳細を表示する国または地域をクリックします。更に情報を表示するために、市と州でドリルダウンすることができます。

データセンターの geomap を設定するには、次の手順に従います。

[ 設定] > [Analytics 設定] > [IP ブロック ] に移動して、特定の場所のジオマップを構成します。

プライベート IP ブロック

使用例

このシナリオでは2つのブランチオフィスを持つABCという名前の企業を扱います。ABCはサンタクララとインドにブランチオフィスがあります。

サンタクララユーザーは、Sclara.x.comのCitrix Gateway アプライアンスを使用してVPNトラフィックにアクセスします。インドのユーザーは、India.x.comのCitrix Gateway アプライアンスを使用してVPNトラフィックにアクセスします。

サンタクララでは、午前10時から午後5時などの特定の時間帯にSClara.x.comに接続し、VPNトラフィックにアクセスします。ほとんどのユーザーは同じCitrix Gateway にアクセスするため、VPNへの接続に遅延が生じます。そのため、一部のユーザーはSclara.x.comではなくIndia.x.comに接続します。

トラフィックを分析するCitrix ADC管理者は、地理マップ機能を使用して、サンタクララオフィスのトラフィックを表示できます。このマップは、サンタクララオフィスの応答時間が長くなることを示しています。これは、サンタクララオフィスには、ユーザーがVPNトラフィックにアクセスできるCitrix Gateway アプライアンスが1つしかないためです。したがって、管理者は別のCitrix Gateway をインストールして、ユーザーがVPNにアクセスするための2つのローカルCitrix Gatewayアプライアンスを持つようにすることもできます。

HDX analytics2

制限事項

Citrix ADC インスタンスにAdvancedライセンスがある場合、分析データは1時間しか収集されないため、Citrix ADM for HDX Insight に設定されたしきい値はトリガーされません。

HDX Insight