Citrix Application Delivery Management

TCP Insight

Citrix Application Delivery Management(ADM)のTCP Insight機能は、データ伝送におけるネットワークの輻輳を回避するために、Citrix ADC アプライアンスで使用される最適化手法と輻輳制御戦略(またはアルゴリズム)のメトリックを監視するための簡単でスケーラブルなソリューションを提供します。この機能では、TCPを最適化して、またはしないでTCPファイルのダウンロードやアップロードのパフォーマンスを測定する「TCPスピードレポート」機能を使用します。

データ量、スループット、 速度などの主要なトランスポート層のメトリックを表示し、その情報を使用してCitrix ADCインスタンスによって処理されるトラフィック量を測定し、TCP最適化の利点を検証できます。上記のメトリックには、ストリーム方向(クライアントからCitrix ADC およびCitrix ADCからオリジンサーバーへ)、TCPポート、および仮想LANによる分類が提供されます。

前提条件

TCP Insight機能の構成を開始する前に、以下の前提条件が満たされていることを確認してください。

  • Citrix ADC インスタンスは、ソフトウェアバージョン11.1ビルド51.21以降で実行されています。

  • ソフトウェアバージョン11.1ビルド51.21以降で実行されているCitrix ADM をインストールしている。

  • アプリケーション用に構成されているすべての仮想サーバーには、Citrix ADM の管理と監視のライセンスが付与されます。
    Citrix ADMライセンスについて詳しくは、ライセンスを参照してください。

TCP Insightの有効化

TCP Insightメトリックを表示する前に、Citrix ADM でこの機能を有効にする必要があります。

TCP Insightを有効にするには:

  1. Webブラウザで、Citrix ADM 仮想アプライアンスのIPアドレス(例: http://192.168.100.1)を入力します。

  2. [User Name][Password] に管理者の資格情報を入力します。

  3. [ Analytics ] > [ 設定] に移動し、[ Analyticsの機能を有効にする] をクリックします。

  4. [ Analyticsの機能を有効にする ] ページで、[ TCP Insightを有効にする] を選択します。

  5. 確認ウィンドウで、[ OK] をクリックします。

Citrix ADM でのTCP Insightメトリックの表示

Citrix ADM でTCP Insightを有効にすると、トラフィックモード(インターネットまたはモバイルデータ)、データボリューム、スループット、インターフェイス、ポート、平均アップロード速度、平均ダウンロード速度などの主要なトランスポート層情報を表示できます。

Citrix ADM でTCP Insightメトリックを表示するには:

[ Analytics ] > [ TCP Insight] に移動します。

棒グラフにマウスポインターを合わせると、対応するトランスポートテクニックのデータ量が表示されます。また、グラフの下の表にデータボリュームとその他のメトリックを表示できます。

注: グラフに表示される指標をカスタマイズするには、表の [設定] アイコンを使用します。メトリックに関連する期間を選択したり、タイムスライダーを使用して期間を調整することもできます。

TCP Insight リストから選択して、インターフェイス、ポート、ビットレートなどのメトリックを表示することもできます。

使用例

以下のユースケースは、Citrix ADC アプライアンス上でTCP Insightを使用する方法の一部を示しています。

  • TCP 最適化の利点の評価

  • TCP パラメータの調整

  • トラフィック量に対するTCP最適化の影響を測定

TCP 最適化の利点の評価

Citrix ADC TCP最適化は、実際にモバイル(無線)またはエンタープライズネットワーク(インターネット)にどの程度のメリットがあるか。TCP経由で発生するデータ転送の速度を表示して、最適化されていないパフォーマンスと最適化されたパフォーマンスを比較できます。これらの測定は、ダウンロード方向とアップロード方向(常に無線/クライアント側から)や異なる宛先ポート(HTTP (80)とHTTPS (443))で個別に表示されます。 TCP Insight メトリックスを調べることで、TCP フローを最適化することで得られる速度の向上を数値化できます。

これらのパラメーターの概要を表示するには、Citrix ADM にログオンし、[ TCP Insight ]タブをクリックします。次に、[ 側面 ] をクリックし、棒グラフまたはグラフの下の表から [ インターネット ] または [ ラジオ ] を選択します。

TCP の最適化

TCP パラメータの調整

異なるTCPプロファイルを使用すると、同じトラフィックから異なる出力が生成されます。このような状況では、Citrix ADC で異なるTCP最適化プロファイルが実行されている期間の速度測定値を表示および比較することができます。それらの結果を利用して、転送速度が上がるようにTCPパラメーターを調整したり、特定のお客様のネットワークでのユーザー体験を最大限に高めるTCPプロファイルを作成したりできます。

レポートを表示するには、Citrix ADM にログオンします。次に、[ TCP Insight ] タブで [ ビットレート] をクリックし、棒グラフまたはグラフの下にある表から目的のビットレートを選択します。

TCP パラメータ

トラフィック量に対するTCP最適化の影響を測定

Citrix ADC インスタンスが処理するIP層データボリューム/スループットの測定値を異なる期間間で比較して、TCP最適化がサブスクライバデータ消費に与える影響を評価できます。測定は、ネットワークの各サイド(無線サイドとインターネットサイド)、さまざまなトラフィックセグメント(さまざまなインターフェイスやVLANによって線引き)、各方向(ダウンリンクとアップリンク)、さまざまな宛先ポート(HTTPとHTTPS)に個別に適用できます。この比較を利用して、TCP最適化によりサブスクライバーのデータ消費が促進されていることを確認できます。

測定値の概要を表示するには、Citrix ADM にログオンし、[ TCP Insight ]タブで[ 側面]をクリックし、棒グラフまたはグラフの下の表から[ インターネット ]または[ 無線 ]を選択します。

タイムリストから別のタイムフレームを選択することもできます。期間は、スライダーを使用してカスタマイズできます。

TCP トラフィックボリューム

TCP Insight