Citrix Application Delivery Management

Citrix ADM をServiceNowインスタンスと統合する

Citrix ADC および ADM イベントの ServiceNow 通知を有効にする場合は、Citrix ADM を ServiceNow インスタンスと統合します。この統合では、 Citrix ITSM コネクタを使用して Citrix ADM と ServiceNow インスタンス間の通信を行います。

ServiceNow と ADM の統合では、トークンベースの認証に ITSM アダプタサービスを使用します。そのために、ServiceNow にエンドポイントインスタンスが作成されます。詳細については、「 ITSM アダプタの仕組み」を参照してください。

ServiceNow と ADM の統合アーキテクチャ

ADM オンプレミス展開を ITSM アダプタに接続するには、必ず顧客 ID を設定してください。詳細については、「 顧客 ID の設定」を参照してください。

前提条件

ADM と ServiceNow を統合する前に、次のことを確認してください。

  1. Citrix Cloud にサインアップします。Citrix Cloud 管理者を管理するためのアクセス権があることを確認してください。詳しくは、「 Citrix Cloud 管理者の管理」を参照してください。

ADMをServiceNowと統合するにはどうすればいいですか

ITSMコネクタを使用してCitrix ADMとServiceNowを統合するには、次の手順を実行します。

ServiceNow と ADM を統合する手順

  1. Citrix Cloud でITSMアダプターサービスにサブスクライブします
  2. ServiceNow インスタンスにエンドポイントアクセスを作成します
  3. ServiceNow インスタンスを追加します
  4. ServiceNow チケットの自動生成を ADM でテストします

ステップ1-Citrix Cloud でITSMアダプターサービスにサブスクライブする

  1. [ ITSM アダプタ ] タイルで、[ 試用版の要求] をクリックします。

    ITSM トライアルをリクエストする

  2. [ ID アクセスと管理 ] > [ API アクセス ] に移動し、 クライアント ID とクライアントシークレットの 情報をメモします。

ステップ 2-ServiceNow インスタンスでエンドポイントアクセスを作成する

  1. 管理者の認証情報を使用して ServiceNow インスタンスにログインします。

  2. サービスNow ストアに移動します。Citrix ITSMコネクタをダウンロードしてインストールします。

  3. Citrix ITSMコネクタ ペインで、[ ホーム ]を選択し、[ 認証]をクリックします。Citrix CloudからメモしたクライアントIDとシークレットを入力します。

  4. 接続をテストします。

  5. 構成を保存します。ServiceNow からの確認応答が表示され、接続がアクティブであることを示します。

  6. ServiceNow インスタンスにアクセスするためのエンドポイントを作成します。 クライアントがインスタンスにアクセスするためのエンドポイントを作成する」を参照してください。

  7. クライアント ID とクライアントシークレットを使用して、アクセストークンとリフレッシュトークンを取得します。 OAuth トークンを参照してください

    アクセスおよび更新トークンの取得

ステップ 3-ServiceNow インスタンスを追加する

  1. [ 管理 ] タブで、[ServiceNow インスタンスの追加] を選択します。

  2. インスタンス名クライアント ID、クライアントシークレットリフレッシュトークン、アクセストークンを指定します。

  3. [テスト] をクリックします。

    ITSM アダプタに ServiceNow インスタンスを登録する

    これで、ServiceNow インスタンスが ITSM アダプタサービスに接続されました。

  4. 接続が正常にテストされたら、[ 保存 ] をクリックして ServiceNow インスタンスを追加します。

ステップ 4-ADM で ServiceNow チケットの自動生成をテストする

  1. Citrix ADM にログインします。

  2. [ アカウント] > [通知 ] に移動し、[ ServiceNow] を選択します。

  3. リストから ServiceNow プロファイルを選択します。

  4. [ テスト ] をクリックして、ServiceNow チケットを自動生成し、構成を確認します。

    Citrix ADM GUIでサービスノウチケットを表示する場合は、[ サービスノウチケット]を選択します。

ADM で ServiceNow 通知を設定する

ServiceNow インスタンスが ITSM アダプタに登録されると、Citrix ADM GUI で次のイベントに対する ServiceNow 通知を設定できます。

重要:

この機能は、ServiceNow クラウドでサポートされています。

  • Citrix ADCイベント:Citrix ADMは、選択した管理対象Citrix ADCインスタンスから、選択した一連のCitrix ADCイベントのServiceNowインシデントを生成できます。

    管理対象インスタンスからCitrix ADC イベントのServiceNow通知を送信するには、イベントルールを構成し、ルールのアクションを「 ServiceNow通知の送信」として割り当てる必要があります。

    ADM でイベントルールを作成するには、[ インフラストラクチャ] > [イベント] > [ルール]の順に移動します。詳しくは、 ServiceNow 通知の送信を参照してください

  • アプリケーション分析:Citrix ADM は、指定されたしきい値に違反するアプリケーションに対してServiceNowインシデントを生成できます。

    アプリケーション分析のための ServiceNow インシデント

    この例では、アプリケーションの App スコアが 90 未満になると ServiceNow インシデントが生成されます。

  • SSL証明書とADMライセンスイベント:Citrix ADM は、SSL証明書の有効期限およびADMライセンス有効期限イベントのServiceNoWインシデントを生成できます。

    SSL 証明書の有効期限切れに関する ServiceNow 通知を送信するには、 SSL 証明書の有効期限を参照してください

    ADMライセンスの有効期限切れに関するServiceNow通知を送信するには、「 Citrix ADM ライセンスの有効期限」を参照してください。

Citrix ADM をServiceNowインスタンスと統合する