Citrix Application Delivery Management

仮想サーバでの分析を可能にする統一されたプロセス

アナリティクスを有効にする既存のプロセスとは別に、単一ペインのワークフローを使用して次の項目についてアナリティクスを構成することもできます。

  • ライセンスされた既存の仮想サーバすべて

  • それ以降にライセンスされた仮想サーバー

この機能を設定すると、既存および後続の仮想サーバーで分析を手動で有効にする必要がなくなります。

注意点:

分析を構成する前に、Citrix ADM の次の動作を理解しておく必要があります。

  • この機能を初めて設定するときは、このドキュメントに記載されている前提条件が満たされていることを確認する必要があります。

  • アナリティクスの設定を後で変更します。

    Web Insight、HDX Insight、およびGateway Insightを選択して、初めて分析設定を構成したとします。分析設定を後で変更し、Gateway Insight の選択を解除する場合、その変更は分析ですでに有効になっている仮想サーバーには影響しません。

  • アナリティクスがすでに有効になっている仮想サーバー。

    ライセンスされた仮想サーバーが 10 台あり、そのうちの 2 台はすでに分析が有効になっているとします。このシナリオでは、この機能により、残りの 8 台の仮想サーバーについてのみ分析が有効になります。

  • Analytics で手動で無効にされた仮想サーバー。

    ライセンスされた仮想サーバが 10 台あり、2 台の仮想サーバの分析を手動で無効にしているとします。このシナリオでは、この機能により、残りの 8 台の仮想サーバーについてのみ分析が有効になり、分析で手動で無効にされた仮想サーバーはスキップされます。

  • Bot Security Violations および WAF Security Violations オプションは、プレミアムライセンスの仮想サーバーでのみサポートされます。仮想サーバーがプレミアムライセンスではない場合、 ボットセキュリティ違反とWAF セキュリティ違反は有効になりません

前提条件

以下の点を確認してください。

  • 既存のすべての仮想サーバにライセンスが付与されます。

  • 自動ライセンスオプションを有効にすると、後続のすべての仮想サーバにライセンスが付与されます。[ 設定] > [ライセンス & 分析設定] に移動し、[ 仮想サーバーライセンスの割り当て] で [ 自動ライセンス仮想サーバー ] オプションをオンにします。

分析を有効にする

  1. [ 設定] > [ライセンスと分析の設定]に移動します。

  2. [ Analytics サマリー] で、[ グローバル分析設定

    グローバルアナリティクス設定

  3. 仮想サーバーで分析を有効にする分析機能を選択します。

  4. 後続の仮想サーバーで分析を有効にするには、[ この分析設定を後続のライセンス仮想サーバーに適用する ] チェックボックスをオンにします。

  5. [Submit] をクリックします。

    アナリティクス設定

仮想サーバでの分析を可能にする統一されたプロセス

この記事の概要