Citrix Application Delivery Management

Citrix ADC VPXの永続ライセンスをCitrix ADCプール容量にアップグレードする

永続ライセンスを持つCitrix ADC VPXインスタンスは、ADCプール容量ライセンスにアップグレードできます。プールキャパシティライセンスにアップグレードすると、ライセンスプールからVPXインスタンスにオンデマンドでライセンスを割り当てることができます。高可用性モードで構成された ADC インスタンスに対して、プールされたキャパシティーライセンスを構成することもできます。高可用性モードのVPXインスタンスのプール容量ライセンスを構成するには、 Citrix ADC VPX高可用性ペアの永続ライセンスをCitrix ADCプール容量にアップグレードするを参照してください

前提条件

VPXインスタンスをバージョン12.0.56.xにアップグレードしてください。

Citrix ADC プール容量にアップグレードするには:

  1. Webブラウザで、VPXインスタンスのIPアドレス (http://192.168.100.1など) を入力します。

  2. [ ユーザー名 ] フィールドと [ パスワード ] フィールドに、管理者の資格情報を入力します。

  3. [ ようこそ ] ページで、[ 続行] をクリックします。

  4. [構成] タブで、[ システム] > [ライセンス ] に移動し、[ ライセンスの管理] をクリックします。

    Manage Licenses

  5. [ライセンス] ページで、[ 新しい **ライセンスの 追加**] をクリックします。

    ライセンス

  6. [ ライセンス ] ページで、[ リモートライセンスを使用する ] を選択し、次の操作を行います。

    リモートライセンスの使用

    1. [ リモートライセンスモード ] ドロップダウンリストで、[ プールライセンス] を選択します。

    2. [ サーバ名/IP アドレス ] フィールドに、ライセンスサーバの詳細を入力します。

    3. ADM を使用してインスタンスのプールライセンスを管理する場合は、[Citrix ADM に登録 ] チェックボックスがオンになっていることを確認し、Citrix ADM 資格情報を入力します。

    4. [続行] をクリックします。

  7. [ ライセンスの割り当て ] ウィンドウで、次の操作を行います。

    1. ドロップダウンリストからライセンスエディションを選択します。

      ライセンスの割り当て

    2. [割り当て]メニューからCitrix ADC アプライアンスに帯域幅 を割り当て て、[ ライセンスの取得]をクリックします。

      ライセンスを取得する

  8. プロンプトが表示されたら、[ Reboot ] をクリックしてアプライアンスを再起動します。

    ADCインスタンスを再起動します

  9. [確認] ダイアログボックスで [ はい] をクリックします。

  10. VPXインスタンスが再起動したら、インスタンスにログオンします。[ ようこそ ] ページで、[ 続行] をクリックします。

    ADC インスタンスのウェルカムページ

    ライセンス ]ページには、Citrix ADC VPXアプライアンスでライセンスされているすべての機能が表示されます。[ X] をクリックします。

    ライセンス

  11. [ システム] > [ライセンス ] に移動し、[ ライセンスの管理] をクリックします。

    ライセンスの管理

    [ ライセンスの管理 ] ページでは、ライセンスサーバー、ライセンスエディション、および割り当てられた帯域幅の詳細を表示できます。

Citrix ADC VPX 高可用性ペアの永続ライセンスをCitrix ADCプール容量にアップグレードする

高可用性モードで構成されたVPXインスタンスの場合、HAペアのプライマリインスタンスとセカンダリインスタンスの両方にプールされた容量を構成する必要があります。プライマリインスタンスとセカンダリインスタンスの両方で、同じ容量のライセンスを割り当てる必要があります。たとえば、HA ペアの各インスタンスから 1 Gbps の容量が必要な場合は、共通プールから 2 倍の容量 (2 Gbps) が必要です。その後、HA ペアのプライマリインスタンスとセカンダリインスタンスにそれぞれ 1 Gbps の容量を割り当てることができます。

既存のCitrix ADC VPX HAセットアップをCitrix ADCプール容量にアップグレードするには:

  1. セカンダリVPX (ノード2) インスタンスにログオンします。Webブラウザーで、Citrix ADCアプライアンスのIPアドレス(http://192.168.100.1など)を入力します。

  2. [ ユーザー名 ] フィールドと [ パスワード ] フィールドに、管理者の資格情報を入力します。

  3. [ ようこそ ] ページで、[ 続行] をクリックします。

  4. [構成] タブで、[ システム ] > [ ライセンス ] に移動し、[ ライセンスの管理] をクリックします。

    ライセンスの管理

  5. [ライセンス] ページで、[ 新しい **ライセンスの 追加**] をクリックします。

    新しいライセンスの追加

  6. [ ライセンス ] ページで、[ リモートライセンスを使用する ] を選択し、次の操作を行います。

    リモートライセンスの使用

    1. [ リモートライセンスモード ] ドロップダウンリストで、[ プールライセンス] を選択します。

    2. [ サーバ名/IP アドレス ] フィールドに、ライセンスサーバの詳細を入力します。

    3. Citrix ADM を使用してインスタンスのプールライセンスを管理する場合は、[Citrix ADM に登録 ] チェックボックスがオンになっていることを確認し、ADM 資格情報を入力します。

    4. [続行] をクリックします。

  7. [ ライセンスの割り当て ] ウィンドウで、次の操作を行います。

    1. ドロップダウンリストからライセンスエディションを選択します。

      ライセンスエディションを選択します

    2. [割り当て]メニューからCitrix ADC アプライアンスに帯域幅 を割り当て て、[ ライセンスの取得]をクリックします。

      ライセンスの割り当て

    3. プロンプトが表示されたら、[ Reboot ] をクリックしてインスタンスをウォームリスタートします。

      インスタンスをウォームリブートする

  8. [ 確認 ] ダイアログボックスで、[ はい] をクリックします。

    確認ボックス

    VPX インスタンスが再起動します。

    プロンプトが表示されたら、[ Reboot ] をクリックしてアプライアンスを再起動します。アプライアンスが新しいライセンスで起動して実行されたら、次のように入力してフェイルオーバーを強制します。force ha failover このフェールオーバーにより、HA ペアの正常な状態が保証されます。

  9. フェイルオーバー後、新しいセカンダリVPXインスタンス(ノード1)にログオンし、同じプロセスを繰り返して新しいセカンダリをプールに追加します。

    HA ペアのプライマリインスタンスとセカンダリインスタンスを元の HA ペア設定に変更する場合は、フェイルオーバーを強制します。HA ペアの任意のインスタンスで次のコマンドを実行します。

     > force ha failover
    <!--NeedCopy-->
    
  10. VPXインスタンスがプールキャパシティライセンスにアップグレードされたことを確認するには、プライマリインスタンスとセカンダリインスタンスにログオンし、次の手順を完了します。

    1. [ ようこそ ] ページで、[ 続行] をクリックします。

    2. [構成] タブで、[ システム] > [ライセンス ] に移動し、[ ライセンスの管理] をクリックします。[ ライセンスの管理 ] ページでは、ライセンスサーバー、ライセンスエディション、および割り当てられた帯域幅の詳細を表示できます。

Citrix ADC VPXの永続ライセンスをCitrix ADCプール容量にアップグレードする