Citrix Application Delivery Management

Citrix ADC プール容量を構成する

ADCプール容量を使用するには、Citrix ADMを必要なADCインスタンスのライセンスサーバーとして構成します。ADC インスタンスは ADM からライセンスをチェックインおよびチェックアウトします。ADM GUI では、次のタスクを実行できます。

  • プールされた容量ライセンスファイル(帯域幅とインスタンスプール)をライセンスサーバーにアップロードします。

  • 必要に応じて、ライセンスプールからCitrix ADC インスタンスにライセンスを割り当てます。

  • インスタンスの最小容量と最大容量に基づいて、Citrix ADC インスタンス(MPX-Z /SDX-Z/VPX/CPX/BLX)からライセンスを確認します。

  • Citrix ADC FIPS インスタンスがライセンスをチェックインまたはチェックアウトできるように、プールされた容量を構成します。

プールライセンス

サポートされているハードウェアおよびソフトウェアのバージョン

プールされた容量でサポートされているハードウェアとソフトウェアのバージョンについては、「 Citrix ADC プール容量」を参照してください。

ADCプール容量状態

プール容量状態は、ADC インスタンスのライセンス要件を示します。プールされたキャパシティで構成された ADC インスタンスは、次のいずれかの状態を表示します。

  • Optimum: インスタンスは適切なライセンス容量で実行されています。

  • Capacity Mismatch: インスタンスは、ユーザーが設定した容量よりも少ない容量で実行されています。

  • Grace: インスタンスは猶予ライセンスで実行されています。

  • Grace & Mismatch: インスタンスは猶予期間で実行されていますが、ユーザーが設定した容量よりも容量が少なくなっています。

  • Not available: インスタンスが管理用に ADM に登録されていないか、ADM からインスタンスへの NITRO 通信が機能していません。

  • 未割り当て: ライセンスはインスタンスに割り当てられません。

ステップ 1-ADM でライセンスを適用する

  1. Citrix ADM で、[ インフラストラクチャ]>[プールライセンス]に移動します。

  2. [ ライセンスファイル ] セクションで、[ ライセンスファイルの追加 ] を選択し、次のいずれかのオプションを選択します。

    • ローカルコンピュータからライセンスファイルをアップロードします。ローカルコンピュータにライセンスファイルがすでに存在する場合は、ADM にアップロードできます。

    • ライセンスアクセスコードを使用します。Citrix から購入したライセンスのライセンスアクセスコードを指定します。次に、[ ライセンスの取得] を選択します。次に、[ 完了] を選択します。

    注:

    [ ライセンス設定] からいつでも ADM にライセンスを追加できます

  3. [完了] をクリックします。

    ライセンスファイルが ADM に追加されます。[ ライセンスの有効期限情報 ] タブには、ADM に存在するライセンスと有効期限までの残り日数が一覧表示されます。

  4. [ ライセンスファイル] で、適用するライセンスファイルを選択し、[ ライセンスの適用] をクリックします。

    この操作により、ADC インスタンスは選択したライセンスをプール容量として使用できます。

手順 2-Citrix ADM をライセンスサーバーとして登録する

ADM をライセンスサーバーとして Citrix ADC インスタンスに登録するには、次のいずれかの手順に従います。

GUI を使用して ADM をライセンスサーバーとして登録する

ADM GUI で、ADM サーバーをライセンスサーバーとして登録します。

  1. Citrix ADC GUIにログインします。

  2. システム > ライセンス >ライセンスの管理に移動します**

  3. [ 新規ライセンスの追加] をクリックします。

  4. [ リモートライセンスを使用する ] を選択し、リストからリモートライセンスモードを選択します。

  5. サーバー名/IP アドレス ]フィールドで、ADM サーバーの IP アドレスを指定します。

  6. Citrix ADM に登録]を選択します。

  7. ADM 認証情報を入力して Citrix ADM にインスタンスを登録し、[ 続行] をクリックします。

    ADC でライセンスを管理する

  8. [ ライセンスの割り当て] で、ライセンスエディションを選択し、必要な帯域幅を指定します。

    初めて、Citrix ADC でライセンスを割り当てます。ADM GUI からライセンス割り当てを後で変更または解放できます。

    ADC GUIからライセンスを割り当てる

  9. [Get Licenses] をクリックします。

    重要

    ライセンスエディションを変更した場合は、インスタンスをウォームリスタートします。設定の変更は、インスタンスを再起動するまで有効になりません。

CLI を使用して ADM をライセンスサーバーとして追加する

ADC インスタンスに GUI がない場合は、次の CLI コマンドを使用して ADM サーバーをライセンスサーバーとして追加します。

  1. ADC コンソールにログインします。

  2. ADM サーバの IP アドレスを追加します。

    > add ns licenseserver <adm-server-IP-address> -port <adm-server-port-number>
    <!--NeedCopy-->
    
  3. ライセンスサーバーで使用可能なライセンス帯域幅を表示します。

    > sh ns licenseserverpool
    <!--NeedCopy-->
    
  4. 必要なライセンスエディションからライセンス帯域幅を割り当てます。

    > set ns capacity -unit <specify-mbps-or-gbps> -bandwidth <specify-amount-license-bandwidth> -edition <specify-license-edition>
    <!--NeedCopy-->
    

    ライセンスエディションには、 スタンダードエンタープライズプラチナがあります

    重要:

    ライセンスエディションを変更する場合は、インスタンスをウォーム再起動します。

    reboot -w

    設定の変更は、インスタンスを再起動するまで有効になりません。

ステップ 3-プールされたライセンスを ADC インスタンスに割り当てる

ADM GUI からプールキャパシティライセンスを割り当てるには、次の手順を実行します。

  1. Citrix ADM にログインします。

  2. インフラストラクチャ > ライセンス > 帯域幅ライセンス > プールキャパシティに移動します

    FIPS インスタンス容量は、FIPS インスタンスライセンスを ADM にアップロードする場合にだけ表示されます。

  3. 管理するライセンスプールをクリックします。

    (注)

    [ 割り当てられたキャパシティ ] フィールドには、変更された帯域幅がすぐには反映されません帯域幅の変更は、ADC のウォームリスタート後に有効になります。

    [ 割り当ての詳細] の [ Requested] および [Applied ] フィールドは、インスタンスの帯域幅割り当てを変更すると更新されます。

  4. ** ボタンをクリックして、使用可能なインスタンスのリストから ADC インスタンスを選択します。

    ADM 内のプールされたインスタンス

    [ License status ] 列には、対応するライセンス割り当てステータスメッセージが表示されます。

    注:

    管理対象外のインスタンス ]タブには、Citrix ADMで検出され管理されていないインスタンスが表示されます。

    管理対象外のインスタンス

  5. [ 割り当ての変更 ] または [ 割り当ての解除 ] をクリックして、ライセンスの割り当てを変更します。

  6. ライセンスサーバーで使用可能なライセンスを示すポップアップウィンドウが表示されます。

  7. [Allocate list] オプションを設定して、インスタンスへの帯域幅またはインスタンスの割り当てを選択できます。選択が完了したら、[ 割り当て] をクリックします。

  8. 「ライセンス割り当ての変更」 ウィンドウのリストオプションから、割り当てられたライセンスエディションを変更することもできます

    [ライセンス割り当ての変更]ウィンドウ

    注:

    ライセンスエディションを変更した場合は、インスタンスをウォームリスタートします。

ADC インスタンスでプールされたキャパシティーを構成する

次の ADC インスタンスでプールキャパシティーライセンスを設定できます。

Citrix ADC MPX-Z インスタンス

MPX-Z はプール容量対応の ADC MPX アプライアンスです。MPX-Z は、プレミアム、アドバンスト、またはスタンダードエディションのライセンスの帯域幅プーリングをサポートします。

MPX-Z をライセンスサーバーに接続するには、プラットフォームライセンスが必要です。MPX-Z プラットフォームライセンスは、次のいずれかでインストールできます。

  • ローカルコンピュータからライセンスファイルをアップロードする。
  • インスタンスのハードウェアシリアル番号を使用する。
  • インスタンスの GUI の [ システム ] > [ ライセンス ] セクションにあるライセンスアクセスコード。

MPX-Z プラットフォームライセンスを削除すると、プールキャパシティ機能は無効になります。インスタンスライセンスがライセンスサーバーに解放されます。

MPX-Z インスタンスの帯域幅は、再起動せずに動的に変更できます。再起動が必要になるのは、ライセンスエディションを変更する場合のみです。

注:

インスタンスを再起動すると、構成済みの容量に必要なプールされたライセンスが自動的にチェックアウトされます。

Citrix ADC VPXインスタンス

プールキャパシティが有効なADC VPXインスタンスは、帯域幅プール (プレミアム/アドバンス/スタンダードエディション) からライセンスをチェックアウトできます。ADC GUI を使用して、ライセンスサーバーからライセンスをチェックアウトできます。

VPXインスタンスの帯域幅は、再起動しなくても動的に変更できます。再起動が必要になるのは、ライセンスエディションを変更する場合のみです。

注:

インスタンスを再起動すると、構成済みのプールキャパシティーライセンスは ADM サーバーから自動的にチェックアウトされます。

Citrix ADC の高可用性ペア

開始する前に、ADM サーバがライセンスサーバとして設定されていることを確認します。詳しくは、「 ADM をライセンスサーバーとして構成する」を参照してください。

高可用性モードで構成された ADC インスタンスでは、高可用性ペアの各ノードでプールされた容量を構成する必要があります。プライマリノードとセカンダリノードの両方に、同じ容量のライセンスを割り当てる必要があります。たとえば、HA ペアの各インスタンスから 1 Gbps の容量が必要な場合は、共通プールから 2 倍の容量 (2 Gbps) が必要です。その後、各ノードに 1 Gbps の容量を割り当てることができます。

ペアの各ノードにプールライセンスを割り当てるには、 プールされたライセンスを ADC インスタンスに割り当てるに記載されている手順に従います。最初に最初のノードにライセンスを割り当ててから、同じ手順を繰り返して 2 番目のノードにライセンスを割り当てます。