Citrix Application Delivery Management

Citrix ADC MPXの永続ライセンスをCitrix ADCプール容量にアップグレードする

永続ライセンスを持つCitrix ADC MPXアプライアンスは、Citrix ADC プール容量ライセンスにアップグレードできます。Citrix ADC プール容量ライセンスにアップグレードすると、ライセンスプールからCitrix ADC アプライアンスにライセンスをオンデマンドで割り当てることができます。高可用性モードで構成されたCitrix ADC インスタンスのCitrix ADCプールキャパシティーライセンスを構成することもできます。高可用性モードのCitrix ADC MPXインスタンスのCitrix ADC プール容量ライセンスを構成するには、 Citrix ADC MPX 高可用性ペアの永続ライセンスを Citrix ADC プール容量にアップグレードするを参照してください

永久ライセンスからプールされたキャパシティライセンスへの移行は、ライセンスの権利付与のための一方向のプロセスです。プールされたキャパシティライセンスを永久ライセンスに戻すことはできません。 重要

Citrix ADC MPXアプライアンスをCitrix ADC プール容量ライセンスにアップグレードするには、MPX-Zライセンスをアプライアンスにアップロードする必要があります。

Citrix ADC プール容量にアップグレードするには:

  1. Webブラウザーで、Citrix ADCアプライアンスのIPアドレス(http://192.168.100.1など)を入力します。

  2. [ ユーザー名 ] フィールドと [ パスワード ] フィールドに、管理者の資格情報を入力します。

  3. [ ようこそ ] ページで、[ 続行] をクリックします。

  4. ゼロキャパシティライセンス (MPX-Z ライセンス) をアップロードします。[構成] タブで、[ システム ] > [ ライセンス] に移動します。

  5. 詳細ウィンドウで、[ ライセンスの管理] をクリックし、[ **新しいライセンスの追加**] をクリックします。

  6. [ ライセンス ] ページで、[ ライセンスファイルのアップロード ] を選択し、[ 参照 ] をクリックして、ローカルマシンからゼロキャパシティライセンスを選択します。

    ライセンスファイルのアップロード

  7. ライセンスがアップロードされたら、[ Reboot ] をクリックしてアプライアンスを再起動します。

    警告

    MPX-Z ライセンスを適用すると、アプライアンスの SSL オフロードを含む機能のライセンスが解除されます。アプライアンスは HTTPS 要求の処理を停止します。

    アップグレード前にアプライアンスで[ セキュアアクセスのみ ]オプションが有効になっている場合、HTTPSを使用してCitrix ADM GUI経由でアプライアンスに接続することはできません。

    ADCインスタンスの再起動

  8. [ 確認 ] ページで、[ はい] をクリックします。

    はい

  9. アプライアンスが再起動したら、アプライアンスにログオンします。

  10. [ようこそ] ページで、[ ライセンス ] セクションをクリックします。

    設定を保存して再起動

  11. [ ライセンスサーバー ] セクションで、次の操作を行います。

    ライセンスサーバーの構成

    1. [ サーバ名/IP アドレス ] フィールドに、ライセンスサーバの詳細を入力します。

    2. [ License Port ] フィールドに、ライセンスサーバのポートを入力します。デフォルト値:27000。

    3. Citrix ADM を使用してインスタンスのプールライセンスを管理する場合は、[ 管理しやすくするためにライセンスサーバーに登録する ]チェックボックスをオンにして、ADM 資格情報を入力します。

    4. [続行] をクリックします。

  12. [ ライセンスの割り当て ] ウィンドウで、次の操作を行います。

    1. ドロップダウンリストからライセンスエディションを選択します。

      ライセンスを割り当てる

    2. [割り当て]メニューからCitrix ADC アプライアンスに帯域幅 を割り当て て、[ ライセンスの取得]をクリックします。

      ライセンスを取得する

    3. プロンプトが表示されたら、[ Reboot ] をクリックしてアプライアンスを再起動します。

  13. Citrix ADC MPXアプライアンスが再起動したら、Citrix ADC MPXアプライアンスにログオンします。[ ようこそ ] ページで、[ 続行] をクリックします。

    MPXアプライアンスのログオン後

    [ ライセンス ] ページには、ライセンスされたすべての機能が一覧表示されます。

    ADCの特長

  14. [ システム] > [ライセンス ] に移動し、[ ライセンスの管理] をクリックします。

    ライセンスの管理

    [ Manage Licenses ] ページでは、ライセンスサーバー、ライセンスエディション、および割り当てられた帯域幅の詳細を表示できます。

    ライセンスサーバーのライセンス詳細

Citrix ADC MPX高可用性ペアの永続ライセンスをCitrix ADCプール容量にアップグレードする

高可用性モードで構成された MPX アプライアンスでは、HA ペアのプライマリ ADC インスタンスとセカンダリ ADC インスタンスの両方でプールされた容量を構成する必要があります。HAペアのプライマリCitrix ADCインスタンスとセカンダリCitrix ADCインスタンスの両方に同じ容量のライセンスを割り当てます。たとえば、HA ペアの各インスタンスから 1 Gbps の容量が必要な場合は、共通プールから 2 Gbps の容量を割り当てる必要があります。2 Gbps の容量で、HA ペアのプライマリおよびセカンダリ Citrix ADC インスタンスにそれぞれ 1 Gbps を割り当てることができます。

重要

Citrix ADC MPXアプライアンスをアップグレードしてCitrix ADC プール容量ライセンスを使用するには、MPX-Zをアプライアンスにアップロードする必要があります。

前提条件

MPX-Z ライセンスは、HA ペアのプライマリインスタンスとセカンダリインスタンスの両方にアップロードしてください。

高可用性ペアのCitrix ADC MPXインスタンスにMPX-Zライセンスをアップロードするには:

  1. Webブラウザで、アプライアンスの IP アドレス(http://192.168.100.1など)を入力します。

  2. [ ユーザー名 ] フィールドと [ パスワード ] フィールドに、管理者の資格情報を入力します。

  3. [ ようこそ ] ページで、[ 続行] をクリックします。

  4. ゼロキャパシティライセンス (MPX-Z ライセンス) をアップロードします。[Configuration] タブで、[System]>[Licenses] の順に移動します。

  5. 詳細ウィンドウで、[ ライセンスの管理] をクリックし、[新しいライセンスの追加] をクリックします。

  6. [ ライセンス ] ページで、[ ライセンスファイルのアップロード ] を選択し、[ 参照 ] をクリックして、ローカルマシンからゼロキャパシティライセンスを選択します。

    ライセンスファイルのアップロード

    ライセンスがアップロードされると、アプライアンスを再起動するように求められます。

  7. [ Reboot ] をクリックして、アプライアンスを再起動します。

    アプライアンスを再起動します

  8. [ 確認 ] ページで、[ はい] をクリックします。

確認メッセージ

既存の高可用性セットアップをCitrix ADC プール容量にアップグレードするには:

  1. セカンダリCitrix ADC MPXインスタンスにログオンします。Webブラウザーで、Citrix ADCアプライアンスのIPアドレス(http://192.168.100.1など)を入力します。

  2. [ ユーザー名 ] フィールドと [ パスワード ] フィールドに、管理者の資格情報を入力します。

  3. [ ようこそ ] ページで、[ ライセンス ] セクションをクリックします。

    高可用性セットアップへようこそ

  4. [ ライセンスサーバー ] セクションで、次の操作を行います。

    ライセンス サーバー

    1. [ サーバ名/IP アドレス ] フィールドに、ライセンスサーバの詳細を入力します。

    2. [ License Port ] フィールドに、ライセンスサーバのポートを入力します。デフォルト値:27000。

    3. Citrix ADM を使用してインスタンスのプールライセンスを管理する場合は、[ 管理性のためにライセンスサーバーに登録 する]チェックボックスをオンにして、ADM 認証情報を入力します。

    4. [続行] をクリックします。

  5. [ ライセンスの割り当て ] ウィンドウで、次の操作を行います。

    1. ドロップダウンリストからライセンスエディションを選択します。

      ライセンスを割り当てる

    2. [割り当て]メニューからCitrix ADC アプライアンスに帯域幅 を割り当て て、[ ライセンスの取得]をクリックします。

      ライセンスを取得する

    3. プロンプトが表示されたら、[ Reboot ] をクリックしてアプライアンスを再起動します。アプライアンスが新しいライセンスで起動して実行されたら、次のように入力してフェイルオーバーを強制します。force ha failover このフェールオーバーにより、HA ペアの正常な状態が保証されます。

  6. 既存のプライマリCitrix ADC MPXアプライアンスにログオンし、アプライアンスを再起動します。以下の手順に従います。

    1. Webブラウザーで、Citrix ADCアプライアンスのIPアドレス(http://192.168.100.1など)を入力します。

    2. [ ユーザー名 ] フィールドと [ パスワード ] フィールドに、管理者の資格情報を入力します。

    3. [ ようこそ ] ページで、[ 続行] をクリックします。

    4. [ 構成 ] タブで [ システム] をクリックします。

    5. [ システム ] ページで、[ 再起動] をクリックします。

      インスタンスを再起動する

    6. [ 再起動 ] ページで、[ ウォーム再起動 ] を選択し、[ OK] をクリックします。

      設定を保存して再起動

    プライマリCitrix ADC MPXアプライアンスが再起動すると、HAペアのセカンダリCitrix ADC MPXアプライアンスになります。HA ペアのプライマリインスタンスとセカンダリインスタンスを元の HA ペア設定に変更する場合は、フェイルオーバーを強制します。HA ペアの任意のインスタンスで次のコマンドを実行します。

    > force ha failover
    <!--NeedCopy-->
    
Citrix ADC MPXの永続ライセンスをCitrix ADCプール容量にアップグレードする