Citrix Application Delivery Management

ADM エージェントにアクセスするためのセカンダリ NIC の設定

ADM エージェントには 2 つの NIC を設定できます。デュアルNICアーキテクチャを使用すると、ADMエージェントは次のことが可能になります。

  • ADMエージェントとADCインスタンス間の通信を確立する-最初のNICを使用して、Citrix ADMを介して送受信されるトラフィックを分離したり、別のネットワーク上のCitrix ADMとその管理対象Citrix ADCインスタンス間の通信を行うことができます。

  • ADMエージェントとCitrix ADM間の通信の確立-2つ目のNICを使用して、ネットワーク上のCitrix ADM を管理し、管理タスクを実行できます

両方の NIC の機能と構成を入れ替えることはできません。

デュアル NIC インフラストラクチャのブロック図

このシナリオでは、管理者は次のことができます。

  • Citrix ADM と、その管理対象の Citrix ADC インスタンス間のトラフィックの IP アドレスを設定します。

  • Citrix ADM ソフトウェアを管理するためのIPアドレスを設定して、ソフトウェア内のすべての管理タスクを実行します。

ADM エージェントにはデュアル NIC の設定は必須ではありません。 これはオプションであり、ADMエージェント、Citrix ADM、およびADC間のトラフィックを分離する必要がある場合にのみ必要です。

CLIを使用してIPV4 NICネットワークアドレスを変更する

  1. PuTTY などの SSH クライアントを使用して、Citrix ADM エージェントコンソールへの SSHConnection を開きます。

  2. nsrecover/nsroot 認証情報を使用してログインし、シェルプロンプトに切り替えます。

  3. ifconfigコマンドを実行します。設定した 2 つの NIC の詳細が表示されます-

    • NIC 1 — ADM エージェントと ADC 間の通信用

    • NIC 2 — ADM エージェントと Citrix ADM 間の通信用

    コードブロック ifconfig

  4. networkconfigコマンドを実行します。IPV4 ネットワークアドレスを設定または変更できるメニューが表示されます。

    コードブロック networkconfig

    2 番目の NIC ネットワークアドレスは複数の IP 値をとることができます。

  5. 変更するメニュー項目を選択します。設定を保存して終了します。

ADM エージェントにアクセスするためのセカンダリ NIC の設定