Citrix Application Delivery Management

サードパーティライセンス

ホストをCitrix Application Delivery Management(Citrix ADM)に追加すると、Citrix ADMはホスト上でプロビジョニングされたHAProxyインスタンスを自動的に検出し、Citrix ADMインベントリに追加します。また、HAProxy インスタンス上に構成されているすべてのフロントエンド、バックエンド、およびサーバーを検出し、フロントエンドを検出されたアプリケーションと見なします。

検出されたすべてのアプリケーションを管理、監視できますが、デフォルトでは、HAProxy Appダッシュボードには検出された30のアプリケーションのアプリケーション統計が表示されます。HAProxy Appダッシュボードについて詳しくは、「HAProxy Appダッシュボード」を参照してください。検出されたアプリケーションのアプリケーション統計を30を超えて表示する場合は、ライセンスを別途購入する必要があります。

ライセンス

より多くのフロントエンドのライセンスは、100の仮想サーバーパックで利用できます。有効なライセンスを取得し、Citrix ADM GUIを使用してライセンスをインストールできます。

サードパーティライセンスをインストールする

Citrix ADM にライセンスをインストールすると、検出された30を超えるアプリケーションのアプリケーション統計を表示できます。

ライセンスをインストールするには以下を行います。

  1. [インフラストラクチャー] > [プールライセンス] に移動します。

  2. [ ライセンスファイル ] セクションで、次のいずれかのオプションを選択します。

    • ローカルコンピューターからライセンスファイルをアップロードします。ライセンスが既にローカルコンピューターに存在する場合は、[Browse]をクリックし、ライセンスの割り当てに使用するライセンスファイル(.lic)を選択します。[完了] をクリックします。

    • ライセンスアクティベーションコードを使用する -購入したライセンスのライセンスキーを電子メールで送信します。テキストボックスにライセンスキーを入力し、[ Get Licenses] をクリックします。

    このオプションを選択する場合は、Citrix ADM がインターネットに接続されていないか、プロキシサーバーが使用可能である必要があります。

    プロキシサーバー

    Citrix ADM にインストールされているライセンスを確認するには、[ インフラストラクチャ] > [プールライセンス] > [サードパーティライセンス]の順に移動します。

    サードパーティライセンス

サードパーティライセンスの管理

Citrix ADM は、HAProxyインスタンスで検出されたアプリケーションをランダムに選択し、自動的にライセンスを取得します。選択された検出済みアプリケーションを変更する場合は、手動で、ライセンス許可された検出済みアプリケーションのライセンスを取り消してから、ライセンス許可する検出済みアプリケーションにライセンスを割り当てる必要があります。

サードパーティライセンスを管理するには、以下を行います。

  1. [ インフラストラクチャ] > [プールライセンス] > [サードパーティライセンス ] に移動し、[ サードパーティライセンス仮想サーバの変更] をクリックします。ダッシュボードには、管理されたフロントエンドが表示されます。

    ライセンスの変更

  2. リストからフロントエンドを選択し、[ ライセンスなし]を選択し、[ 完了 ]をクリックしてライセンスを解放します。

    ライセンス済み

  3. ライセンスを解放した後、または使用可能なライセンスをすでに持っている場合は、「 HAProxy フロントエンドを追加」をクリックします。

    フロントエンドを追加する

  4. [ HAProxy フロントエンドを選択 ] ダイアログボックスで、リストからライセンスされていないフロントエンドを選択し、[ 選択] をクリックします。

    フロントエンドを選択

  5. [ 今すぐ終了] をクリックします。

サードパーティライセンス